2007年07月31日

WF商品・完成第3弾

シルク印刷関係完成。涙の家内制手工業終了。
工員はやっと解放されました。

侠骨くそ握りTシャツ、黒・藍各6枚。ふんどし3枚。
黒Tは全てL。 藍TはLとM。

77311.jpg

左の白とオレンジは自宅用。
黒いのに代紋は鯉口シャツで俺用。

かーなーりー

上達しましたぜ、シルク印刷。

次回(あるんか?)は、もっとナイスだぜ。


さて、そういうわけで参加者の準備も着々なWF夏ですが
我々オリジナルだんご虫ディーラーズも準備をそれぞれ進めてます。

ただ名義がサンダーロードで申請している為、他の3ディーラー
モデリズム・グレイクレイ・moooomingを目指して来た人が探せない場合がある。
それはいかん、という事で今回はディーラーごとの看板を作ることになりました。
で、看板は各自ですが、揃えて掲げる看板立てはモデリズムが担当してます。

そのモデリズムから看板製作の詳細な報告メール到着。
なかなか頼もしい説明の数々。
「土台とポールはインシュロックでしっかり固定できました。
これもはみ出てる余分な所はカットします。
画像ではプラ板の影なり写っていませんが、
横方向のセンター位置にも縦棒を入れてあります。
パピプカッターで簡単に切れました。
強度的には足元にも横棒を…」

ん?

パピプカッター?

おいおい、ずいぶん可愛いので簡単に切っちゃったな
って、パイプカッターのことか…(がっくし)

疲れてんのか、モデリズム。一瞬、追い込まれすぎてて
頭の中がピンク色になってんのかと思いましたが、
本人の名誉の為に、ただのミスタイプだ、と言っておきましょう。
でも前は俺をチンピラ呼ばわりしようとして、チンプラって打ってたしな。
もっと追い込まれると、じゃあ目でピーナッツ噛む!とか言うに違いない。

くれぐれも会場でモデリズムを指差してパピプー!だははは!

とか、やらないように。
posted by サンダーロードスタイル at 00:11| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

WF商品・完成第2弾

シルク印刷 特侠オリジナル 黒侠骨Tシャツ。6枚。

77301.jpg

ホント、シルク印刷は手間です。出来上がりが
楽しいけど、労力がハンパじゃないす。

可能な限り価格を押さえようと思いましたが
やっぱし以前のアイロンプリントと比べると
手間は普通に10倍くらいかかってるので
価格は3000円で行きます。
文鳥さんとこもTシャツは3000円だし。
こういうプリントの相場だな、やっぱし。

一応今回は選び抜いた良質Tシャツなんで
以前のより丈夫で持ちがいいです。
ホイと投売り価格で売れないのは正直心苦しいんすけどね。

ちなみに背中の代紋はヤメました。
労力が20倍になるからな。
前面1ポイントの3色刷りです。

6枚刷るだけでクタクタすが(風呂場に駆け込んで
シルク版を洗ってまた乾かすっつー作業だけで18回)
明日は残りの藍色バージョンを。

ロケットラビットはアイロンプリントで逃げようと思って
1回試したんすが、シルク印刷の前にはあまりに
チャチすぎて中止。多色の場合はアイロンの方が
キレイですけど、シンプルなのはシルクに限る。

なに、大塚さんはどうしたって?
やってねーに決まってんだろー。無理だって。
まずこれらを今月中に終わらせて、それから集中するんだって。
posted by サンダーロードスタイル at 01:22| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

WF商品・完成第1弾

シルク印刷特侠オリジナルもっこふんどし。

77281.jpg

夏に締めたい爽快な肌触り。

血尿が漏れがちな全開人生のあなた

正面の真っ赤な稲妻菱の代紋が優しくフォロー。


初心者でも簡単に装着可能な、右締め設計。

77282.jpg

3枚限定。 価格1500円。

キミの暴れん棒を1500円で守る、男涙のふんどし体験。

へなちょこ揃いのWF会場で、これを買う猛者はいるのか。



って、ほんとこういうくだらねー事だきゃー
無駄にフットワークいいのな。

なに?大塚さんはどうしたって?

全然いじってねーです。えへへ。
posted by サンダーロードスタイル at 01:19| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

リンクを一件追加

先日の被害者コブラ会です。
自宅に戻ったら4キロ太ってたそうですが、その後ビシっと
トレーニングして一気に元の体重に戻ったそうです。
あれだけ食ったもんはどこへ行ったのか謎です、とか言ってんですが、
汗とウンコに決まってんだろ。しっかりしろ。

さらに、トップでも告知していますが卓番号が決定しました。

A34−05

場所的には佐川のナナメ前あたりの島の角です。右奥。
しかも隣のブースはフィギュア王寒河江氏率いる鬼将軍ブースらしいです。
現在模型誌の広告でも、寒河江氏原型スカルマンと、マイコブラ立体ポスターが
並んで掲載されてますが、WFでも並ぶ臭いです。怪現象です。
posted by サンダーロードスタイル at 01:09| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

