2008年06月10日

おセンス

6月も情け容赦なく追われてます。
おかしいぜ。
なんか違うぜ、予定と。


さて、ちょびっといい写真が入ったので書きますが
スカルピーで検索かけると野望のスカルピー王国は割と上位に
ヒットしてるようで、なかなかスカルピー使用者の間では、有名なんではないか
サンダーロード。

しかし

スカ王国にも書いてありますが、全部自力で発見したノウハウではないわけです。
自分には師匠筋に当たる原型師の人がいて情報はほぼその受け売りと
言ってもいいくらい、スカルピーの基本を教えてもらいました。
ZGさんとしましょう。
ZGさんはスカルピーの扱いも異常なレベルで、もし技術の詳細を書いたら
生カジリの人には「そんなバカな」と一笑に付されるくらい現実離れしてる
信じられないレベルのテクニックを使う人でして。
実際、俺が聞いても「まじすか!?」と驚愕ですし、ああこれ上手いなあ
センスあんなあ、という商品を見つけたら「それ俺がやった」と普通に
言われちゃったりして、基本的には同じ路線であれば一生勝てない存在。


そんな凄腕ZGさんにお子さんが生まれまして。

なかなか見に行けないので何か出産祝いでも、とチビッコカーを贈りました。
ラジオフライヤーの。お子さんが最初に触れるのはデザインのいいのを、と。

そしたら、その荷物が到着した翌日に、サラっとお礼のメールが来まして。

「さっそく記念にシュっとひと吹きしたので」、と添付されてた画像が


86101.jpg

86102.jpg

ずえー、カッコいい。

さらりとこういう事をやれるところがすごい。

いいなー、パパがこんなでよー。

ウチなんか酒ばっか飲んで、あげく家から追い出されてたもんな。
仕事しねーでよー、って言ったら木刀で頭割られました。
あれ、それはそれでいいか。なかなか。
posted by サンダーロードスタイル at 04:42| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

5月のご鑑賞


「TMNT」
「バイオハザードV」
「ブレイロードの悪夢」
「ロケットマン」
「花の応援団」
「極大射程」
「グリ−ンマイル」
「少林寺拳法」
「天使の恍惚」
「仁義なき戦い」
「広島死闘編」
「代理戦争」
「劇場版ブリーチ」
「劇場版ナルト疾風伝」
「ストレンジア」
「エクスマキナ」
「アイアムレジェンド」
「アイアムオメガ」
「悪魔の嵐」
「インベイジョン」
「ブラッドレイン2」

今月は仕事の資料アニメを延々40時間分流してたのと(つらかった)、
貫八先生(1時間ドラマ×1年分)とLEXX(1〜4)を流してたので
単発はあんまし見ませんでした。

貫八先生は杉本哲太が出たあたりから一気に失速し始め
いつものクルパードラマになってしまい非常に残念。
途中何度も止めて、精神のバランスを保つ為、仁義タイムを実行。
かろうじて正気を保ってました。いやー、キャラ崩れすぎです。
しかし時期はそうだったけど、杉本哲太は素晴らしかったです。
うるさい中学生をボディ一発で黙らせ、そのまま立ち去ること数回。
若者らしいいい役で好感持てました。さらにすっかりルーチンで
気持ちが離れた頃に、中学生をトルコ風呂に売っちゃう粗い役で
岩尾正隆投入。デザインパーマ全開(でかい)で、事務所で大暴れ。感動です。
あとは占い師の役で三谷昇が投入されましたが、そこは汐路章で。
でも最終的に先生が死ななかったんでよかった。

単発で驚いたのはブラッドレイン2のマイケルパレ。
もはや顔面の一箇所もパレってなくて誰だかわかんなかったっす。

一番爆笑したのはミニドラマ、悪魔の嵐。キング自身が原作脚本製作。
これが、もうなんつーか、90分×3本の時間をかけながら内容がゼロ。

結局シャーリィジャクスンのくじをやりたかったらしいんすが、
行き当たりバッタリの展開で、さらに風呂敷が小さいどころか
ハンケチ(よくわかんないすがそういうみみっちい感じ)サイズで
主役がブレイドだったら1秒でカタがつくヘッピリ内容をだらだら延ばして
TVに向かって「バカ」「撃て」「そりゃねーだろ」「そこ怒れって」とか喋りっぱなし。
なのに「アトランティスが沈む前からあった石」とか無駄にハッタリが多く
最後エンドロールが上がるときは「えー!?」と絶対声が出る名作。
キングは映像化に恵まれないとか聞くけど、本人の判断力がこれなら
恵まれすぎてんじゃん、と思いました。

