2007年12月26日

U−1グランプリ

年末ですんで、我が家もグランプリを開催。


今年最高のUを決定する、U−1グランプリ!

U!

ユー決めちゃいなよ。

なに?決めない?

このやろう。

しっかりしろ。

女子供じゃあるまいし。

ケーだのエムだのどーでもよろしい。

大事なのは、U。 

Uったらそれは、各社発表のU−KYO−MOVIES。

すなわちU−1グランプリとは、「遊侠映画」No1決定戦だ!

さっき俺が考えた。


なに?またしてもタワゴトを?


たしかに。



はいでは小さいことは気にせず、参加選手をご紹介します。

任侠といえばまずここだ。
本家東映より2エントリー
『北海遊侠伝』 & 『河内遊侠伝』

対抗馬、日活からはマイトガイ、小林旭主演
『関東遊侠伝』

そして東宝よりは堂々のヒットシリーズ、植木等主演
『無責任遊侠伝』

いや待て、喜劇なら松竹、牧伸二主演
『まっぴら社員遊侠伝』

大映を忘れるな、天下の勝新の3部作
『駿河遊侠伝 賭場荒らし/破れ鉄火/度胸がらす』

最後に遊侠といえばまず股旅モノ、新参の任侠映画とは一味違う
東映時代劇よりこれぞスター、片岡千恵蔵の
『八州遊侠伝 男の盃』

以上7組により、遊侠映画No1が争われます。

つーか争われました。

まとめて見ただけじゃねーか、って言うな。


結果ハッピョー!


『北海遊侠伝』
ニシン漁場をめぐるお話で、主演はサブちゃん&村田英雄。
大泉晃が室田日出男を怒鳴りつけるというファンタジックなシーンあり。
内容は普通に面白いいつもの任侠モノ。


『河内遊侠伝』
チバちゃん主演、河内のヤンケー系車引きのお話。バクチ関係なし。
山田吾一とまさかの殴り合いというファンタジックなシーンあり。
内容は割と普通。最後はチバちゃんの絶叫「おとーん!」(←伴淳)で終了。


『関東遊侠伝』
出所したばかりで足を洗う覚悟の男が、世話になった一家を助ける為
再びやくざ稼業に、というお話。毎度の日活節でしらける歌謡シーン多し。
どうも生理的にダメだなー、日活。こないだも赤い夕陽の渡り鳥を
途中で敗北しました。あれはムリ。アイドル映画はアイドルファン以外無理。


『無責任遊侠伝』
これだけ現代劇。実はかなりよく出来てて感心してたら脚本池田一朗。
その前に見た「やくざの歌」も上手いなーと思ったら池田一朗。
さすがです隆慶一郎。映画としてもかなりまとまっており高得点。
今までみた中で一番可愛いハマミエに驚き。最後のバクチはゴキブリレース。


『まっぴら社員遊侠伝』
さすが松竹、ないんだなこれが。近所に。入手不可能で不戦敗。


『駿河遊侠伝 賭場荒らし/破れ鉄火/度胸がらす』
松田優作を連チャンで見て、ハッキシ言ってその演技のヘボさと映画としての
出来の悪さには心底ウンザリしてたんすが、勝新はすげーす。個人の発する
パワーで言えば群を抜く魅力を発揮。七色の輝き。役者に頼るってのはこうじゃなくちゃ。
しかも映画としても素晴らしく(1・3作は森一生)ロングでの撮影も
パーペキ(2作目宮川一夫)。すげーな大映。映画は大映、納得。


『八州遊侠伝 男の盃』
一番驚いたのがこれ。実は藤純子のデビュー作で、今まで見た中で
もっとも若いチバちゃんが登場。でもそれはあくまで脇の話で
国定忠治の処刑後1年の上州が舞台で、千恵蔵とそのオヤジ役の
志村喬のかけあいが泣かせます。物語も演出も上手く、絶品。


そして栄えある第1回U−1グランプリは

ドラムロール!だららららららららかーっ、ぺっ。


勝新主演 『駿河遊侠伝 3部作』 に決定。

映画として一番よく出来てました。劇場で見てみたかった。
足腰が立たなくなったジスケの親分を背負って海を見に行くシーン。
泣ける、美しい。たぶん一生忘れない系。映画って素晴らしい。
ああ遊侠映画、永遠なれ。