ご来訪

先日は、ミスタージャンピングサマーインセクトイントゥザファイアーこと
飛んで火に入る夏の虫の、ついうっかり返事をしたばっかりに
フンドシ女を作らされているコブラ会が、前回から体重を15キロだか
絞られた驚異の肉体にピチTを着て、フンドシ人形を持ってご来訪。

ちゃんと食事制限してジムに通って、マジメに体作りをしているそうで
普通考えたら、ビリーズブートキャンプだってそこまで痩せないだろと
皆さんホメてくれるはずですが、そこはほらサンダーハウスですから
「意味あるんすか」「別に落とさなくたっていいじゃねーすか」と
必死こいて体動かしてるヤツはちょっとバカ的発言を早速お見舞いです。合掌。
そういう俺はコダヌキみたいなポテ腹をなでくりまわして、
この腹が可愛くて仕方ないとご満悦。ノービリー、ノーダイエット。

しかも食事制限してんだっつーのに、ツレアイはお客史上最大級の
パスタ山盛り。直撃!サンダー炭水化物。
さすがに、それはまずいだろ、と減らして出させましたが、そこは
飢えた食事制限者。久々の炭水化物は旨いと結局おかわり。合掌。

で、おそらく今日のカロリーは完全オーバーしているだろうところに、
夕食はなんと肉地獄。なんだこれは誕生日か、つーくらいメシを作り
まあ、後で死ぬ気で体動かしてカロリー消費するしかねーすね、と
食わされるフォアグラ会。
そのくせ俺は、結局牛肉は臭いんだの、豚肉が固いだのとケチつけて
とっとと食べるのやめちゃいましたが、初めて訪ねた家で、
バカこんなに食えるわけねーだろ!と突っ込めるわけないコブラ会は
ひたすら食う。たぶんここ数日の苦労は今日1日で台無しです。合掌。

ガブガブお茶飲まされてもなかなか便所に行かないので
ションベン溜めてんすか、4リッターくらい溜めてんすか、とうるさい男が
いましたが、それでもキッチリ展示打ち合わせは終わらせました。

綿密かつ濃密な相談の中、さまざまなお下劣ワードが飛び交いながらも
熟考の末に決定したタイトルは


「旋風!みだれふんどし」 by コブラ会 


ビシっときたぜ。無駄に和風でお祭りテイストです。

しかも、ふんどし談義の途中、これはもうTシャツだけでなく
オリジナルふんどしを売るしかねえ!と急遽決定。

「晒しにするか、生成りにするか?」
「なに?子供用がある?いや子供は来ないだろ」
「ニューもっこふんどしというのもあるぞ!」
「六尺は締め方の取扱説明書を入れないと締められない」
と、無駄にヒートアップ。何をやりてーんだサンダーロード。

というわけで「旋風!みだれふんどし」と
マイ「任侠ふんどしサイボーグ」に加え
オリジナル特侠ふんどし販売、と完全に迷走してますが
健康的に爆笑しながら走ってます。楽しいふんどし祭りになりそうです。

問題は野望のスカルピー王国での作例として参考展示する予定の
ウルトライダーが、ふんどしや土方の間で肩身の狭い思いをしそうな事。
でもたぶんこれもカッコよく展示できる予定。当然こちらノーふんどし。
posted by サンダーロードスタイル at 02:58| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

ご興味

久しぶりに打ち合わせで外出というか都心に出てきたんすが
昨日はちょっと早めでそれなりに人が多い電車内。
珍しく自分も小説なんか読みながら揺られてると、なんか
物凄く皆さん音が大きくなられておりまして。
シャカシャカ音というかヘッドフォンから漏れる音すよ。
昔は、オウちっと漏れてますよ、耳悪いんすかこのやろう、と
誰彼かまわず食ってかかったもんですが、さすがに右も左も
漏れまくってると注意とかの次元じゃなく、キョウビの電車内は
こういうもんだと納得せざるを得ない。みんな全然気にしてなさそうだし。

しかし以前は漏れるってもパーカッションの音とかギターの高音とか
そんな程度でした。しかし、今は完全に何聞いてるかわかる。
そんくらい大きい。特に今日、俺の後ろの客が凄かったんす。

「ラーラーラーララーラー言ー葉にーできなーいー♪」
を大音量です。
すげーな。俺これTVで流れると、死ねバカ!とか言って
チャンネル変えちゃうけど、好きな人いるんだなー。
しかもこの音量で耳至近距離はいくらなんでもデカ過ぎで
もはや聞くという行為とは別に、俺はこれを聞いている、という
主張の域に入ってんじゃねーのか?とすっかり俺疑ってます。

なんて思いながら曲が終わったんすが、なんと再び同じ曲開始。
そこから延々リピート、20分近くですよ。
新宿過ぎてもまだ言葉に出来ない。相当な事態です。

しかし聞きたい音楽でもないのにずっとリピートされてる
気短者のワタクシは、小説がもう全然アタマに入ってこない。
オウいい加減鬱陶しいな、っつーかどんな顔して聞いてんだ!と
さすがにグリっと睨み半分振り返ったら、

