2007年12月22日

上手いぜ

教えてもらったばっかですが、久々にすげーなと思った造型。

712221.jpg

ビヨンドのブルースだそうです。

見た事ある人だったら震えが来ちゃうレベルです。
リアルだっつーんじゃないすよ。アニメを立体化したら、という話です。

712222.jpg


ちなみにビヨンドの真のラストは、たぶん日本では放送されそうもない
ジャスティスリーグアンリミテッドのシーズン2のファイナルエピソード
「エピローグ」にあるんすが、これがまた泣ける話でしてね。

実はテリーは・・・って、書きませんが、ワーナーのアニメの
バットマンシリーズを見事につなげた傑作エピソードです。
しかも余計なスタティックショックともクロスオーバーです。このやろう。



それにしてもこのバスト、えらく楽しそうに作ってて、しかも上手い。
一体誰が?と思ったら

どうやら

712223.jpg

ぬな?シフレット!?

じゃなくて、このイラストを書いている人みたいです。
あんましマジメに調べてないんで、アテにならん情報ですが。
でも友達みたい。まあ誰にしても、さすがだな。

前回の造型は打倒デンチューでしたが、次回は打倒シフレットだな。
学ランでそれをやろう。
打倒ボーエンはウォーザードの時にやったからもうやんない。

やっぱり現在、マトモ&クレージー造型で首3つ抜けてるのが
シフレットブラザース。上手いわ狂ってるわ、カッコいいわで
全然勝てる見込みがないす。

日本で反応してるのはグレイクレイとヤタケさんくらいしか
知らないぞ、と思って検索かけてみたら、最初がグレイクレイで
ズッコケました。
posted by サンダーロードスタイル at 06:25| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

おメイキング

さて、届きましたグラインドハウス、メイキング本。

これ
7961.jpg
お値段は30ドルちょい。フルカラー250P。


なに?
お前、毎日同じ事ばっか考えてるな、って?
そりゃそうです。今年、これを超える映画は来ないもん。絶対。
半年分の大娯楽です。



中身はというとプラネットテラーはシナリオも掲載されてて
さすがに造形物も多いだけあって盛りだくさん。半分以上占めてます。

アレも、びにょーんと出てますし
7962.jpg

くるくるぱーな撮影風景も満載。
7963.jpg

全然見たくないバーチャンや
79644.jpg

うらやましい工房写真
7965.jpg

プロップもばっちりです
7966.jpg



デスプルーフの方はシナリオないんですが(そっち収録しろ)

ダミーの造型もビシっと載ってます
7967.jpg

もちろん偽予告編のメイキングも載ってて

サンクスギビングと
7969.jpg

マチェーテもばっちり。
7968.jpg


しかし中で一番驚いた写真は


これ

79610.jpg

でー?
これマジで吊ってたの?この高さ?
リアプロジェクションとか、セットでやってたんかと思った。



しかも


79611.jpg
本人!

ぐあー可愛い。マジで惚れた。ひさびさに死んでもいいと思った。
こんな笑顔見せられたら再起不能です。
俺も可愛く生まれてこんな笑顔してみたかった。
posted by サンダーロードスタイル at 04:25| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

WF戦利品

そういえば。


ずっと一緒にWFに参加しているグレイクレイ。

仙人みたいな隠遁ぶりでヤマっ気ゼロでいつも出展してますが
実は毎回、出すGKが見事に売り切れてます。

オリジナルで、しかもウチみたいに出オチ造型でもないのに売り切れる。
ブログも頻繁に更新しているわけではなく
(ウチの地獄日報はグレイクレイの真似して開始されました)
その活動ぶりは、ともすれば人の記憶に埋もれがちとも言えそうですが、
毎回毎回地味に結果を出してんすよねー。驚くべきことです。

他の人と話してて、キャラ物全盛で年齢層も低そうなWFに
ついつい距離を置きそうになるとき、
でもグレイクレイがわかる人がいるんだもんなあ、と
「捨てたもんじゃない判断」の基準になってるんすね。

