2006年01月26日

カツヨシ酒造06冬・番外

無事、お手元に届いたという御報告をいただいたので、画像解禁。

とくと御覧じよ。

これが男涙のデルザーセットの全貌だ。





デルザー1.jpg
デルザー2.jpg
デルザー3.jpg




そして



大首領.jpg


デカイ。

この大首領に至っては、高さ30センチくらいありますかんね。

まいったか。

うらやましいだろうけど、会場販売はないぜ。

なに、うらやましくない?

そういう人間にはこっちからお断りよ。

なにげに訪ねてドクターケイトでお茶でも出されてみなさいな。

毒入りかっつー話ですよ。

ドクロ少佐ではぜひコーヒーを。

飲むたびに後ろ振り返ったりね。

考えるだけでも楽しそうなお茶の時間。

ウットリですこのやろう。
posted by サンダーロードスタイル at 02:58| カツヨシ酒造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

カツヨシ酒造06冬・その4

前回、絶対に売れないだろうと思っていた「若い女の生き血」。

確かにあらゆる局面において重要な血でありますが

まさか購入する益荒男がいようとは・・・

その意気に感じ、今回も作りました「血」シリーズ。



かのブロッケンマンの命を奪った大技にして

ネーミングバカ、天才ゆでたまご御大の才能迸る

小学生レベルの言霊爆発のキン肉マンから

よりによってなぜお前がスピンオフしたのか

謎の廃人、ラーメンマンの(なげーな)

「闘龍極意書」の超人102芸にプラスされた必殺技。





キャメル.jpg

こういうの、普通、大人は考えつかないよなー。

似たようなもんでも民明書房はね、ダメなんすよ。

あれはナチュラル度が低い。

バナナ置いてズッコケみたいな、面白そうな事を面白く、じゃないすか。

しかしどうもゆでワールドに関しては「おーいまんがだよーん」が象徴するように

素で繰り出したパンチがすでにフィニッシュブロー的な感あり。

カーンの逆襲のセティイールよりもたぶん昔のミラクルマスターで

脳に蛭を入れて発狂させる技が出てくるんですが、それを

まんまパクった時のネーミングはたしか「八身地黄蛭」だったな。

中国文化イコール薬局の店頭みたいな感性、素晴らしすぎてます。




しかしこういう強面(コワモテ)系ばかりで、婦女子には

ちょっとキツいラインナップであることも承知しております。

ノーバトル、ノーマッスル。

SF、すなわちすこし不思議系の液体も御用意しました。




たった一人でどうしても寂しくなっちゃったら、

これを飲むしかねーです。





800.jpg

俺なら飲むぜ。

とくにあいつら許せない!なんてー時、勢いづけで飲む。




さらに、どう考えても地球破壊爆弾よりはるかに危険で、

ドラちゃんをもってして、宇宙に捨ててくるしか解決方法がなかった

手に負えない度マックスのこの液体。いまも着々と世界の破滅を

カウントしているかと思うと空恐ろしい、カツヨシ史上究極の危険エキス。





バイバイン.jpg

なに?字が情けない?

言うなコノヤロー。これだって一生懸命書いてもらったんだぞ。


まあ、これはですね、デカイけど調味料入れで使用していただきたい。

ちょっとトロっとしたのをここから1滴。

そんで急いで食う。理屈はともかく急いで食わす。

文字そのものに緊張感が欠けてるものの、設定的にはスリリング。

子供が食い物を残そうとしたら・・・いや、やっぱダメか。




エニウェイ


ユーは海外のSFばっか見てるくせに、そっち系はナイノデスカ?と

お嘆きのブラザーにはこれ。

初の横文字。スタートレック見てる人なら一度は飲みたい謎の液体。





ラクタジーノ.jpg

ナニ?

聞いた事ない?

海馬がスポンジ状になってんじゃねーの?

クリンゴンのコーヒーの名前でしょーが!