髪ボサボサでシャギーが国際弁護士みたいになってる若い男が
ガラスにビタっともたれて、そのまま窓の外をジーっと見てる。
それはそれは寂しく切ない表情で。そこにその曲です。

うわー、すげー。
これは完全になんかあった臭い。
20分以上このまんまだったんか。
これで涙がポロリとか流れたらいいのに。
何があったんかなー。どうせたいしたこっちゃねーだろうけど
このヘナチョコには大問題なんだろうなあ。泣かねーかなー。
そしたら日報のネタになるよな。ボーっとしてねーで
泣けばいいんだよ。スッキリするかもよー。

なんて、たぶん結構な時間見つめちゃってたと思うんですが
そしたら彼はツブラな瞳で興味津々の俺の視線を感じて
我に返ったらしく、曲を切り替えてしまいました。

チッ。
posted by サンダーロードスタイル at 04:07| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

スカ王国更新

大塚さんの下半身。


で、マジメに作業してんのでまたしてもご鑑賞。

「ホステル1・2」
キャビンフィーバーのへっぽこぶりに、完全に視界から外れてた監督
イーライロス。しかしホステル2を見る機会があったので、1も借りてきました。
内容は毎度のへっぽこすね。なんで評価されてんのか完全に理解不能。
こんなんじゃ不安だぜタランティーノ。デスプルーフ期待してんだから。
で、日本で2が公開されたのかも知らないすが見たのはあちら版なので、無修正。
チンコちょん切りシーンは、きっちり作った作り物を引っ張り出して
犬に食わせるんですが、基本的に拷問されてんだから縮み上がってて当然。
ところが、で、でけえ!すげーな外人。ズルっと出てきた。
もしかして縮み上がっててこれ?じゃフルボッキしたら脳に血が
行かなくなんじゃねーの?と完全に映画の主役登場です。
花の慶次の「野郎どもマラを出せ」コンペだったら優勝間違いなし。
あんたが大将。チン切られホラー、キャッスルフリークのジョルジュの
約3倍サイズです。でも日本版はボカシ入れられちゃうんだろうな。
そこしか面白くなかったんだけどなー。

「がんばれベアーズ」
お前は拷問ムービーの後に何故こういうもんを見る、と自分に少し
ツッコミが入るくらい対極にある昔の映画版。むかーし見てから記憶なし。
基本的にTVシリーズは大好きすが、なんか映画版はイヤだったですよね。
2と3も見てないし、ウォルターマッソーが嫌いなんかな、と思ってたんすが
見直して判明。出来が悪いんす。ライバルチームの監督もバターメーカーも
キーってなったら女の子にビール引っ掛けるわ、メガネの少年ひっぱたくわ
魔女の宅急便でスズキのパイをないがしろにしたあの腐れコムスメ以来
久々に俺の心のロボコップが93Rでバーストバーストバーストでした。
ファミリー向けでそういうのはいかん。
弱い者イジメという点ではそんなにホステルと変らない部分もあり。

その後TVシリーズをずっと流してたんすが、やっぱTVシリーズ最高。
キャラも立ってるし、映画が勝ってるのはアマンダの可愛さだけです。
でもDVDは主題歌が入ってないそうなんで買う意味ないす。
posted by サンダーロードスタイル at 05:32| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

おグソ

トップのコブラ広告をなくしました。
いちおう予約締め切り日を過ぎてたもんで。しかも5日も前に。(こら)
まだ探せばブイチコム以外のショップでも注文出来るかもしれませんが
よくわかりません。


話は変わりますが、ご鑑賞。

「仮面ライダー龍騎」
見ました、全話。TVSpも映画もちゃんとタイミング合わせて。
いやー酷い。なーにが龍だ。ミミズの間違いじゃねーの。
評判いいって聞いてたんすが、酷いどこの騒ぎじゃねーです。
向田邦子もそうすが、女性の脚本はギャーギャーわめいてばっかで
同じ事を延々蒸し返すだけで成長、進展しないのが多い。その典型。
たまに、これは女性らしい細やかさだなと感心させられる脚本家もいますが
(水橋文美江とか吉田玲子とか)そのど真逆。ヒステリーでバカで心がブス。
俺助ける→どうしていいかわからない→やっぱりやる→でも出来ない
俺、悪になる→お前殺す→無理できない→俺を殺してくれ…とこれが延々。
完全にアタマがおかしいです。俺に殺させろ。
そして劇中に成人した男性は一人も出て来ません、
全員妄想男子。チン毛なし。でもこれは555もそうだったか。

しかしヌイグルミバトルが派手ならね。設定穴だらけでもいいんです。
と思ったら、穴はともかく、華も味もないんですねーバトル全て。
ウソとケレンまでない。555も相当クソでしたけど、ほぼ同種のクソ。
ダメなモンでも頑張った結果ダメなら、バカだなあ、で済みますが
クソ呼ばわりする時はよほどで、相手の確信犯的ズルさを軽蔑する場合。
そういう意味でのマジグソの犬グソ。しかも野グソ。このやろう。
もう絶対このプロデューサーと脚本家と監督のは見ない。