さて、いきなりですがこの巨大イベントをもって、本年の
「直撃!地獄日報」は終了となります。復活は未定。
少しでも空いた時間は、粘土にぶつけますんで
必然的にこのヨタ日報の優先順位はヘコーっと下がるわけです。
スカ王国は、新作作業が進み次第アップする予定です。テキトーに。
作業優先、結果にご期待ください。

ではよいお年を。
posted by サンダーロードスタイル at 14:30| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

幸せ2冊分

買い物に出て発見。

今日は休みでクリスマスでした。

知らんかったので、チョー驚いた。

俺は最近金目教からバラモン妖法に傾倒しているうえ、クリーム系の
ケーキがほぼ禁止状態なのですっかり脳から消えてたんですが
初めて入った古本屋で暴走パニック大激突とトラック野郎望郷一番星の
シナリオを発見。1冊150円。
グラッチェ神様。ハッピーバースデージーザスこのやろう。

712251.jpg

でも今欲しいものは1/1の平和の鐘。

こいつをたのむぜサンタさん。

712252.jpg

クラシックアーマーのゴールド。のメット。

ゴールドっかねー。

あれ、俺、やっぱ金が好きなのか。
posted by サンダーロードスタイル at 00:36| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

WHF終了

WHF無事終了しました。
お買い上げいただきました皆様ありがとうございました。
ほんと、売ってわかるこの喜び。
俺の企画と造型に金払っていただき心の底からありがとうございました。

ブースは変化ナシでこんな感じ。

712241.jpg

時間は11時開始で4時には撤収と短かったんですが
えれー疲れて帰ってバタン。

印象は前回のホビコンよりも多少マシっすがそれでも
やっぱり相当なノンビリムードで、次回の再参加は見送りな感じ。
圧倒的なWFの規模を再確認しました。

結局知り合いとの話をする場所みたいになってる感じもあり
WFじゃほとんどそれはムリなんで、いいっちゃいいのかもしれんすが
やっぱもうちょっとピリピリしたイベントがいいすね。
ウチみたいにオリジナルなんつーのはデザインフェスとかも
視野に入れた方がいいのか、とか思ったり。
でも版権キャラに頼らないコブラ会のみだれふんどしは
瞬殺だったそうで。版権じゃないとダメなんつー言い訳はできねーす。

まあこれで一段落したんで、安心して新作にとりかかれます。
やめろ、ムリだと言われても打倒シフレットを目標に頑張ります。
posted by サンダーロードスタイル at 07:42| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

WHF当日

本日WHFです。初の。

いちおう、ゴールデン人形ズの展示はやめて、スミ入れしたのを作りました。


こんなの

712231.jpg

寂しいんで、アクセントにメットと朱鞘ぐらいは、と塗ったら
一気に、血の気のよくない2人になりました。
ここまでやるなら肌色をベースにしろっつー・・・いやいや
そこまでやってる時間はなかった。あくまでこれはスミ入れで。
ちなみにニッカボッカは藍色みたいなのにしようと思って始めたら
両手がいつの間にか全面真っ青になっており、完全に小学1年の
工作の時間状態。我が目を疑うダメ人間ぶり。何故だ。
よし落ち着け、頭使え、と一呼吸置いて、ビニール手袋しました。
根本的になんか間違ってるなと思ったんすが、もう考えられなかったっす。

でもまあゴールデン土方劇場よりは見やすいと思いますんで、
まだ持ってない人は買うといいんじゃねーかなー。

特に入れ歯はもう在庫がヒトケタですんで、WF分を残したら、今回片手以下。
気になる方はお早めに。
再販とかそういう類のことはウチの場合、ないのでございます。
posted by サンダーロードスタイル at 00:23| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

上手いぜ

教えてもらったばっかですが、久々にすげーなと思った造型。

712221.jpg

ビヨンドのブルースだそうです。

見た事ある人だったら震えが来ちゃうレベルです。
リアルだっつーんじゃないすよ。アニメを立体化したら、という話です。

712222.jpg


ちなみにビヨンドの真のラストは、たぶん日本では放送されそうもない
ジャスティスリーグアンリミテッドのシーズン2のファイナルエピソード
「エピローグ」にあるんすが、これがまた泣ける話でしてね。

実はテリーは・・・って、書きませんが、ワーナーのアニメの
バットマンシリーズを見事につなげた傑作エピソードです。
しかも余計なスタティックショックともクロスオーバーです。このやろう。



それにしてもこのバスト、えらく楽しそうに作ってて、しかも上手い。
一体誰が?と思ったら

どうやら

712223.jpg

ぬな?シフレット!?