で、今回WFで唯一手に入れたGK。
戦利品でもなんでもなく、前回からお願いしといてわけてもらっただけすが 

グレイクレイ作 スターリング

78201.jpg

ずえー。


改めて、おっかないなんつーもんじゃーないす。

放送禁止です。

どうしてこんなもん作んのか。


理解を超えた肉造型は完全に日本では受け入れられないと
思うんすが、でもちゃんと売れてんだよなあ。不思議だなあ。

しかしさすがにこの「肉ぶりぶり造型」は可愛い系主流の
我が家ではおっかなすぎる

ので

78202.jpg

えー



はい

78203.jpg

可愛い帽子をかぶせてみました。


ちょっと可愛くなったな。

そうすれば自然と


78204.jpg

動物達にも愛されるぜ。

人の作品で遊ぶなっつー話ですが、見てるとなんだか
いろいろ考えたくなる造型です。

ま、考えるっつっても、グレイクレイ大丈夫かな、とか、
一体どんな顔してこんなもん作ってんのかな、とかですが。
posted by サンダーロードスタイル at 03:57| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

あんまし腹が立ったんで

ちょい書かせていただきますが

巷で話題になっているというか、期待値の高かったSW模型本。

6000円。

来月末発売だと思い込んでおり(←それはクリーチャー本)慌ててアマゾン見たら
配達まで3〜5週間。でもまあしょうがねえ、いちおう頼んでおくか、とご注文。
腐ってもフルカラー200Pの模型本ですよ。いくらなんでもハズレはあるまいと
タカくくってました。それが今日、届いたんすね。
あれ?入手困難くらいの勢いで売れてんじゃねーの?なんて思ってたんすが

甘かった。

6000円ドブに捨てた感あり。

もう久々に腹が立って、俺と同じ轍を踏ませぬようここに警告



買うな。ビギナー向けすぎ。



買うなら俺から買って。ちょっと安くするから。

もう写真のチョイス、センス、レイアウト、全部ダメ。
最悪です。価値はせいぜい2000円。
本屋で一応中を確認してから買えばよかったんすが、近所にはなく
一発注文で久々に大失敗。腹ぁ立って腹ぁ立ってしょーないす。


そこで

その腐れ本のわずか半額で買える最高メイキング本をご紹介。
買うならこっち買え。


704011.jpg

ぬおー、いきなりわかってる臭い。

一手目から正解です。イグザクトリー。

なんの本かと言うと、サンビャク。ザックスナイダーの300です。
メイキング本の価格は3000です。
ああスリーハンドレッドね、なんつー奴がいたら、サンビャクって言えこのやろう!と
目を突付いていいです。とにかくそのメイキング本。
装丁は以前紹介したシンシティのメイキング本と同じです。



704012.jpg
うー

704013.jpg
だー

704014.jpg
ばー

704015.jpg
ぐるる

704016.jpg
うしゅー

704017.jpg
えへへへ

704018.jpg
って、えー!?

7040120.jpg
ろ・・・6本?

7040121.jpg
結局、完全殺人クリーチャー軍団です



映画は300人のスパルタ兵が
100万人のペルシャ軍と戦うわけですが、
要は300人だってナメてもらうと痛い目会うぜっつー内容です。
しかし御覧のように完全にクリーチャー扱いの敵は
容赦ナシにもほどがあるわけで


7040124.jpg
シ、シドイ・・・



シドイ木のアップ
7040122.jpg


そんなシドイ場面を作ってる人
7040123.jpg



そして模型ファンならこれを見たかった、と満場一致の

7040125.jpg
シドイ木の材料。


やっぱメイキング本っつーのはこうでなくっちゃさ。
posted by サンダーロードスタイル at 00:20| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

マーブくらべ

701031.jpg

届きました。これ。


中は、というと

701032.jpg

意外にちっさい。比較対象物入れるの忘れましたが
台座がどっしりしてる分、小ぶりな印象あり。
イノシシ、これくらいでよかったんじゃねーかと後悔もあり。


肝心のつくりっぷりは、というと

701233.jpg

701234.jpg

どうすか。


で、皆さん気になるボーエンのバストとの比較。

701235.jpg

701236.jpg

701237.jpg



決めアングルというわけでもないすが、
こんだけ違いますね。

701238.jpg

701239.jpg

なかなかタッチというものを考えさせられます。
底力を感じるのは、やっぱボーエンだった。
でも商品としてはダイナミックフォース。
ボーエンの致命的欠陥、それは・・・安定力のなさ。トップヘビーすぎ。
しかも倒れたらタバコ折れるっつの。ピーンって飛んでくっつーの。
posted by サンダーロードスタイル at 09:52| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