やっぱこういうのは天然でバカがやるか、本気で詳しい人間が作るかしか
ないわけで、こんなこっちゃ改造人間業界はお先真っ暗です。

でも秋から始まるバイオニックジェミーのリメイクはカッコよさそうですぜ。
posted by サンダーロードスタイル at 08:20| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

スカ王国更新

えー、フンドッシー進行中。


ジイサマの資料がないと書いたら、ヘビースカルプター
グレイクレイからありがたい資料をいただき、なんとか完成。
ジジ体型は最初、餓鬼みたいにヒョロリンコにしようと思ってもいたんですが
やはりキャラ上、漁師程度の力強さが必要なのでいろいろ力強くなりました。
エロフィギュアファンも納得のセクシーアイテムとして是非、世に問いたいす。
posted by サンダーロードスタイル at 07:00| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

ご鑑賞

見ちゃったんで書いちゃいます。
気にする人は読まない方がいいんで気をつけてください。
と一応言っておきますが、俺は全然気にしねーです。


「ヒルズハブアイズ2」
期待してましたぜ第2弾。今回は砂漠ミュータントVS軍隊。
前半はまあ普通だったんですが、後半はもう映画そのものに
モザイクが必要なくらいスーパー下品。イヤーズオブ下品決定です。
これ以上は出ないな絶対。今年。
ミュータント軍団もバッキバキにパワーアップしており、親っつーか
ラスボスのヤツなんか、至近距離でライフルでアタマ撃たれて
イデデデ!うー・・・我慢…出来る!と自己確認して襲ってくる最強オデ系。
あげく頭蓋骨の穴に指突っ込まれて脳をかき回されても死なず
チンコをハンマーで叩きまくられてもまだ死なないという不死身振り。
子孫繁栄が目的の彼のファックは県警対組織暴力の松方日本酒
馬ファックを超えるお下劣ぶりで、さすがの俺も目をそらしました。
100点ですこのやろう。

「トランスフォーマー」
思い入れは全然ないんですが、実写でロボ、あのサイズで現代では
見るしかないわけですが、まータルいし長い。内容はC級のヘッポコSFと
同じレベルなんですが予算が違うとここまですげーのか、と
画面そのものは衝撃的です。100%マジンガー出来るな。そっちやって。
ドキュメンタリーと言ってもいいくらいの軍隊描写VSヨタロボというのは
ちょっとグっと来ますね。現実感が絶妙です。
しかしバチバチとまばたきするコンボイは可愛さゼロ。吹き替えは
コンボイ司令官って言うのかオプティマスプライムなのかわかんないすが
メガトロンはメガトロンです。ま、実写ゴジラとほぼ同等な感じでした。
あれ凄いけど酷いじゃないすか。あんな感じ。でも劇場も行きます。
ちなみに変形に愛情はなく、質量変化前提です。ゲッターよか酷いす。

「ファンタスティックフォー2」
ライズオブパチンコヘッダー。ええ問題は魔神の出欠ですが、
それがですね。わかんないんですよね。やっぱ続編に引いたと
解釈することも出来ますが、結論で言えば出てこないす。
現象だけ。それっぽい影は出ますが、大体あの魔神は宇宙船乗ってるし
いなくなるときは次元移動だしワケわかないす。でも第1ラウンドだと思います。
ただイマイチヒットしなかったそうなんで次のラウンドの有無は不明。
ただその分、サーファーは素晴らしくノリノリでイマイチCGかな?と
思わせたのは束の間、最後は見事高貴な男ノリンラッドの
全身パフォーマンスでちびっこ大満足です。高貴だ。
1作目は俺100点評価すが、今回もそういう意味では100点。
アメコミはこうでなくちゃいかん、という見本。

「TMNT」
フルCGの忍者カメですが、これが意外な当たりで驚きました。
ナレーションに顔面爆弾ローレンスフィッシュバーン、
敵ボスにジャンリュックハゲチャビンピカード、
そしてスプリンターにマコイワマツ(泣ける)。
で、話も新たに上手く仕切りなおし、敵も派手、CGもなかなか
タイミングが上手でかなりグー。いやー当たり。100点。

「プリミヴァル」
巨大ワニの取材にアフリカの田舎に行ったら、内紛に巻き込まれ
ワニと鉄砲持った現地人に追い掛け回されるイモムービー。
このワニが、出たKNB。大失敗。なにこれ?な感じでガックリ。
主演はハイボッキアクション、ブレイドトリニティのドミニクパーセル。
毎度毎度の食われフラグの意固地なハンター役はユルゲンプロホノフ。
とにかくワニは出ないわ出てもいい加減だわで、長いの長くねーのって
長ぇ!内容は20分で納まります。絶対。5点。
posted by サンダーロードスタイル at 07:32| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