これ気になってしょーないっつーの。

ラスベガスまで飲みに行きたいっつーの。

今チマタで話題のカークの尿道結石とどっちが価値があるか。

物議を醸し出すこと請け合いの一品といえましょう。

ま。

はっきし言ってカークであろうとなかろうと

他人の尿道結石なんかいらんですけどね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上が今回のWFでのラインナップです。

個人的にはやっぱゲッター炉ですかね。

お湯入れて、懐石みたいに湯たんぽがわりでもいいかも。
posted by サンダーロードスタイル at 03:22| カツヨシ酒造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

カツヨシ酒造06冬・その3

ゲッターとか北斗とか

テメーは実写が一番とか言ってたくせに

この裏切り者のマンガ野郎!と

罵声が聞こえてきますが(←幻聴)

カツヨシ酒造と言うからには、

当然ライダー関係も御用意しております。

御安心を。



M87光線が誤植にも関わらず流布してしまったように

実際はどっちなんだ、と考察の隙を与えたあげく

後続の設定はそのまま勢いで後乗せし、

さらに収拾がつかなくなってる感、全開。

でも結局のとこ、どっちも正解でいいんでないの?

というこれ。





城南大学.jpg 城北.jpg

事実はどうあれ、ライダー史上、極めて重要な場所であるのは間違いなく

進学に迷われている学生さんへ奮起の御進物として是非。

しかしイヤーな液体が入ってる感じ。



さらにもう学校なんか全然関係ないと仰る大人の男衆には

お待たせしました、おやっさんの熱い思いがここに結実

Mr道楽、ここに極まれり





立花.jpg

そして




アミーゴ.jpg
スナック、という文字がまたビシっと決まっちゃってますが

こういう場末な感じ、最近なくなりましたねー。

失われた昭和の味。

侘び寂びの境地すら感じます。棚の上とか似合いそうで、なにより。
posted by サンダーロードスタイル at 03:11| カツヨシ酒造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

カツヨシ酒造06冬・その2

今回は単品だけではなく、組み合わせて味わい深い

素敵な言霊も御用意しております。


組み合せる。

対をなす。

とくれば、何はさておき、これでしょう。





南斗.jpg



北斗.jpg

森羅万象二極一対、黙って置けば心も通じる。

相談しちゃいけない、喋っちゃいけない状況でも

こいつを出せば即、解決。

ぜひセットで購入していただきたい。





しかしまあ、心通じる友ばかりとは限らないのが世の常。

悩み多き相手の心に手を差し伸べねばならない時もある。

ねえキミ、ちょっと俺に心を開いてみないか?

俺に、キミの本当の声を聞かせてはくれまいか?

なんてー時には、これ。





カイアモン.jpg

下手に耳の後ろを押すよりも効果アリ。

これで酒でも注がれた日にゃ、もう話すしかねー。

全部話しちゃう。組織の秘密だってベラベラ喋っちゃう。





しかし。

酒を飲んでベラベラ喋るのが苦手という御貴兄も

いらっしゃるでしょう。

酒に言葉は無用、と。

男は豪快に、ドボーっと注ぐ、と。

で、グビーっと飲む、と。

己の道を突っ走ってナンボ、と。

そんな根っからの暴れん坊には、これ。





蒙古.jpg

突っ走ってください。思うままに。
posted by サンダーロードスタイル at 01:45| カツヨシ酒造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

カツヨシ酒造06冬・その1

いよいよ1ヶ月切ったので、今回販売予定の「カツヨシ酒造」

そのラインナップご紹介開始です。

値段は前回と同様、1瓶2500円で。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寒い冬、遠方よりたずねてきた友が

懐より出したるこの熱い塊。



たちまち周囲のトカゲ野郎は滅殺。

冷えた人間関係もたちまち温まる徳利ときたら・・・






これです。





ゲッター炉.jpg

こいつを懐から出して(←必ず)

ドーンと置いてみなさいな。

通らぬ話も通りましょう。

飛んだ記憶も戻りましょうってなもんです。



当然、そんな粋な客人を迎え撃つには

こいつが必要でありましょう。

もはや廃墟と化した赤城山麓の遺産。





早乙女.jpg

ロボットがどうのこうの言うんなら

まず最初に敬意を払うべきはこの研究所。

遺伝子に刻まれてしまったこの施設の名で乾杯。
posted by サンダーロードスタイル at 16:23| カツヨシ酒造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

カツヨシびんびん物語

またしても売り物(ちゃんとしたGK)がなさそうな次回WF。

余裕があれば、1/6ヘッドくらいは複製できましょうが

今のところまーーーったく見えてません。

売り物にするかどうかはともかく、作る量的には

聞いたら座りションベンしてバカになっちゃうくらいの

量を作るんですが、全部展示なんでGKはなし。



そんな時こそ!