劣等生

高卒で学のガの字もない私ですが、選択教科で美術を選んだことがあります。
生涯における美術教育はそれのみ。

課題でレコードジャケットを作るという時、椿三十郎のジャケを作ろうとして
三十郎の十のところで筆を落っことし、その授業の美術教師に
「なんだ、おまえのは、椿三太郎か」と甲高い鼻声で言われて以来、
ファッキン美術教育。なにがファインアートだこのやろう。クソくらわっしゃい。

以来、尊敬する彫刻家はリックベイカーになってしまいましたが(←×彫刻家)
基本的に凄い造形物であればいまでもそれなりに興味があります。
でも心打たれるというか、問答無用で凄いな、という彫刻には
あまりお目にかからない。だいたい、彫刻も彫塑も一緒くたにしてるくらいで
俺の判断力はテキトーもいいとこですが、真剣に考えて作ってる人と
そうでない人の違いくらいは見る目があるつもりです。モノホンは見抜くぜ。

と、その俺の自慢のサンダー眼力が!ショックでしぼみました、数時間前。
最初からしぼんでんじゃねーのか?という話は置いとくとして。

凄いのを見ました。
TVの番組で初めて知った彫刻家。平櫛田中。ヒラグシデンチュウ。
有名みたいです。すごく。
なのに俺知らない。不勉強このうえない。もっと早く知ってれば
目指す1つの頂としてもう少し造型に関して気合を入れてたのは間違いなし。
美術史くらい勉強しとけばよかったな。
近くに美術館あるらしいんで、明後日締め切りだけど明日行きたい気分。

いやもう、ちょっと驚きました。
次のWFでやろうと思ってた造型でイメージしてたものの、遥か上の完成度を
木彫で見せられ、目がチョン切れるかと思いました。
想像より上ってどういうことすか。
想像で負けてたら死んでも勝てないじゃないすか。
しかも向こう、108歳まで頑張ってたらしいす。どんだけ高い頂だ。
早いうちに美術館、絶対行く。


ちなみにおそらく一番吸収力があって、勉強しなきゃいけない頃に
一番手本にしてた造型は、これ

701210.jpg



その次に気になって気になって仕方なかった造型は、これ

701211.jpg

クソ。俺、ちょっと頭いい学生だと思ってたんだけどなー。
自分の事はわかんないもんだなー。
posted by サンダーロードスタイル at 02:14| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

成獣学園No1

名前しか記憶ないです、パリン子。


さて、筋肉造型に数多の選択肢があるように、筋肉雑誌も選択肢が多い。
肉玉みたいなの巨大系もあれば、脂肪分を絞り込んでキュっと滑らかなホモ系もある。
巨大系で一番有名で写真も多いのは、FLEX。作り過ぎた筋肉なので正確な考察には
あんまし参考にはならないんすが、まあ無難で確実な雑誌の1つで、1冊あれば
これ系の筋肉はほぼ理解可能。

で自分は2002年のをずっと使ってたんですが、これオマケ満載で筋肉図ポスターとか
ついててかなり使えてたんすよね。で、そろそろアップデートしていいな、年末だし
なんか「今年のマッスルシーンを振り返る」特集みたいなのがあるといいな、と思い
先日出張ったついでに購入しました。

0612151.jpg

さほど新しい何かはなく、内容は2002年と同じ。オマケはなし。なんだよナシか。

ついでにそばにあった雑誌も購入。

0612152.jpg

女造型の参考になれば・・・って、何、また選択がバタ臭い?たしかに。
中身は表紙と同じようなもんなんですが、だがしかし、ここに今年ナンバー1が
隠れていました。これ以上はここ1年見なかった。と断言できる今年一番の


0612153.jpg
ケツ。

うおー凄いな。カッコいいにもほどがある。
オッパイ水増しは簡単だろうけど、ケツ・・・出来んの?
俺がこんなケツしてたら、人生変わる。
粘土なんかいじらない、絶対。クリスマスプレゼントはこれが欲しい。
posted by サンダーロードスタイル at 15:53| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

横山本

ちょびっと出張ってきました。

なにって、秋葉原の海洋堂ですよ、このやろう。
横山本買いに、この薄ら寒い時に、こんちくしょー。

モデリズムのアマゾン広告で気付き、そこから注文し、
すぐに届くだろうと思ってたら、発送は1月4日予定、このやろう。

待ちきれないモデリズムはアマゾンキャンセル、秋葉原で購入。
そんで模型誌の中でも名作だ、素晴らしい、だのとホメチギリ中。
過去最強だの、無人島に持っていくだの、ありがたくページごと
1枚ずつ食うだの、おうおう、ずいぶんと盛り上がってくれちゃってるじゃねーか
このやろう。