印象に残ったのはドイツとカナダ合作の安CGSF、LEXX。主人公の
セックス奴隷の娘(そういう描写は一切ナシですが)がシャワーで
老人のキンタマみたいなの妙な装置からジョボボボと水が出て(くだらん)
それをスローで「OH」ってんで浴びる完全に間違ったサービスぶりが素晴らしかったです。
しかも映っちゃいけないもんが映ってたし。侮れねーなドイツ人。

つーわけで、本日をもってまたこの腐れ日報はお休みとなります。
みなさん7月半ばまでご機嫌よう。
posted by サンダーロードスタイル at 09:58| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

ノーヒング

ものすげく頑張ったぜ、俺。

6月はもう頑張らない。

いや頑張りますけど、一応毎日、布団で寝る。
さすがになんつーかもうヘトヘト。ヘットヘト。
寝るぜ、寝るんだぜ。寝ないと死ぬぜ。

今朝がた、後頭部の下あたりにいきなり鈍痛が走り、
なんだ?脳か?ちょっとさすがに無理しすぎてやばいかったか?
と若干焦ったんですが、どうも詳しく触診する限り、脳ではない。
そのすぐ下の付け根の奥くらい。なんだろう、脳に近いしイヤだな、と
徹底して内部サーチをしてたんですが、どうも筋とか腱っぽい。
しばらくするうちに何かを噛むと連動して痛いことが判明。



わかった。

昨日、えれー勢いでガムがなくなってんな、とウスボンヤリ思ってたんすが
たぶん、20時間連続くらいでガム噛んでた臭い。

だから

筋肉痛だ。

噛みすぎた。

でもそれも気付かないくらいマジメにやってたんす。夢中で。

つーわけで、そんなに頑張っちゃった俺に素敵な休みを与えようじゃないですか。

えー、じゃ、

来月から日報お休みで。

85301.jpg スンマローン。
 
まあ休み関係なしに、またイベント前までお休みしようとは
思ってたんですが。復活は7月の半ばくらいすかね。
posted by サンダーロードスタイル at 15:14| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

余裕ゼロアワー

ここ2ヶ月の忙しさの総仕上げ的仕事の締め切り直前。

仕事だと版権モノ、いわゆるキャラクター原型がほとんどです。
名前が出るのはわずかで、ほぼモノしか残らない作業ばかり。
思い入れのあるキャラもあれば、生理的に受付けないキャラもあります。
が、共通してるのは、許される場合可能な限り現状最強の原型を、という気概。

現行商品で最高だなと思うのをライバル視して、それに勝つべくやってます。
このところ超有名キャラが続いて、なかなかライバル達の腕前の凄さに
驚かされてますが、勝つぜ。勝っちゃるぜ。首洗って待っとけ。
という気分で24時間体制で作業中。

ここしばらく締め切り前のBGMは必ず地獄のロックライダー。
やばいな。こういう状態で聞きまくると、妙な感情ごと刷り込まれて
後で微妙な気分で楽しく聞けなくなるんだよなー。
でも重要なパワーソースなので流すぜ。3部作。
つーわけで頑張ります、じゃなくて、頑張ってます。
放り出したのはこの日報だけです、すいません。
posted by サンダーロードスタイル at 10:30| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

ペッコリ45度

先日のカラアゲラッシュで、多大な緊張をもって覚醒した我がサンダー脳に
一体何があったのかな、と考えてます。

そもそもパンパンに膨らませたビニール袋に肉ヤマモリで振り回したとしても
そんな飛び起きるほど大きい音ではないわけです。たかがしれてます。
普段もっと大きい音がしても、ああいう睡眠の時は絶対に目覚めない。
生活音がどれだけ大きくても寝てられる。極端な話、ナベを足元に落とされても
寝てる自信があるんすが、カラアゲラッシュではいきなり目覚めた。

なぜか?

最近読んだ本にこういう一節がありまして。

「音というものは無意識の中に刻み込まれる経験で、直感によって解読される」

なるほど、1行で素晴らしい説明す。カンペキ。

ということは、無意識で耳から入ってきてたものの、まったくカテゴライズされなかった
異音に対して、即座に認識不能=危険の可能性を察知した脳が、とにかく起きれ、と
信号を出したため、肉体が対応したんすね。これが認識できてた大音量の生活音だったら
うるさいけど異音とは判断せず、いつも通り寝てたわけです。

異常を察知するのは簡単ですけど、それを回避する行動を起こすようになるのは難しい。
異常を異常と認識するのは、なかなか普段の生活では困難なわけで、相当な
心構え、すなわち心のネコ足立ちみたいな状態を維持してないと、ついつい
危険信号を見逃してしまう。

だから「????」って思ったら、そこで適当な見切り発車みたいな行動をせず
原因を究明する癖をつけないといけない。解読するための直感を常に磨く。
ごくごく普通のことですが、なかなか出来ないんすね。
そういう意味で聞きなれないカラアゲラッシュを聞いて即座に反応した
無意識レベルで身構えた俺の行動は100点と言えます。