スカ王国更新

ジジボーグ微妙に進行中。まだ全然ジジイのままです。


老人ボディの資料を探したんですがなかなかいいのがない。
映画も微妙に必要部分が隠れてたり、いい写真はない。
介護医療関係の本まで見たんすが、ほぼ全部イラスト。
でもまあなんとか進めてます。

今回はこの老侠サイボーグも予約数が一定に達すれば
量産しようと思ってます。
いずれにしても完成して、写真をちゃんと提示し、見積もり取って
価格を設定する必要があるんすが、まあそれはギリギリまで
無理かもすね。ちょっとお待ちくださいまし。
なに?
全然期待してない?
このやろう。
こういうのを飾るのがカッコいいと思うぜ。俺。
少なくとも完成させるまではそう思い込むぜ。
posted by サンダーロードスタイル at 06:03| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

ご鑑賞

ザ・カラテ以外で、ここしばらくで流したものの感想。
カラテはあのあと2回流してます。

「ジャイアントスパイダー大襲来」
子供の頃に12チャンの昼でみたくらいで記憶になかったんすが
覚えていたのはミキサーで蜘蛛をジュースにして飲んでオエーというシーンと
最後の襲撃シーンくらい。改めてみると内容は完全想像を超えたクルパーもので、
隕石に乗って無数の蜘蛛がきたけど、その落下地点にブラックホールが出来て
それを塞がないとまずいから、中性子の雨を降らせるという完全なる伊上系脚本。
思ったよりも、デカ蜘蛛の動きは速かったっす。時速4キロくらい。

「ターミネーター2018」
素晴らしくダメな犬ミネーターとのグダグダの戦いを
ダラダラの編集で描き最後なんか、決戦の翌日死体になったメカ骨格の
カメラアイにズームすると、その目の光が…消えた。えー?普通、点けるだろ。

「幕末残酷物語」
加藤泰の白黒新撰組モノ。並みの話と思ってたらなんだか
大ドンデンでびっくり。超可憐なウイウイ系(初々しい)藤純子が
素晴らしいです。それと強面じゃないけど押しだけは無駄に強い
西村晃の土方が怖いす。カメラも編集もソツなく、やっぱすげーす。

「必殺女拳士」
子供悦ちゃんが、果し合いで目を潰され、足を使えなくなった空手家
チバちゃんの娘として「カラテが憎い」とか日記に書きながら成長。
で天津敏に復讐する話。新人監督小平祐がやりすぎで、カメラを無駄に
グリングリンする以外に特筆なのは2代目アイアンクロー石橋雅史の
絶叫演技。目が見えず、妙な音がするとウギャーとなるんすが、
完全レッドゾーン針振り切り演技で素晴らしいす。役者魂あり。
なんかまだゲキレンジャーとか出るらしいすが、頼もしいす。

「ザ・ゴキブリ」
ゴキブリ刑事の続編。犯人を逃げさせて撃つダーティーぶりも
今回はそんなに弾けず、テンションダウンの第2弾。残念。

「アンダーブラッド」
学芸会吸血鬼モノ。いやもう吹き替えが全員棒読みで
死ぬかと思いました。話は…まあ毎度の事ながらどうでもいいすが
クリーチャーは全身スーツが一匹。あとメイクで。なかなかそこは
頑張ってます。吸血鬼ハンター軍団VS有名吸血鬼、なんていうと
面白そうに聞こえますが、そんな事は全然ない1本。

「ウェストオブザデッド」
豪華な出演陣。ダニートレホを短時間ながら効果的に使ったものの
最強にタルい展開で若者はキーキーわめき、面白さゼロ。
ただダニーの性欲に、少しだけ笑顔になれます。

「リバーワールド」
アレックスプロイヤス製作の小説原作モノ。確か2まで読んだ記憶が。
美術とか凝ってんのかなと思いましたがほぼ全編テキトーロケで終了。
よく考えたら小説もつまんなかったよな、と見終えて気付きました。
どうでもいいすが、日本語表記はアレックスプロヤスとかなってて
チョビ安みたいな感じで可愛いす。

「アンドロイド」
ヨーロッパらしいアート臭いSFで原題パズルヘッド。記憶を移植した
アンドロイドが…何もしない話。ざけんな。俺が殺してやる。
ノー武装、ノーバトルでアンドロイドって言うな。アート野郎殺す。
タルコフスキーとか平気な人じゃないと無理。

「ブラッドシティLAバンパイア」
ブロッブの主演以降初めてみたのかな。ケビンディロンが主演。
ダメかと思ったら意外に複雑な話の展開になり、割とそれなりに
楽しめました。全身スーツあり。わかってながら最後の最後で
ビクっ!となり、わかってたのにそうなった自分が悔しくてしょうないす。

「RV」
予告でずいぶん前に見て、実は期待してたロビンウィリアムスのコメディ。
しかし始まって1分で予告で感じた印象が勘違いであったことが判明。
ただひたすらに辛く、ビデオスルーも当然だと思ってたんすが監督は
バリーゾネンフェルド。微妙に納得。毎度の予算空回り系。