マジメに注文したまんまの俺は、盛り下がっちゃって待ちぼうけ中。
ちょっとなら待つつもりだったけど、1ヶ月はやっぱ待てん。

というわけで、出張ったついでに秋葉原まで足を伸ばし
買ってきましたっつーの、マジでこのやろう。




えー、上ので注文すると、もれなく1ヶ月お待ちいただき
ワタクシと同じ待ちぼうけ気分が味わえます。

というわけで、まだちらっと見ただけですが、これは確かに凄い。

実はこないだ初めてSMHを買ったんすが(古本発見)いろんな意味で
この時期にモノ作ってたら、俺、この雑誌と足並み合わせてただろうか?と
つくづく疑問を感じる作りで、やっぱあんまし模型好きじゃねーんだな、と
思ってたんですが、この横山本見たら、模型最高!とか思いますね。
しばらく読むな、これ。

で、出張った本来の目的は・・・

次回、死んだじいちゃん甲斐蔵登場。
posted by サンダーロードスタイル at 17:59| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

このカテゴリを

作ったのをすっかり忘れてましたが、

それに負けないくらい忘れてた去年の5月に注文した本が、今頃届きました。

今さらもうそんなに欲しくないっつーか、何頼んだんだっけな?と思ったら

これ。

bbb1.jpg

商業原型の写真とかですね。


上手い上手くないはともかく、なかなか興味深い写真が多く
値段も手ごろなので、原型作りに興味がある方は見て損はないかも。

たとえばこんな感じ。

bbb2.jpg

bbb3.jpg

bbb4.jpg

他にサフ吹いた状態での原型写真とかも載ってて、写真は御覧の通り
かなりでかいです。


なに?

そんな誰でも書けるような情報は期待していない?


しょうがねーな。


じゃあ、いちおう今日も載せとくか。

ur7.jpg
posted by サンダーロードスタイル at 16:24| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

おデズ展

東京都現代美術館でやっている「おデズニーアート展」へ行って来ました。

てめー

遊んでばっかなんじゃーあるまいな。このやろう。
と、疑いのマナコ、グリグリでこれを読んでらっしゃる皆さん。

朝5時まで仕事やって、8時に起きて行って来たさー。
しかも夏休み前の平日じゃないと子供が来るからその前に
なんとしてでも、と雨ザーザーのところを行って来たさー。
もうこれで来月20日まで休みナシさー。

あ、でもあと1回、伊藤彦造展だけは行かせてください。


で、いわゆる現代美術なんつーものは聞いただけでジンマシンか
ニギリコブシなわけですが、背に腹は替えられない。
どうしてもアブアイワークスの原画が見たい。
その一心で行って来たんですが、もうね、鳥肌立ちました。

展示そのものはかなりクルパー。毎度のパターン。
しかも今回のは以前日本に来て紛失したモノが最近
日本で発見されたとかなんとか、貧乏人のパクり根性か
仕事の価値を知らないイモ関係者のザル仕事か
とにかく、見つかったからいいものの、なくしたヤツは
腹切って侘び入れろ的な感じがビンビンしてて(何言ってんだ)
あんましいい気持ちではなかったんですが、鳥肌で吹き飛びました。

ナインオールドメンの中でもフランクトーマスとマークデイビスの
仕事が好きなんですが、これまた立体で何度か手がけた事もあり
コマ送りで見て研究し、改めて惚れこんだアニメーターです。

そんで今回、これの原画とかあったんですけどね

wanwan.jpg

初めて原画見ました。印刷された線画は何度も見ましたが

原画スゲー!


お、お…


オェー!(←ショック強過ぎ)

吸い込まれるよう、とはまさにこのこと。

クラクラきました。

ここまでパーフェクトな仕事、見た事ないす。

これ鉛筆?筆の間違いじゃねーの?

これがアニメの原画なら、今のアニメはなに?

