2008年08月05日

あと少しWF話

と思ったんですが、もう悪口しか出てこねーんじゃねーかな(←コラ!)


いや別に腹立たしいこともイヤなこともなかったです。
でも今回いちばん印象深い出来事は、実は昨日ありまして。

撤去作業の途中、だいぶ人がいなくなったところで実は
近所ブースだったACCELのヤタケさんを発見。
(モデリズムに「ヤタケさんのブースは確かあっちすよ」と
指差して教えた方向とは90度違ってましたが)(←コラー!)


で、帰り際に少し話をしたんですが、さすがに全員クタクタモードで
早く解散しないとな、と早々におしゃべりも切り上げざるを得なかったんす。
しかしそこでの会話で、なんか異様な手応えがあったんですよね。

普通、俺の話は結構なハードパンチです。
命削れ、血の小便出せ、2時間寝れば十分、と平気で言うし俺自身実行します。

やった人はわかりますが、本当に後悔したくないと思ったら
それくらいやってもまだ足りないんすよ。ヘラヘラ楽しくやって、いい結果なんか
出るわけがない。なれあいや仲良しは何も生まない。削った命だけが結果を呼ぶ
「可能性」を生むんす。だから俺はそれを心掛けて普通にそれを人に言うんですが、
まず言われた人は引く。
まあそうですよね。なんとなくやりたい人はそうです。でもそれはそれでいい。
それでいい物が出来るかもしれないし、人それぞれです。
引くのをわかってそういうフレーズを使ってる部分もあります。
でも実際俺は自分に才能がないと知ってますから、頑張る事がまず最低条件となる。

力のある者は力を出せ

知恵のある者は知恵を出せ

何もない者は汗を出せ

何も出さぬ者のみ去れ

というのは、俺がバイトしてた(大塚さんがいた)仕事先の壁に
貼られていたスローガンです。高校生の時に読んだこの言葉は今でも俺の基本です。

そういうつもりで物事と対峙しようと心掛けてますが、結果、
なんだかよくわかんないけどもう頑張るしかないわけです。
それが睡眠不足とかにつながるわけで、自分の頑張り度のスケールとなるわけです。
で、それを当然と思って人に話すと、当然ながら引かれる。

ところが今回は、そういう話をした時に、あんたは全日レスラーか、っつーくらいに
俺のクダラナパンチをヤタケさんが自然と受けるわけです。
泰然自若というか、そんなパンチ、屁でもない。みたいな。
まったく動ぜず受け止めて話が進むんですね。で?みたいな。

なんだろうなあ、と思ってたんですが、翌日、ヤタログ読んで納得しました。
俺に劣らぬどころか、俺よりも頑張ってる日記じゃないすか。


バカ


です。GKバカ。なんつー頼もしさですか。
俺はバカでありたいと思ってますがなかなかバカになりきれないです。
でもバカじゃなきゃダメなんすよ。バカは手強い。バカは凄い。
空手バカ一代が出版された時から、バカは男のホメ言葉。
死んでもコンベンション会場に化けてでるのが男の涅槃。そう簡単に成仏すんな。

まったく違う方向性でありながら、同質の熱量を持って突っ走ってる人を見ると
本当に安心します。楽しくなってきます。命を削って己の地平を目指して
裸で疾走していく奴がいる。そこまでやんなくてもいいだろ、という
優しさをふりちぎって、興奮状態で走ってっちゃう奴がいる。
男はそうでなくっちゃ。と思わされた先日のヤタログでした。
posted by サンダーロードスタイル at 16:07| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。