「カツヨシ酒造」再び登場。



なに?また補欠企画で卓の隙間の心配をしているな、だと?

それ言うなって。頑張ってんだから。

ホントは毎日造形物やデザイン画だけでこのブログが余裕で

埋っちゃうくらいやってんだぞ。小出しにすると面白くないから

バカ日記でつないでるだけで、ちゃんとやってんだ。

でもほら、人間なにがあるかわかんないから補欠も必要。

大人の判断だっつーの。



で、前回は信じられない事に、何種か同じアイテムを求める方が

おりまして、まさかそんな事になるとは思っていなかったので

買えなかった方、誠に申し訳ない限りでございました。

今回、売れそうなというか前回と似たファンの多そうな

ポピュラーアイテムは2本ずつ用意する予定です。

もし、何か予約したい方がいましたらメールいただければ

まだ予約製作は可能ですのでお気軽に。



ちなみに毎回毎回酒瓶ばっかじゃアレなので今回は

「大首領徳利&デルザー軍団マグカップ(8人分)」

しめてセットで1万円というのを画策しました。

しかもオマケで色違いの迷子、デッドライオンマグを付属という

サンダーネットタカタ状態。絶対的に安い。これは得だ。

しかーし。

ツレアイや知人に聞いてみたら、1万出すヤツはいねーだろ、と

アッサリ却下されました。

でもさー、マグカップいっこいっこに

「鋼鉄参謀」「ドクロ少佐」「ドクターケイト」「隊長ブランク」

「荒ワシ師団長」「オオカミ長官」「岩石男爵」「ジェネラルシャドウ」

って入ってて、それ車座に並べて「大首領」からトクトクトク、なんて

ちょっとしたライダーパーティー(←ない)には必需品だっしょー。

しかもデッドライオンは黄色のマグだぜ。絶対欲しい人がいるっつの。

つーか、1人いればいいんだ、と力説するも「持って帰るの大変すぎ」で納得。

というわけで、1万出しても欲しいというカツヨシ好きの猛者がおりましたら

お申し出下さい。
posted by サンダーロードスタイル at 02:08| カツヨシ酒造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

カツヨシ酒造・12

いよいよカツヨシ徳利ラインナップ紹介もこれで最後。

今回の瓶だけ仕様が異なり、釉薬を吹いた茶色梨地の普通瓶。

日常に紛れ込んでまったく違和感なく、お土産屋に並んで何の変哲もない。

山小屋で子供番組無関係な人と、黙ってこれで酒を酌み交わしていただきたい


阿修羅.jpg


阿修羅谷と言えば、10人ライダー最後の待ち合わせ場所にして

富井副部長へと転生を遂げた荒鷲師団長が復活を遂げた聖なる場所。

果たして仮面ライダーSPIRITSの最終決戦の舞台はここになるのか。

ならない方に100バダンニウム。
posted by サンダーロードスタイル at 03:25| カツヨシ酒造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

カツヨシ酒造・11

ライダーも相当なもんですが、他にもパワー溢れるというか

エキス溢れるキーワードは無限に存在してるわけです。

しかしまあ、こちらの魂を素直に揺さぶってくれるほどの

言霊っつーと、なかなかありそうで・・・ない。

もし自分用にだったらなにかな、と考えた時迷わず出ました。これ。


ストレッチ.jpg

まーいどーん!
posted by サンダーロードスタイル at 04:46| カツヨシ酒造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