まあ商売である限りいろんな理屈があるのはわかりますが

そういう理屈を吹き飛ばす、素晴らしい職人仕事ここにあり。

9人の原画がそれぞれありますが、アブアイワークスは3枚だけ。
1日に何百枚も描いたのにたった3枚かよ、袂を分った人間には
ずいぶんと冷てーなーディズニーさんよー、ではありましたが
それでもその鉛筆線から発せられる力たるや、もう涙モノ。

作品の内容はともかく、絵を描いて動かすアニメーションという
世界に興味がある人であれば、やっぱこの人たちの仕事は何が何でも
見てもらいたいですね。

もし俺が中学の時にこれ見てたら、アニメ志してました。絶対。


でも間違って、スリラーのPVと狼男アメリカン見ちゃったんだよなー。
多感な時期になー。
posted by サンダーロードスタイル at 18:07| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

ポンギ

先日のロボコップの言うとおり、現在、考えなければいけない事が
本格的にあるんですが、それはそれできっちり行動を起こしているので、
まあ一応置いておくとして、巷で噂のピクサー展に行ってきました。
余裕あんじゃねーかって?
鼻から息してる限り、常に根拠のない自信に満ちていようじゃないすか。


で、今回マケットの展示が多いというのでどうしても気になってて
都心に出る用件のついでで見て来たんですが、いやー、いい。

後で自分が商品化で立体を起こしたキャラで悩んだ部分とかの
明快な正解ラインが出ており、個人的には収穫大。俺間違ってなかった。
ピクサーの監修自体が間違ってた。(それ言うな)
立体見てわかんねー野郎を監修とか間に入れないで欲しいよなー。(言っちゃいかん)

なかでも突出していたのはインクレディブルズのマケット類。
グレッグダイクストラとケントメルトンというスカルプター。

上手いんすよね。細かくて丁寧とかとは全然違う。
なんつーのかな。上手い。
何もない広さがあっても、間が持つって言うんですかね。
もう全体そのものが、キャラの佇まいなんですよね。
言ってみれば顔を見なくても後ろからチラっと見ただけでも
気配でわかる、みたいな感じで。
確かにこれなら2次元世界で繰り広げるキャラの基準になる。
立体が持つ魅力をのびのびと展開させてるっつー感じ。

久しぶりに、ぐあーうめえ!と思いました。
ちなみに会場は六本木ヒルズ。ぐわーダセエ!と思いました。

というわけで、場所はともかく原型関係の人は行って損はないと思います。


ちなみに我が家のケントメルトン作は、一昨日も書いたコレ。

bigguy.jpg

上手いんだよなー。なんだろうな。こういうの。
ほんと、日本で見かけない上手さなんすよね。
posted by サンダーロードスタイル at 02:13| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

3回忌だそうです

大変御無沙汰しておりました。

復活です。

小冊子の方はそれなりに原稿も出来上がり、あとはまあ
なんとかなるだろう、というところまで来ました。
印刷でトラブルでもない限り、売り物になる予定です。頑張ったぜ俺。

ここを休んでいる最中もいちおういろいろ進んでおり
そちらも追々お知らせしていきます。一応今回で完全復活ということで、
また毎日何かしら書き散らかして生きていく所存です。



さて、先日発見しました。

hikozo.jpg

伊藤彦造イラストレーション、新装増補版。

18枚も新たに収録されており、嬉しい限り。
それが多いか少ないかと言われれば、
そんだけ新しい絵を印刷して売ってくれるなんて事であれば
全然払います3000円。

仮にジャケ替えだったとしても購入してます。
それは御遺族に少しでも「ウチの爺さんは凄かったんだな」
なーんて思っていただきたいくらいの気持ちで。

ちなみに追加収録の絵は全盛期1枚と初期、
そして絶筆と思しきものですね。

で、この新装版の後書きがですね。泣けてきます。
個人的にはこれ読めただけでも価値ありです。


マジメに比べると新装版はカラーの発色が全然違うんすね。
ハッキリクッキリ出ている。初版とどっちが正しい色彩なのか。

知りたい人間も、知りたくない人間も


伊藤彦造 追悼展〜天才絵師100年の軌跡〜
7月1日(土)〜9月24日(日)



おなじみ、根津の弥生美術館です。

展示数は400点。
うおー。月イチで行っちゃうかも。
posted by サンダーロードスタイル at 00:20| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