「仮面ライダー555」
一気に全話見ました。アイテムは面白いのに、脚本が完全に狂ってて
物凄くもったいない。なんでこの井上敏樹に仕事やるのかな。
父親の良いバカとは正反対の普通の嫌悪感を感じるバカ。
たぶん日常生活でも路上に平気でゴミを捨てるタイプに違いない。
広げた風呂敷や設定を片付ける気ゼロ。漫画以下の人格のイジメといい
期日に間に合うとしても、玩具の売上に響いてんじゃねーの結局。
スーツの発光振りは絶品でジェットスライガーのラジコンも欲しい。
ちょっとしたプロップの可能性はすごくあるのに、脚本で全潰し。悔しいです。

「時をかける少女」
最近のアニメの。褒められてますが、酷い。好きな人多そうなのはいいんすが
完全にダメ。救いどころゼロ。酷すぎ。そのダメな点をハッキリ指摘すると
おそらく好きな人の人生のダメ出しになっちゃうので言いませんけど。

「リロイ&スティッチ」
ついに完結、シリーズのファイナルエピソード。
映画1本、長編2本、TV60話、そしてこの長編で終了。
リロの吹き替え違うし最初は出来が悪いんで、買って損したと思いましたが
途中から復活。俺満足。いやーこのシリーズはほんと満足させてくれました。
あんましそういう事は思わないんですが試作品全部作ってみたいす。
最後のテロップで試作品625体分全部、名前が出てきます。素晴らしい。
全話DVDで欲しいけど、ディズニーDVDは使い勝手が悪すぎなので
録画でガマンするしかないんすが、ディズニーチャンネルは本編にガンガン
宣伝を入れてくるんでガマンならんす。かといって海外版では吹き替えの
絶妙の声が聞こえないし。あーちゃんと全部見たい。
posted by サンダーロードスタイル at 00:20| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

スカ王国更新

入れ歯造型中。顔完成。



先日はモデリズムがご来訪。
仕事しない病のこちらと違い、なんだかかなりお疲れの御様子。
みるたんびに煤けていってます。
WFでの展示に関する最終打ち合わせをしたんですが、なんだかもう
すげー時間ないすね今回。なんだよ12日って。
終わってから、夏、あるじゃんか。

いずれトップに貼りますが、今回のPRカードがこれ。

prcard2007s.jpg

ふんどし姐御祭りと勢いで書いたはいいが、どうなることかと
思ってましたが、まあ姐御と、フンドシオヤジは出来ますね。
販売ってのが痛々しいですが、まあ予約販売ってことで。

もう一人の祭り参加者、ふんどし姐御をこしらえているはずの
けしからんフィギュアで有名なコブラ会は、そんなにけしからんポーズでは
ないらしいです。

ふんどしといえば、大塚さんは六尺をビシっと締めて地下足袋になる予定。
サラシも巻くかもしれないすが、ジーチャンは越中かもっこか悩み中。
越中ふんどしは、いわゆる前に布が下がってるやつですね。
もっこはオムツみたいな可愛いふんどしです。
やっぱしジーチャンは可愛いほうがいいかなあ。
posted by サンダーロードスタイル at 07:28| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

スカ王国更新

老人サイボーグ開始。


面倒臭いんで画像アップしないすが、サウンドロップの(またか)
ウルトラが出てたんで回してみました。4回も。
ライダーが出るまでのツナギでな、と思って期待してなかったんすが
ゼットンとカラータイマーを同時に鳴らすと、おお!最終回の緊張感。
生殺し的な迫り感がいいぜー。

もう2つはセブン変身と、アイスラッガー。
上手く鳴らすと出現と同時に投げて切断、の緊張感。
早殺し的な仕事片付け感が、っぽいなー。

にしてもほんと、初老になってもこういう事で遊んでる気がするな。
でも期待してんのはライダーだぜ。チョイスに愛がありますように。
個人的にはクラゲダールの声入れて欲しいす。
posted by サンダーロードスタイル at 07:03| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

スカ王国更新

だいぶヨタ日報ばっか書いてましたが、ちゃんと進めてました姐御。

こんな感じ。

77171.jpg

詳しくはスカ王国で。



結果的になかなか女性は面白く作れました。
だいぶいいモンが出来たんじゃないかと自負してます。
作ってる最中はなるべく他人の造型を見ないようにしてたんすが
やっと解禁してパラパラ見てみました。
いやーいいぜサンダー造型。確実にチマタと一線を画してるな。
今、脳に女性の構造が残ってるうちにもう1体作りたいくらいです。

が、違うの作ります。こんなんにだいぶ時間かかったからな。
posted by サンダーロードスタイル at 07:56| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