じゃなくて、このイラストを書いている人みたいです。
あんましマジメに調べてないんで、アテにならん情報ですが。
でも友達みたい。まあ誰にしても、さすがだな。

前回の造型は打倒デンチューでしたが、次回は打倒シフレットだな。
学ランでそれをやろう。
打倒ボーエンはウォーザードの時にやったからもうやんない。

やっぱり現在、マトモ&クレージー造型で首3つ抜けてるのが
シフレットブラザース。上手いわ狂ってるわ、カッコいいわで
全然勝てる見込みがないす。

日本で反応してるのはグレイクレイとヤタケさんくらいしか
知らないぞ、と思って検索かけてみたら、最初がグレイクレイで
ズッコケました。
posted by サンダーロードスタイル at 06:25| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

流行チェック

携帯電話うんぬんでピーピー言ってるのは、ダメ社会人か、高校生か、
女か、菓子食って大騒ぎしているモデリズムかってとこですが、
とにかくオシャレ無用。デザインや追加機能よりも


丈夫なのを作れ


っつー話です。

落としたらダメだ、水に入れたらダメだと、日常で間違いなく遭遇する事態に
対処しようとせず、どーーーーでもいいデザインやらクソ機能ばっか増やして、
場合によっちゃ他人様に投げつけて武器として通用した後、まだ使える、とか
カツコンツァープロで切りかかられたら、スプリガンのプレートみたいに
ビシっと受け止めて相手を割っちゃうくらいの超硬度の、とか
普通そういうとこから考えるだろ。
開発に関わってる連中に一人くらいチンコついてるヤツまぜろ。


まずなにはなくとも

頑丈であれ。

ビータフネス。


それが、ついに来た。

来たぜ。

車で轢いても壊れないし、

ビールに漬けても(そこは水でいいだろ)壊れない。

当然上から落としても大丈夫だし、

現場で手袋したまま一発通話機能搭載の

『ToughPhone XP1』

無条件3年保証。 登場です。


712211.jpeg

うー、ダッセーな。これポッケから出せねーだろ。

やっぱデザインは重要、オシャレ必須という証明です。


ちなみに、俺はオシャレ命のアクセサリー魔。

いつもジャラジャラつけてます。

今日もキメキメで、リングを小指に・・・


712212.jpg 


712213.jpg レオー!

小指しか入りませんが。

食玩なんで。
posted by サンダーロードスタイル at 00:07| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

ユーサク

たしかリリーフランキーが言ってたような気がしますが、
優作を理解しない人間は、男としてちょっとダメっぽい。

はい、誰だ、優作を理解出来ないダメ人間は。

あ、俺だ。先生、全然理解出来ません。

優作全盛期にチョリンチョリンのちびっこだったってのも
あると思いますが、芝居が上手いって印象もないし、いい映画に
恵まれてるって印象もない。

でもやっぱり日本の映画を追いかけていくと、どうしても避けて通れない。
役者であるわけです。若くして死んだからか、というとそうでもない。
当時で十分、ピンで客を呼ぶ実力がある、稀有な俳優。

なのでここはひとつ、まとめて見てみました。

『暴力教室』まったく理解不能。
『もっとも危険な遊戯』100%理解不能。
『殺人遊戯』120%理解不能。
『処刑遊戯』150%理解不能。
『蘇える金狼』180%理解不能。

なんだろな、っつーかどうなんだ?
東映の映画として考えればもう最低レベルの出来ばっか。
練らない脚本、冴えないセリフ。華のない演出に、なによりも松田優作本人の
目指すカッコよさが全然わかんない。
銃に詳しいフリをしてるけど学芸会にしか見えません。絶対興味ねーなあれは。
ハードボイルドって言うけど、チャンドラーとハメットしか知らない自分には
ボイルどころか完全に生卵。ハードボイルドの定義は・・・わかってねーな。
とにかく遊戯ったって、完全にお遊戯のチーパッパ。
武田鉄也の刑事物語くらい理解不能。