バカ向け資料本

先日のドゥームですが、実は最新作であるゲームのドゥーム3。

これの設定資料集が出てんですね。

これもこっちの設定が終わるまで封印してたんすが

doom4.jpg

攻略とかマップとか一切なし。

普通にデザイン画やCG、マケットなんかが載ってます。

もう、バカ。バカデザインのオンパレード(←いまどき言わない)。

ベラボーにカッコいいです。負けた。完全に負けた。

俺はまだ全然バカじゃなかった。オボッちゃまだった・・・


で、中はこんなのばっか。

Doom5.jpg

肉&マシンガンみたいな。

いいなー、たのしそうだなー。

やりてーなーゲーム。やってみてーなーXBOX。

でもうち、プレステしかねーんだよなー。しかも古いの。

まあそれはともかく、マッチョ系クリーチャー好きにはおすすめの1冊。

元気が出てくる資料集です。


ちなみに映画化も決まってるんで、こっちの方も買ってみましたが

halo.jpg

こっちは普通。
posted by サンダーロードスタイル at 05:24| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

野望のおゆまる王国

リクエストというか責任があったので、おゆまるテスト報告を。
型想いとの比較ですね。
キャストや噛み合わせはともかく、あくまでスカルピーを入れて
焼いちゃうのはどうか、というテストです。



まず最も重要な印象度においておゆまるの方がいいです。
印象度ってのは・・・まあつまり、細かい部分まで型がとれます。

高温での反応、これもおゆまるの方がいい。
型想いは温度に対して少々耐性があり、ほんとに100℃じゃないと
なかなかいうこと聞いてくれません。
おゆまるは90℃程度で加工容易。

当然そうなると作業時間や作業のしやすさも圧倒的に
おゆまるの方がいいですね。比較的低温で反応し
かなりの形まで対応できる。柔らかいので細部に行き渡る。

型想いはその逆に近いです。
非常によく似た(っつーか同じ)素材なんですが、
微妙な使いやすさで大きく差が出ます。
(混ぜる事も可能っぽいですね。メリットはともかくとして。)



で、スカルピーを入れて焼いてみるわけですが
基本的におゆまる面は断熱状態になるので、凹型に押しこんだ
スカルピーが上面になるようにして焼いて
120℃15分までは大丈夫です。それ以降は知りません。
といっても、端にあたるところや、もっとも発熱部(天井等)に
近い場所はブジュブジュと溶けます。
けど、それは固まるとまったく問題なく再利用可能。すげーな。

ってこたー、流し込んでも行けるってことですね。
粘度高すぎて行き渡らないとかはともかくとして。

というわけで、型想い750円に対し、同量のおゆまるは200円。
でも色が違うと見えづらいので、同じ色をまとめるとしても400円。
値段も性能もおゆまるの方がいいと思われます。

型想いの持つ弾性とでも言うべき強さがなんか利用度を
見つけられればそれぞれ用途に応じて使えそうですが
二回試した限りはおゆまるの勝ち。

ちなみにスカ入れて焼いたあとは、水に放りこんで急冷。
あくまで仮焼きなんで、その後慎重に抜いたスカを
追い焼きしないとダメです。
完全に冷却した後、カッター等で切りたいとこですが、
丈夫過ぎてそれは無理。力はいってまだ弱いスカ部分を
破損してしまいます。実際1個割ったっす。

というわけでおゆまるレポ、こんなもんでどうでしょう。
posted by サンダーロードスタイル at 22:01| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

お年賀びんびん物語

年賀状の季節です。もう皆さん書きましたでしょうか。

って、書くわけねーだろ、何言ってやがる、このノグソ。
だいたいなんなんだこの習慣は。廃れてよい。面倒。無意味。
1年に1度くらいはご挨拶って、1年挨拶してねーなら
一生挨拶せんで結構。真の友なら10年不通でも一日が如き
旧交再沸間違いなしなので、これまた無用。
だからまかり間違ってもここを読んでる方は、
ワタクシに年賀状なんぞ出さないように。

とは言うものの。

俺と違ってツレアイは普通の人間なので、年賀状出すそうです。
まあおかげで郵便局ついてって正チャン切手を発見する
キッカケになったんだからあながち年賀状をクサすのもアレですが。