カツヨシ酒造・8・9・10

いちおう先日までは、カツヨシ関係、すなわちライダー方面で攻めましたが

こんなラインナップではマニアックだ、なんつー事にもなりかねんわけです。

実際何言ってんだかワケわからん、という人が普通。

30越えたオッサン連中なら面白がって買うかもしれないすが、若い層にはねー。

なかなか訴求し難いものがあるわけです。


なので、若者にアピール可能なアニメ系もバッチリこしらえてあります。


たとえば



超神水.jpg

ただの水ですが。


あと



ベルリン.jpg

ただのチョップですが。



さらに


ゴーックーリゴックリコン、と



ボア.jpg

飲んじゃダメなんですが。
posted by サンダーロードスタイル at 01:20| カツヨシ酒造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

カツヨシ酒造・7

どれほどの効力があるのか、子供だった自分にはわからないすが

とにかくよくこれを「集めてこい!」と命令する上司は多いです。

世界征服には欠かせない魔法の液体。たぶん。


若い女.jpg


客が来たら説明なしで、これでトマトジュースを注いで

少しだけ瓶の文字が見えるように置いて、部屋を立ち去ると効果大。(なんのだ)
posted by サンダーロードスタイル at 01:01| カツヨシ酒造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

カツヨシ酒造・6

とっととスナックをたたんで、立花レーシングを始めたものの、たちまち増殖した

ちびっこどもの世話に疲れ、改名した店も軌道に乗らず、諸国放浪の末に

結局ふたたびこの店を開いた立花藤兵衛の心中を察せずにはいられない


喫茶アミーゴ.jpg


最終的にはノリダーなわけですが。もしも、なにそれ?と言われたら

「ああ、当時開店祝いで貰ったんだ」などともっともらしく利いた風な口をきくもよし。

鴨居の上に置いておき、埃なんか被ったらいい感じ間違いなしの引き出物系。
posted by サンダーロードスタイル at 04:03| カツヨシ酒造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

カツヨシ酒造・5

力強さといえば、マーキュリー回路を埋め込みパワーアップしたXが

スーパーきりもみ海面横滑りキック!とか凄いのを開発すると思ってたら

まだ柔道一直線幻想がビシビシ効いていたっぽい当時のちびっこ達に

意外な角度からアピールした、編集泣かせの大技

真空地獄.jpg

「真空地獄車」

予想をはるかに下回る上回る冗長な複雑なアクションで相手ともみ合った末

なんだかパっとしないイモ決着に一直線だったんすが、見ようによっては

イソギンチャックの前でお互いの足を掴みあって無意味にゴロゴロと

田んぼを転がり回った愛すべき先輩の大技、ライダー車輪の正統な後継技。

遠足を嫌がる子供にこんな水筒を持たせれば、少なくとも後ろ姿は元気臭くなります。
posted by サンダーロードスタイル at 02:40| カツヨシ酒造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

カツヨシ酒造・4

物理学者美川博士が開発し、あろうことか我が群馬の保養地

草津高原の雪を溶かし、大洪水をおこそうという世にもくだらない

恐ろしいスノー作戦で使用されそこねたスーパー兵器

エネルギー.jpg

だいたいライダーでは「エネルギー」「電波」「音波」「電気」はほぼ同義語で

それらを適当に組み合わせ、子供が口にしたくなる響きを作ってますが

この「エネルギー爆弾」はそんな原始のパワーを秘めた力強いネーミング。

ぜひこれにメチルアルコールとドクターペッパーでも混ぜてグビっと飲んでいただきたい。

責任取れませんが。
posted by サンダーロードスタイル at 00:35| カツヨシ酒造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

カツヨシ酒造・2

人間を凶暴化し、殺し合いさせるだけでなく

改造人間の機能にも影響を及ぼす悪魔の薬物

デッドマン.jpg

「デッドマンガス」

この作戦失敗が死神博士の南米左遷のきっかけとなりましたが

残った薬品を貯蔵するならこの瓶で。
posted by サンダーロードスタイル at 01:31| カツヨシ酒造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

カツヨシ酒造・1

ロンドン博物館に冷凍保存されている

天才科学者の死体を蘇生させるため

どうしても必要だったのが

大田黒博士が開発したと言われる

Xアルファ.jpg

「Xアルファー液」

を、貯蔵するならこの瓶で。
posted by サンダーロードスタイル at 00:17| カツヨシ酒造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。