ダメだな、こりゃ。もう優作無理。絶対理解不能。





思いつつ、眠気覚まし用ゲーム最新チョイス「鬼武者2」を開始。

主人公の顔を松田優作にして声まで似せている、というかなり優作頼みだけど、
優作ファン買うか?買わねーだろ、なゲーム。
350円だったので買いました。

ところがしょっぱな雨宮キャラ登場。激萎え。うわー、だったら買わなかった、と
文句タレタレ始めて、CG優作が怪物をスパスパ殺すんですが、

違う。

似せてるけど、全然声が違う。

俺はたっぷり見たばっかりだから、騙されないぜ。

もっとさー、低い声で言うんだよ

「ぶっ殺すぞこのやろう!」(←暴力教室)



物真似した途端

優作が!

俺に!

降りた!

「おい、何考えてんだ、ああ」ズパッ!

「誰が倒れていいって言った」ズバズバッ!

「10両?1000ドル紙幣で用意しろって言っただろう!」チリーン!(←金ゲット)

と、フル優作物真似で、進行。

出てくる。

真似がどんどん出てくるぞ。刷りこまれてるぞ知らないうちに。

しかも自分で真似しながらやると、すげー面白い。

ゲームっつーか俺が面白い。

はっきし言ってゲームは全然面白くない。けど、真似すんのはチョー面白い。
殺し甲斐が全然違う。ザコまでご馳走です。

というわけで、結局映画を見たら、理屈ではない優作の魅力にすっかり
洗脳されてたのか。すげーな。優作。確かにすげー。ちょっと感動した。
心に残るってのはこういう役者か。納得。次は野獣死すべし見る。

しかし

やっぱりこの顔はどうかと思う。

712202.jpg
posted by サンダーロードスタイル at 01:39| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

英語名不明

アニメの映画化でいちいち打ちのめされてるファンの皆様

お待たせしました。

ついに、こいつが来ましたよ。

712191.jpg

多少エッジが消えてますが、まあしょうがない。
言いたい事はやまほどありますが、それでも十分カッコE。1/1最高。

しかしそもそもこの話の主人公はマッハ号ではないので、
問題はキャストです。

はいミフネ一家。

712192.jpg

でたー。まんが立体化ガス!

仕事を受けるジョングッドマンとスーザンサランドンもすごいすが
このサンペーのパッキンコぶりは、すげーな。


今回の実写化でミッチー(声野村道子、神)がオミットされてるのは
仕方ないとして、最重要人物は、ゴーでも覆面レーサーでもなく

常にストーリーのキーとなる彼ら


クリオとサンペーです。

712193.jpg

お決まりの

712194.jpg

罪のなすりあい。


完璧です。クリ坊。

外人キャストならこれしかない。
あのお菓子食いまくりのパッツンボディ、外人のガキならこうなる。納得。


ま、クリ坊はともかく、だ。

近年もっとも獰猛なケダモノとしてペットで飼ってはいけない度急上昇の
チンパン、サンペー。

チンパンは飛び掛かって足で人間の両腕を抑え、相手の顔の肉を
食いちぎるそうです。専門家ですら襲われたら死を覚悟する他ない、と
断言してました。

そんなチンパンを使っての危険な撮影。

しかしサンペーがチンパンであるかぎりモノホンを使うしかない。


よし。

ウォシャウスキー兄弟。行け!




712195.jpg ニー!

ガビーン、すげー。

わかってる度1万。さすが兄弟合体パワー。

そして演技もやらせてみた。

712196.jpg あー!

ろー!子役よかいい顔してるじゃん。CGで眉上げたんか?