ザ・オイテケ

全国の山下タダシファンの皆様お待たせしました。
そうそう見る機会はないと思うので前回に続き
常に映画に対してまっすぐな姿勢を誇る
画像20枚炸裂のサンダー詳細レビューです。

tadashi1.jpg

今回の敵もいろいろな空手チャンピオンや殺し屋オンパレードですが
有名どころでは…おお!ブルースキャンベル。

tadashi2.jpg(似てるけど違います)


今度のワタクシのお気に入り殺し屋は

このシュールでスタイリッシュな日活テイストの前で

tadashi3.jpg

ヒョコヒョコ演舞する


tadashi4.jpg

いいのか、こんなの出しちゃって。



ちなみに神に逆らう不埒な男の代表といえば間違いなく山城新伍ですが、
このバチカン十字殺法軍団ときたら、そんな新伍を棺桶に押し込み


tadashi5.jpg

逃げようとするところをトンカチで殴打。

首を引っ込めたら、すかさずフタを閉めーの…

tadashi6.jpg

クギ打ちーの、その後埋めーの、です。

キルビルに先立つこと実に30年。容赦ないぜバチカン舎弟軍団。


で、肝心のタダシですが、なんと今回

tadashi7.jpg

目が治ってます。

なんだよー、残念だなー。

つぶれてる方が全然カッコよかったのになー。

ほら。
tadashi8.jpg


なんでトラックに乗ってんのかというと、
タダシ空手道場を作るため運送業のバイトを始めたんですね。
まあアメリカでもトラック転がしてましたから運転はお手のもの。

もう目も治ったし、ノリノリったらないわけで。

tadashi9.jpg
口笛なんか吹いちゃって。


しかも常にボヨンボヨンはねて運転します。マコーレーカルキン君以上です。
その落ち着きのなさたるや、埠頭で乗せたヒッチハイカーの二人も

tadashi10.jpg

tadashi11.jpg

心配になるっつーの。



しかしタダシはどこ吹く風で


ピュー
tadashi12.jpg

ピュー
tadashi13.jpg

フフーン
tadashi14.jpg

♪〜〜〜
tadashi15.jpg

現代においては躁病と判断されかねない天然ウキウキぶり。
今、日本でこんな楽しそうな映像見られないです。


しかし、ここから物語は行き当たりばったりに急転直下。

乗せたヒッチハイカー2人は、実は拳銃密輸犯。

tadashi16.jpg(←知った)



そこからあっという間に
tadashi17.jpg
この状態。



あげく、拳銃を取引した組員、岩尾正隆(準レギュラー)の
tadashi18.jpg
試し撃ちのマトに。



そんな絶体絶命のピンチですがそこは天下のカラテチャンプ。

拳銃持った10人くらいに負けるタダシじゃないわけです。
拳銃を買うヤクザも、売る外人もとにかくネジ伏せ、
荷台に一緒に乗せてたもう一人のヒッチハイカーの黒人と


トラックでその場を離れようとしたら

tadashi19.jpg

いきなり

tadashi20.jpg
ボカッ!



そのままトラックは発進。ブォーン。



「マイトラーック!」
tadashi21.jpg
全力疾走です。

あれほど楽しかったトラックが!
タダシを置いて去っていくー!
今回最大のクライマックスがここ。

こんな魅力満載のザ・カラテ3電光石火ですが
最後の技は全然電光石火じゃなく、よりにもよって太極拳から
流用の、舞い落ちる枯葉をイメージした技。
ええー?電光石火じゃねーの?
激殺邪道拳(監督同じ)のチバちゃんみたいに、麻薬バホバホ食って
全身に電気流してパワーアップでもすんのかと思ってた。
全体的に予算不足と野田幸男特有の気の抜ける悪ノリが
目立つ感じで、物語的にはシリーズで一番地味。

しかしタダシのプリティぶりは、1作目でバーチャンの手紙を受け取って
照れまくるあの奇跡の演技以来の爆発で、タダシファンは間違いなくご満悦。
トラックに走り去られた時なんか、100%声出ます。
つーわけでもしDVDにでもなろうもんなら、即買いです。
走るぜショップに。

両手バンザイで。
posted by サンダーロードスタイル at 01:20| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

ザ・カジ

先日、ザ・カラテ便で浮かれるワタクシの元に届いた

もう1つの怪鳥


これっす。


77141.jpg
ヒィーーー!

内山ウルトラで洗脳された身としては最強の隊長だったんですが
実際にはこのていたらく。たかがトットコの吐く炎で頭が燃えるって
どんだけ油断してんだウルトラ警備隊。このやろう。

77142.jpg
ジョボボボボ。

って、ケムシは火吐かねーです。ケムシは前に買ったヤツです。

今回届いたのは、ご好意で譲っていただいた、このケムシを食う…




77143.jpg
バー!?



でけえ!


店員さん。
頼んだのは普通のギョーザです。
一体誰がチャレンジ20人前ジャンボギョーザを?