そんでなんかたまには年賀状の柄で造形物でも作って欲しいなんて
話になって、そんじゃあたまにはやってやるかと安請け合いしました。

で、こないだこしらえた上州神農會のマスコットとなる
地獄のキューピーブラザースの素体を利用して
HPより一足早いキャラでデッチ上げることに。

こんな感じ。

jigoq1.jpg


サイズはソニーのなんたらキューピーと同じサイズなので
(ちゃんとボディも作ってあるけど今回の為には面倒なので塗ってない)
せっかくだから、そのボディに乗せてみたら


jigoq2.jpg

おー。才能あるな、俺。

お前の得意なのは筋肉ニクニク系じゃねーのかよ。

燃える男造型じゃねーのかよ、ガッカリだよ、とお嘆きの御貴兄。

いや、俺、可愛い系得意。大好き。

相変わらず色は苦手ですが。

ちなみにホンモノのボディはこんな感じ。

jigoqp1.jpg

フンドシキューピーです。

もう完成させて複製もとってありますが。

で、地獄のキューピーブラザースは来年登場予定。

乞御期待。
posted by サンダーロードスタイル at 01:59| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

必要は発明のマザー

先日の発見。

スカじゃない素材の穴を埋める場合、面倒じゃないすか。

穴が大きい場合、どうします?

少しずつフチから埋める?

ナニで?

俺なんかエポパテですら、手が汚れるし時間かかるからイヤ。

ポリパテも時間かかるし面倒です。臭いしな。

だいたいフチから埋めると結局無駄も多いし、おおよそ21世紀の

ニュージェネレーションがやる作業には見えないじゃないすか。

薄い板なんか苦労して作っても曲がるし、固まらないしで良いとこナシ。

そこで考えますよ。ポクポクポクと。

そんで光硬化パテ見て、チーンと思いついてやったのがこれ。

hikari1.jpg

ラップにパテを必要面積塗り広げて、それでフタして、光当てる。

あっという間に、それこそ10秒程度で硬化完了。

10数箇所埋めなきゃいけなかった曲面の穴や大ミゾ相手に、

わずか10分程度で決着。

瞬殺

と言えるんじゃないでしょうか旦那。

汚れず、無駄にならず、曲面にも対応するし、ハミ出しも後でパキパキ取れる。

そんなこたー昔からやってらい、という御意見もありましょうが

自力で気付いたところが、すげー、と。

人に教わってねーって所に地力があんなー、と。

いや、いいんです。誉め言葉は無用だっつーの。
posted by サンダーロードスタイル at 01:12| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

頭蓋骨びんびん物語

骨で思い出したんすが、今回の引越しでいろいろ古いモノが出てきました。
どこに消えたんだか大量の本(たぶん本棚1個くらい)が減っているのは
謎でしたが、出てくるものもあったわけで。

ハタチ前後の頃に仕事で作った、アタマの骨。

けっこう気に入ったんで自分の分も抜いておいたもの。
ポリ製。つまりFRP製。
急いで抜いて、適当に合わせただけなんでツナギ目とか直す気ゼロで
バカの1つ覚えのメタルカラースプレー一発はご愛嬌としても
なかなか人骨に一家言ある若者だったらしく、今見てもなかなかグー。

zuga1.jpg

zuga3.jpg

zuga2.jpg

カッコいい頭蓋骨ってなかなか見かけないじゃないすか。
よくドクログッズやマークありますけどね。カッコいいのは少ない。
これは正しい頭蓋骨を極力残しつつ、カッコよさをプラスした
自分の中ではリックベイカー的処理をしたつもりだった記憶あり。
鼻の下、歯までが長いのは普通に失敗。
これは当時、複製取った後に気付いてショックでした。

ちなみに本番では硬質発泡ウレタンで複製したものにアゴを
開くギミックを付け、ドロドロに溶けた人間の中からこれが現れました。
放送は夜8時台。今はそんなの出来ねーよなー。
posted by サンダーロードスタイル at 01:34| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

青鉛筆考

デザインを描く際に、青い色鉛筆が素晴らしいという話を前に描きましたが
先日、遊びではないところで初めて実戦投入されたわけです。
しかし実戦となると、いろいろ見えなかった部分が見えて来て本当の意味での
情け容赦のない使い勝手が判明するわけですが

aoen1.jpg

この中から一番使いやすかったのはというと

ステードラー(ステッドラー)カラト アクェレル水彩色鉛筆



プリズマロ カランダッシュ水溶性色鉛筆 ですね。

aoen2.jpg

ステードラーはオールラウンドです。一番伸びや硬さが適度で使ってて疲れない。
同じような他の種類に比べ、段違いで描きやすいし、色もいい。
でも細かいところになると、減りが早くてすぐに先が丸まっちゃうんすね。
となるとそういうところはプリズマロ。10センチ以内の部分なら断然こっち。

