2006年03月15日

パクリズム

ねー、アニキー、今日は何をパクったんですかい?

え?モグリズムをパクった?

いやそういう事ではなく、何の食い物をパクっとやったんか

って聞いてんすよ。アニキー!




うるせーぞ!サブ!!

そういうやり取りで書いてたら、手間の割には効果がねーに

決まってんだろ!

食い物話だから無意味にパクリズムでいいんだよコノヤロー。




というわけで、

たいていはラクなんで来客時の食事はパスタなんすが

ウチのパスタは旨いんすよ。

っても麺がいいだけで、それ使ってるだけなんすが

その麺は素晴らしく「スパゲッティ」っぽくていいんす。


そもそも自分は生パスタだのアルデンテだののヘボ風習が大嫌いで

元を正せばイタリア貴族だかなんだか、屁も出ねーような

ヘナチョコどもの腐れ習慣が低レベルで蔓延したヨーロッパ食文化を

ありがたがって貧乏臭く真似る一般ピープルのチョロいアコガリなんか

どーでもいいわけです。それをさらに真似る猿以下の日本人も。

一口食っちゃえば終わる前菜だの、コチコチ歯に残る茹で方なんざ、

喜んでるヤツの程度が知れらい、と思うわけです。

赤塚や藤子F風に言えば「くぅ〜だらない」

世間の流れがどうであろうと、曲がり舌のイモ評論家風情がなんとホザこうと

大地の恵みを人間の食事としてきちんと受け入れる、

小麦の理想的な調理方法としての麺を満喫できる食べ方が良い。

この論理に優るものなし。それが正しい。麺にも人間にも。

だから旨いぜ、讃岐うどん。

マイベストだった上州の水沢うどんも道を譲るぜ。


というわけで、うどんじゃなくてパスタなんすが

ずいぶん選んだ結果の品をメーカーから直接箱で買ってるわけです。

だから旨い麺というわけで別にウチは凄くもなんともない。

それどころか来客時にツレアイは必ず少し延びたのを出す。

どういうわけか。何か他意でも?ま、本人は否定してますが。


で、大地の恵み的ホンモノ食材も大好きですが、頭くるくるPな

ジャンク食材も大好きなわけです。

そのどっちか。真ん中はナシ。面白くないもん。

スシったら回転寿司でツナ軍艦か、漁港の朝市か、です。

高級とえばる寿司店で、旨いの食ったことなし。港よか旨いのが

あるってんなら食わせてみろ!つーか食わせてください。タダなら食う。


で、前回の来客時にやっと手に入れた旨いパンチェッタで作った

カルボ延びナーラを出した失敗を踏まえ、対処の安易な

ミートスパにすることに。

ミートソース。

俺、自信あるんすよね。

コツがあるんす。

超簡単な。

バカの調味料3種の神器と言えば、

ケチャ、

マヨ、

そして

フレンチマスタード。

ホットドッグの黄色いアレ。

粒マスタードじゃないすよ。酸味バリバリの真っ黄色のアレ。

こいつが不可欠。少しひき肉を多めに混ぜた適当な缶かなんかの

出来合いのミートソースに、ケチャップぶちゅー!

フレンチマスタードぶっちゅー。量は適当。ぶちゅーと口で言って

鍋2巻きするくらいですかね。それで上等です。

ヨメさんがいる場合は、えー!?と言わせるくらいがちょうどいいす。

女このやろう。体に優しいだの栄養のバランスだの

そんな無難な作り方でエッジの効いたスパが出来るか!


というわけで出来上がり。

モスバーガーのソースからヒントを得たんすが、

適度な酸味と甘味で小学生レベルの食欲を引き出してくれるわけです。


しかし、ここで気付いた。

モスバーガー?

ってことは、このミートソースを例のマックダブルバーガー

使用してみたら?



次回、パクリズム最終回。

たいした話じゃないけど、面倒だから明日にまわすぞ。

出るかパクリンチョ!さよなら、涙のバーガー馬鹿の巻。


posted by サンダーロードスタイル at 02:43| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。