というわけで日本公開はいつだかわからないすが、期待大。

ゴー!サンペーゴー!
posted by サンダーロードスタイル at 01:58| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

TOP更新、WHF卓番号決定

WHF卓番号決定。

キ29

「キ●ガイが憎い」と覚えて、それをブツブツ繰り返しながら会場へどうぞ。


さて、

先日の誰もトクしない造型。

風も語りかける。ひどすぎる。

消費者も、版元も、発注者も、小売も、みんな損する四方一両損造型。

全員地獄行き。

でもそれでは悲しすぎてます。

あまりに可哀相なので、ちょうど使い捨てコンタクトを

使い捨てる日だったから

くっつけてみました。(つけんな)

712181.jpg

ザ、宇宙。

おいらは寂しいバド星人。ひとりぼっちのバド星人。


サンダーのバカ、思いつきでまたアタマのおかしいこと書いてると思うだろ。

違う。

聞いてください。今日はつながるぜ。話が。金つながり。

バド星人っちゃー、金、じゃないすか。ゴールド。

前回のホビコンで、展示用のを入れ歯も土方も金にしたかったんすが
入れ歯の途中でスプレーが終わっちゃいまして。
結果、入れ歯だけ金。

しょーがねーな、っつんで土方にはバカの一つ覚えのガンメタ吹いたんすが
今回は両方、金にしたい。

金、いいよな。アタマ悪そうで。仏像が金とか、笑っちゃって拝めねーす。

つーわけでフンドシレシートのヨドバシで金スプレー買ってきました。

でもってプシューって吹いたら

712182.jpg

全ッッッッ然

色が違うじゃねーか!テメー!タミヤ!

なんだよ、確か似てたぞ缶。違うメーカーだったんかよ。

そういやタミヤのスプレーは乾きが悪くてよくないって聞いて、よーしもう
タミヤ買わないって誓ったような覚えがあるような、ないような・・・

どっちにしてもこれじゃ余計に色が揃わなくてワケわかんねーす。

つーわけで、もはや初心者どころか小学生レベルのトライ&エラーを
繰り返す、低IQ造型、サンダーロードの愉快な人形が欲しい人は、
WHFに来てね。
しょうがないんで、グレイクレイを見習って墨入れしたのを置いときます。
posted by サンダーロードスタイル at 00:14| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

クライベイビー

たぶん生涯で一番回数聞いたアルバム。



2年近く毎日流し続けて全然飽きなかったんで
冗談抜きで最低で500回は聞いてます。
ラモーンズファンかと言われれば、いえいえ滅相もない、ほんのプチかじり。
たぶんファンを自認する人なら1000回は聞いてると思うんで
それがたぶん普通。そのレベルの名盤。

もちろん、無人島への1枚ったらこれですが
たぶん無人島にCDプレイヤーはないので
本当に持っていったら、ギザギザに切れ目入れて投げる。
サンダーカッター。小鳥捕まえて食う。

頭おかしい事はともかく、本題です。

上の奇跡のライブアルバムの後、

人生なんて屁みたいなもんさと残して逝った彼が、

人形化です。

712171.jpeg

こういうミュージシャンの人形をさー

誰が買うのよ、誰がよー、買わないべー、普通はよー

って、はい、すいません、だいぶ前にエルビスの買いました。

しかも12インチ。

そりゃ買うさー、クリーチャーじゃなくても好きならなー。

つーわけで、CJまで出るんだろな、ジョーイのキモい女みたいな
後ろケツは再現されてんだろうな、それよか早くチャックベリーとか
バディホリーが出ないかなと、うすぼんやり考えてる俺が、

最近買った人形はというと


712172.jpg ちょりーん

これはひどい。

久々に誰もトクしない造型を見た。

投売りだったし。
posted by サンダーロードスタイル at 00:02| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

短めで

また復活です。

このところ詰めてた仕事が一段落した臭いので、バッタリ寝たんすが
寝も寝たり、怒涛の24時間。途中でシッコ中断とかあったにしても
これを6時間で割ったら4日分なわけですから少なくともその分は
徹夜とかしないで毎日キッチリ寝て仕事出来てんじゃないのバーカ
って、声が聞こえます。このやろう、誰だ!