説明を引用してみると

ステードラー【特長】 色鉛筆の持ち味と水彩画の風合いを同時に引き出すことができます。
特殊な顔料を使用した柔らかな芯は、全60色のバリエーション。なめらかな書き味と鮮やかな
発色を持ち、水彩色鉛筆独特のやさしい表現が可能です。優れた耐水性と水溶けの良さは
Newカラトならではのものです。

プリズマロ【特長】 ハードタイプの水溶性色鉛筆。細密描写や様々な用途に。
芯は直径3mmで滑りの良い描き味。高品質の顔料を使用した、発色の良い鮮やかな色が
揃っています。 芯が硬めなので、水につけるとラインを残しつつ、淡い色が広がります。

っつー違いだそうです。買うんならハナっからの試行錯誤はヤメてこの2本でまずどうぞ。

ちなみにもっと細くて繊細な部分となると、鉛筆じゃどーにもならないんですな。
実際ザックリしたフォルムならともかく、ディティールとなると鉛筆じゃかなりキツイ。

そこで、売ってっかな?と探してみたらありました。

aoen3.jpg

ミツビシユニ 消せるカラー芯 ミントブルー。10本200円。

実戦後に配備されてんので、今ひとつ伸びは掴めてませんが
要はこういう細いのがあるとラクなんで、かなり使えると予想。
しかし青鉛筆作戦のおかげで、絵はほんとラクになりました。
posted by サンダーロードスタイル at 11:58| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

18インチ2

18インチと言えばメズコですね。

以前はダッセーアレンジのイモメーカーでしたが

映画版ヘルボーイの18インチは作業場通信の主役を張るほどの名品でした。

ソフビなのに相当な出来で、納得。評価が一変したほど。

そのメズコからこないだコミック版ヘルボーイの18インチが発売されました。



これ
hb1.jpg

けっこういいんじゃないすかー?

18インチを置いておくとやる気が出てきますからね。

デカいの、見る、オレ、元気、出る。です。

仕事すっぞ、と思うわけです。

これは買うしかないです。

ないですぞ。


しかし、注文したら「口開け」バージョンと「口閉じ」バージョンがあるそうで

どっちか選ばなくちゃいけない。写真のは当然「口閉じ」ですね。

でも見る限り「口閉じ」は、なんかモノたりないすねー。

やっぱ白い歯が少し見えた方がいい。

赤と黒だけのモデルなんで、その方がアクセントになる。

でも口開けバージョンは画像がない。困ったな。

と思ってたところにプレビュー限定のダメージバージョンが発表。



これ
hb2.jpg

ああ、けっこういいんじゃないすかー?

こういう口の開き方だったら文句なし。

ダメージ表現はいらないすが、口は絶対こっちの方がいい。

よーし「口開け」バージョンに決定。注文に口開けで、と但し書き。


というわけで、「口開け」バージョン、本日ご到着。





これ
hb3.jpg


・・・って

どうなんだこれ?


6000円もしたのに、納得には程遠いこの気持ち。

釈然としないっつーか、煎餅でも食う直前みたいな中途ハンパぶり。

バカにされてるみたいで、全然やる気出ないっつの。

つーか3種類もアタマ作んな、メズコ。

作ったら事前に写真出しとけ。いや、出しといてください。
posted by サンダーロードスタイル at 01:07| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

18インチ

ネカの18インチロボコップで検索かけてくる人がけっこう多いんすが

買うかどうか迷っているなら、おやめなさい。

18インチのエンドスケルトンは3000円でも腹が立つ出来でした。

彩色、塗料、造型はもちろん生産時のブレ、いい加減な設計…と

ダメな点を上げればキリねーです。もう一生、ネカ、買わねー。

それでも今回のロボコップも偏見ナシで実物見てみました。

出来は全然よくないす。ナメてんのかネカ。

なんででかいのに粗いんだ?どーしょもねーなネカ。

と思ってたら、ネカのこんな商品を発見。

Capt.jpg

いい顔してんなコノヤロー。

ヘッドノッカーという誰が欲しがるんだっつージャンルながら

この味わいはすげーす。文句のつけようなし。まいった。

絶妙なチキンのつまみ具合。わかってないと出来ない。

やるのかやらねーのか、わかんねーなネカ。買わないけど。

ふと見れば、スポルディングのフォントは、サンダーロードスタイルロゴと同じ。

バカはバカで類トモだという事ですね。
posted by サンダーロードスタイル at 12:41| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。