しかし常に落第点のウチのツレアイの行動を添削すると

玄関出たところで、右側から「こんにちわ」と声がした。
そちらを見たけど、誰もいない。(????発動)
しばらく右側を探してみた。けど誰もいない。(異変を察知、10点)
でもたしかに右から声がした。(思い込み判断、−10点)
ので、誰もいなくてもとりあえずその方向に向かって
「こんにちわ」とエア挨拶。

85281.jpg

でも声をかけてくれた人は、実は左の方にいて、そのむなしいエア挨拶を
ニコリともしないで見てた。

というわけで、ご近所の評価−500点。

知らない人ならまだしも、いない人には挨拶禁止。
posted by サンダーロードスタイル at 00:06| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

バブオ

疲れてくると釘箱をひっくり返すの法則、というのが、実写造型屋時代にありまして。
徹夜が続くと、足元がおぼつかなくなって、一番ひっかかるのが釘箱。
蹴り広げちゃって、もー地獄。散らばった釘、長さ違うし。

先日もせめて進めておこうと思ったチャプター整理でうかうかしてて
本編をキッチリ削除しました。ショックです。


一番驚いたのは、風呂に入って、出て、バスタオルで頭を拭こうとしたら

モシャ

と聞きなれない音が。



んん?と頭に手をやったら

85271.jpg

全開、シャンプーの泡だらけ。


ええー!?

なんで俺、出ようと思ったの?

いまかっちりシャワーで流したのはどこ!?ってな具合です。

そんな戦いも30日まで。本気で命削るぜ。
posted by サンダーロードスタイル at 00:05| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

怪音

さすがに仮眠に次ぐ仮眠で、体内時計はないも同然。
締め切りへのカウントダウンだけがアタマの中で鳴ってます。

1時間仮眠とかだと、食欲もなくなり、御飯どうする?と、ツレアイに
訊ねられても、もう食卓に座ってメシなんか食う気にならないので
小さいオムスビとタマゴ焼きとかカラアゲとかみたいな、
調整できてつまめるもんを、と頼んだわけです。

そんで32時間寝ないで頑張って、やっとこ眠れる、4時間眠れる、と
どうにか時間をひねり出しまさに倒れこむように布団に入って、
1分とたたずに気を失い、もう目なんか覚めない。
この貴重な4時間でなんとしたって濃密な睡眠をとる!
と、深い眠りに落ちたワタクシの可愛い耳に


ガッシャガッシャガッシャ!

とこの世の終りを告げるような音が。

ウワーと目が覚めて、見たら、
カラアゲ用の鶏肉に粉をまぶすべく、ビニール袋に肉を入れて
モノスゲー音をさせてウチのリキラーが振り回しとるじゃありませんか。

テメー!わずかな俺の眠りをさまたげてまでやる事か!
カラアゲじゃなくてもいいに決まってんだろ!

つーわけで、心休まる時間がありません。


さらにほんの先日、頑張ってキレイにしたと思ってた我が家の裏。ワイルド番地
1日かけて必死こいて掃除したんすが


ちょっと見てみろ、と言われて見にいったら

85261.jpg

仕事が増えてるー・・・
posted by サンダーロードスタイル at 11:43| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

トースー

相当なトッチャンボーヤになっても、アニメ大好きッ子の俺を
喜ばしまくってるチャンネル、カートゥーンネットワーク。
特にここ最近の最高ぶりはバッキバキのカッチカチです。

シャザーンやフランケンロボや爆走バギーもたまらんかったですが、
ついにお子様当時以来の再会となった、怪獣王ターガンが始まりまして。
何度かCNでの放送はあったらしいんですが、俺が見るのは初めて。

なもんだから、エレー期待してたんですが、期待に違わぬ出来にもうウットリ。
画質もキレイで大満足。

俺のアメコミ好きの原点はなんだろうと考えるに、たぶんこのハンナバーベラの
それ系デザインを引き受けてたアレックストスの影響がかなりでかいと思います。

なのでトスギャラリー。

85251.jpg

85252.jpg

俺のオデ系好きのルーツは蔵王権太や海主莫郎じゃなく、リキラーなんではあるまいか。

さらに、このカンペキぶりですよ。

85253.jpg

85254.bmp

あとは圧倒的にバタ臭い女性が好きなのは、トスの描く女性の整理された
ピンナップガールぶりに洗脳されたんではあるまいかとも思いました。

85255.jpg

85256.jpg

そういやファンタスティックプラネットを見た時、なんかに似てるなあと思ったけど
このターガンの星だな。間違いない。
posted by サンダーロードスタイル at 00:45| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