しかしまあ効率で進むわけではないし、期日に間に合わせるという目的が
厳然と存在しているのでいいっちゃいいんすけど、寝すぎで頭イテーす。
遅延ストレスで眠れない場合も多いので、体が睡眠体勢に入ったら
なるべく眠るようにはしてるんすが、それにしてもすっごく損した感じ。

で、倒れ込む前に、吉祥寺に買出しに行ってきたんですが
自分が住んでた頃は、ユザワヤ、BJ、ボークス、ポストホビー、
イエローサブマリン、と模型天国でした。吉祥寺最高。
しかし今はユザワヤとBJだけ。模型砂漠。天国はいまや立川へ移行。

それでも他にもいろいろあるんで買出しっつーと吉祥寺なんですが
最近はヨドバシが出来て多少便利になりまして。
特に模型に関しては開店したらBJ潰れちゃうんじゃねーか、と
噂されてましたが、確かに今回もBJ行く前にヨドバシで買えるものは
買っておこうと思ったら、全部揃っちゃいまして。

スカルピーも売ってるし、瞬着ノズルとか消耗品はやっぱ安い方がいいですしね。
その後いちおうBJ寄ったけど、やっぱし店員にイライラさせられたし、
もうこりゃよほどの事がない限り来ないな、と思いました。


しかしヨドバシにも欠点がないわけではないす。

いつもいつもかなり、イライラさせられんですが

何かっつーと

レシート。

712161.jpg

長い!長すぎる!

3000円ぽっちの買い物なのに、風が語りかけるっつーの。
毎回サイフに入れづらいっつーの。

posted by サンダーロードスタイル at 02:13| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

スカ王国更新

ネズバスト完成。モノだけじゃなく画像まで完成。


はい、これで年内の余計な作業は終了。

これでもう仕事と次回WFでのオリジナルに専念する。

豆特侠VS可動ジンガイは、PRカードに書いちゃいましたが
次の夏に飛ばします。今回はなし。


次回はまず 「ロケット仁義VSタービン番長」

単体ずつですが、向き合うように作る予定。当然1/6。
テディボーイVSマッチョ。喧嘩・学ラン・改造人間と、
毎度毎度の無頼風味の娯楽優先造型でお届けします。

そして、よせと言われてもやるぜ、女。
「看護婦」モノを一発。セクシー&ダイナマイト。
こちらもカッコよさ優先の地獄風味でお届けです。


というわけでまた一週間ほど、ごきげんよう。
posted by サンダーロードスタイル at 00:36| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

スカ王国更新

木曜でひとつ仕事のカタがつき、それがチェックで戻るまで急遽お休みが出来まして。
なもんで、ようやく金曜1日寝て、土曜もノンビリ出来たんすがその合間で、
ネズバストをとっととこしらえました。つーわけで、彫刻終了まで。


話は違いますが、ちょい前、マンガの雑誌は買わなくなったと書いたんすが
久々に、短編目当てで雑誌購入。荒木飛呂彦の「岸辺露伴は動かない」の為に500円。
いやー、つくづく素晴らしいすね。この人は。ここに来てこの画力の向上。
2次元を3次元にする場合、解釈が必要とされる場合がほとんどですが
デッサンがしっかりしてると、一発で立体化が目に浮かぶ。
今回の表紙の露伴なんかパーフェクトです。作りたい。作らないけど。

先日の打ち合わせで、どれくらい原型作ってるんですか?なんて聞かれたので
「お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているか」とふざけて言ったんですが
思いっきり空気が???ってなったので、呪われた町のバーローのセリフを
ディオに言わせたアレですよ、なんつー説明は一切せず、気まずさを
そのまま味わいにして会話を進めときました。大人だ。
posted by サンダーロードスタイル at 04:02| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

また日報休止か

めったに弱音は吐かない男ですが、こりゃなんつーかムリ。

ネズバスト。

なんだかんだ言っても泣き言は言わないで結局間に合わせる
スーパーデッチアッパーの俺ですけど、今度ばかりは、嫌いじゃないけど

物理的に無理、

と判断しております。

自分で言うのもなんですが、この俺が無理って言う場合は相当なもんで
アニキー絶対ムリッスよー、死んじゃうッスヨーと言われても
「かもな(フッ)」と乾いた笑みを浮かべて
迷わず敗北に向かって歩き出す頼れる背中のボクチンが
「だと思ったべー。じゃちょっと2時間寝ていい?」なんてワザと可愛く
言って許してもらおうと姑息に作り笑顔っちゃうくらいの状態です。