アカフンショック

そういや、みだれふんどしの色替えバージョンの予約が始まったらしいんすが

よりにもよっての赤フンで、完全に俺の理解の範疇を超えたところで乱れてますっつーか
血迷っとります。

そもそものくだらない度で言えば、わりとまともなレギュラー色に対してはハっちぎりで
アタマが悪そうでいいっちゃいいんすが、それにしても関係者が揃いも揃って、
どこに突っ走ってるのか謎。 たいていの事には俺も驚かないすが、さすがにこれは
最初に聞いて「赤フン!?」と驚きました。
全国の赤フンファンが入れば狂喜乱舞かもしれないすが、会ったことねーっつーの。
しかしふんどしで検索されるのもけっこうあるので、いるのかもしれない。
白買って赤も買って並べてみたらけっこう目出度い、なんつーことが・・・
あるわけねーだろ!何考えてんだ。(←言うな)

でもまあ、普通のアニメ人形だったら誰かが見た場合、「ああそのアニメのファンなのね」とか
普通な判断に落ち着きますが、この赤フン人形があった場合
「こいつは一体何を考えてるのかな」と若干の緊張を強いるくらいにインパクトはあります。
もし買ったら客人に「なにこれ?」と問われようとも、「ん?あぁ・・・」くらいでやんわり流して
説明しなければ、仲間内で株が上がるっつーか下がるっつーか、いずれにしても
あんましナメられることはなくなるような気がする。
ヘタな不良フィギュアよか、よっぽど世の中からのはみ出し人形です。


ちなみに日活ロマンポルノの海女シリーズで「色情海女ふんどし祭り」なんかは
ふんどしビギナーも楽しめる爽やか路線。

85241.jpg

基本的に海女シリーズは総じてかなり爽やかで、昨今の腐ってるみたいに出来の悪い
ライダーとかにくらべればよっぽど健康的。屈託なく明るいファックはホっとします。

85242.jpg

こう見ると赤フンは基本なんかな?

そういえば東映にも芸者シリーズであったぞ、と検索してみたら

85243.jpg

赤だ白だというのとは関係なく、野田幸男がすでに鬼籍に入られておったと知ってしまい
ご健在と思いこんでただけに、地味に本気でショック。
いやー、悲しい。知りたくなかった・・・
posted by サンダーロードスタイル at 05:17| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

ガースー

忙しさが続くと、非常に重要となってくるのが体調管理。
短期決戦なら、1週間2・3時間睡眠でもなんとかなりますが
それが1ヶ月以上続くなると、いかに肉体に負担を残さないかが
重要となってきます。

だから少ない睡眠時間を効率良く使おうと、無理して睡眠前に風呂はいって
疲れとろうと思ったものの、このサンダー係長のエキスがたっぷり染み出した湯船に
ウトウトっとして顔を沈めてしまい、ズビっとサンダー汁を飲んで、
オエー!と目が覚めたりして心休まらぬ日々。
食事なんか気を使って、疲労回復効果の高いものとかを好むようになってます。

ここ最近の我が家の大ヒットが

アスパラ

北海道のとれたてのを、超速便というので送ってくれる農場があり
頼んでみたら、これが旨いどころの騒ぎじゃないわけです。

ウチの実家でバーチャンの生きてる頃は、趣味みたいに畑をやってて
近所のおすそ分けも含め、かなり新鮮野菜に囲まれて育ってました。
その夕方の味がするんす。ほんとうに取れたての味。ホンモノ。

うっすらと銀毛みたいななんだかよくわかんないシットリ感を備えた
そのアスパラは、風呂上りの赤ん坊のような手触り。
2キロ頼んで、2人で2日もたなかったっす。1食、普通に500gは食った。

そこは頼むと発送通知よりも早く、取れたら出し抜けに送ってくるんで
なかなかスリリングなんですが、実は今、銀座の北海道アンテナショップで
その農場が期間限定で出店して野菜を売ってるらしいんすね。

そんでツレアイが買いに行って、本来では発送しない「太アスパラ」とかを
買って来て、食ってみました。

85231.jpg

これを素焼きでグリルし、オリーブオイル、胡椒、塩、だけで
食ったんですが、カルチャーショックです。

85232.jpg


もうアスパラではなく、いろんなウマ野菜のハイブリッドみたいな
とにかく筆舌に尽くし難い食感と味。ど贅沢。

ちょっとしたレストランで一皿2000円で出されても納得するレベル。
本当に普通に焼いただけで、そりゃオイルも塩も厳選したものですが
それにしたって、ほんとそれだけで物凄く旨い。(1束350円くらいなのに)
市場や農場に行かないと食べられない旨さで、唸りました。

ロブションの店で食った物凄く旨い手間のかかった料理に感じた嫌悪感との
決定的な違いがここにあり。
食う、という行為だけで気力がモリモリ沸いてくるのはなかなかないですが、
田舎じゃこれが普通の味なんだよなー。
posted by サンダーロードスタイル at 00:06| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。