ちなみにいくら可愛く見せたところで、
「ん?なにこの臭い?うわ、クサっ!頭がウンコ!」(←ツレアイ)
とヒドイ言われようで、ミノムシみたいに同じ服を着こんでたのを
洗うからそれ脱いで、早く!と怒られるんですが、温まって
せっかく体に馴染んで柔らかくなった服をまったく脱ぎたくないので
作業場に逃げ込むワタクシの可愛さは、せいぜい野生動物のそれ。
心無い人から見れば即射殺対象程度の存在です。

というような状況でありますので、ネズバストついでに
またこの日報もお休みさせていただきます。

とはいえ、WHFが近いのでその周辺になったら
また告知含めて復活しますけど、とりあえずはそういうわけで
余裕のヨっちゃん屁が出てプーな状況とは程遠いので、月半ばまで
戦略的撤退ということでよろしくお願いします。えー15日まで。
posted by サンダーロードスタイル at 13:02| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

ヨム

先日、本とかはよく読むんですか、と訊ねられましたが
最近はとんと読まなくなりました。少ない読書時間は資料本のチェックで
消費されちゃうんで、娯楽目的、向学目的で読書するということはほとんどなくなってます。
活字オンリーの中では期待している作家もいないですしね。

でもマンガは読みます。マンガの方がよっぽど作品に対する本気を感じます。
しかし週刊誌とかは一切チェックせず、好きな作家の新作が出たら買う程度。

今日はど徹夜明けの涙雨の中、新宿で打ち合わせだったんで、そのまま
ツタヤの半額レンタルで赤き血のイレブンとかごっそり借りてこようと思ったんですが、
強烈な便意に邪魔されて何も借りず、マンガだけ買って帰ってきました。
どういう事だ、ウンコ。ちょっとはガマンしてくれ。

712011.jpg

「漂流教室」#2
全巻通じて181ページの未収録ページがあるというので買ってんですけど
なにが増えたのかわかりません。扉絵らしいすが。いつかサンデーコミックスと
詳細に見比べてみたいです。ウメズ作品ではトップクラスの傑作なので
内容はいわずもがな。改めて読んでも傑作です。

「万祝」#9
望月モノで読んでないのはドラゴンヘッドだけ。なので今回は驚くべき長編な感じ。
バイクメーンのタカギのアリア以来、望月メッセージあり。配されるガジェットや
プロップはどれもみんなどこかで見た事あるのばかりで、そう来たか!とか
どうなるの?的な驚きは全然ないんですが、ソツなくまとまってます。
ちなみに先日、万祝(長法被)の写真集が神田で売ってて、おお欲しい!と思ったら
ニマンイェンでした。無理。

「プルート」#5
あまりにも刊行時期が空き過ぎて、前の巻がどこまで進んだのか忘れました。
もしかすると完結するまで読まない方がいいのかもしれない。
読者の時間と作者の時間が離れすぎてる気がします。停滞期。
でもこないだ編集の人の番組をNHKでやってるのを見たら、こっちが考えてる以上に
頑張って作ってる感じでした。おかしいな。あんまし反映されてない臭いけど。

「リアル」#7
同じく刊行時期が空き過ぎてるはずですが、まったくそんな感じがしないのは何故?
今回買った中で一番、マンガに対する姿勢に感心させられました。別にこの作家は
好きではないですが、仕事に対してマジメだな。好感もてます。画力とかではなく
「間」や「人」を描いているという点では一番上手ですね。泣けました。
なるべくこういう路線は接しないように避けてんですが、上手いし逃げてない。
バガボンドは・・・完結したら読もう。

「度胸星」#1
以前の小学館版は処分しちゃってたんで、再刊で読み直そうかな、と。
未完の大傑作すね。ほんとに途中で終了したのが惜しくてならないす。
山田芳裕は大正野郎が連載されてた頃から読んでますが、これが最高傑作に
なると信じてたのに・・・。いつかまたこの感覚でSFに挑んで欲しいす。
しょっぱなのプチッってのは、アタマデッカチのSF作家には絶対に出来ない
表現です。こういう個性にこそ金を払いたい。なんか書き足してくれないかなー。

「刑務所の前」#3
今回もっとも期待して刊行を待ってたんすが、爆笑です。声出して笑うもんな。
完結しちゃって寂しいです。まーしばらくは読み直し続けるな。1年くらい。
posted by サンダーロードスタイル at 01:28| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。