的な


絶句を強いるこのサイズ。


新宿はジュク、吉祥寺はジョージ。
そして池袋はブクロと言いますが(言わない)
皆さんが一度は引っ張ってみたいとお考えになるこの
キャンタマブクロも

77144.jpg
ほぼ実物大。

いい色です。
間違ってシンナーを股間にこぼした時、完全にこんな感じでした。
ヒリヒリどころの騒ぎじゃなかったっす。
今度説明にはこの写真を使おう。


というわけで、本来欲しかった大きさと比較しても

77145.jpg
親と雛どころの違いじゃないわけで。

部屋の中でのイヤな存在感たるや相当なもんですぜダンナ。
なんか考えてる臭いイヤーなオーラが出てます。トリ特有の。



こいつはもはやウルトラ相手のレベルではないので
別のヤツにウルトラの相手をしていただくしかねーす。




なに、これ?
77146.jpg
ちょ、触るなよー



見せてみろって
77147.jpg
やーめーろーよー



というわけで、次回怪鳥三部作最終話
「ザ・カラテ3電光石火」
炎のサンダーレビューに乞う御期待。
posted by サンダーロードスタイル at 00:34| BPF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

ザ・カテ

「謎の1万円」が各地で見つかっている問題で、兵庫県警の調べによると、
姫路市名古山町の市立名古山霊苑の男子用公衆トイレで昨年7月7日から、
「報謝 一人一封」と書かれた紙包みを霊苑の管理者が見つけ、姫路署に届けている
事が判明。中には1万円札を1枚ずつ半紙で包んだものが9通入っていた・・・。



そして一通の速達が我が家に届く。

07karate1.jpg


07karate2.jpg

何も書かれていないDVDが1枚。

一体なにを修業の糧にしろと言うのか。

差出人は・・・・


言っていいかわかんないので言わないですが
畏れ多くも天下に轟くあのフィギュア王チャンプからです。
オリジナル造型に悶絶するヒヨッコトッチャンボーヤの俺に
これを見て腕を上げろという暖かいご指導ご鞭撻に違いない。




と、おもむろに再生した私の目に飛び込んで来たものは

07karate3.jpg
ギャー、焼け火箸。




そう。

あの傑作、念願の続編

07katrate4.jpg

うおー!すげえ。しかも2と3。


前回、火箸で両目を潰されたタダシでありながら
なんとその後2本続編が出来てんですよね。
見たくて見たくてしょうがなかったんですが、そんな俺のタワゴトを
聞くやいなや速達で送ってきてくれたんでございます。
ありがたい限りでございます。


肝心の本編はというと、前回チャンピオンになった
タダシの前に次々と現れるカラテ殺し屋軍団。

完全にフランケンだけど名前はドラキュラの真マッチョドラゴン
ヤンスエを筆頭に、前回をはるかに超える色物系大集合。

しかも音楽がマジンガーとゴレンジャーの間の時期の脂が乗りすぎてる
宙明サウンドなので完全にリアル7つの軍団系。


中でも厄介なのがこいつ。

07karate5.jpg

劇中の最重要アイテムの扱い方は真の外道。

しかし俺のお気に入りはこっち。

07karate6.jpg

着てるのはガクランで、ヅラの理由は不明。ドイツ人。
ちなみに左にいるのは殺人医者。


さらに今回はチビッコ達との交流がハンパでなく
重ちーのハーヴェスト並に大活躍するチビッコたち。

崖から転落したタダシを村の子供が介抱したのはいいすが
この危険人物は傷が癒えるやいなや

07karate7.jpg
ちびっこ集めてカマを振り回し


07karate8.jpg
いやいや、それはまずいだろ


07karate9.jpg
しかし容赦なく持たせる。


07karate10.jpg
わかる。その気持ちわかる。


07karate11.jpg
「アキャーー!」(←駐在さん呼べ)


07karate12.jpg
バスッ!


07karate13.jpg
ズバ!ズバ!ズバ!


完全に助けて損した系。
危ない人拾っちゃった系。

それから響き渡る怪鳥音。あそこのうちは昼間っから
何を見てんのかと近所で噂になりかねないタダシの叫びぶり。


そして前回は目も潰されて続編絶望的なラストでしたが

今回は違うぜ。

大砂丘をバックに

07karate14.jpg

07karate15.jpg

ハッピーエンディングー。

映画の醍醐味ここにあり。

この時点で完全徹夜明けの昼12時。

しかしこの後、さらなる怪鳥が我が家に届く事を
俺はまだ知らなかった。(次回に続く)
posted by サンダーロードスタイル at 00:07| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

スカ王国更新

まだ姐御中。


全然どうでもいいんすが、意を決して念願中の念願の漫画を購入。
復刻版の「虹をよぶ拳」全4冊。

いやー、古本じゃ全巻揃えるの大変。でも復刻版は高い。
運がよければ古本の方が安いかもしんないけど、そう思ってても
全然安いのに出会わず、ついにキヨミズダイブ。

実に1969年の連載だそうで、可愛いボクちゃんはまだ生まれてません。
しかし一撃必殺のカラテファンタジーがここで花開いたわけすね。

まあいろんな宗教ありますが、やっぱゴッドったらこれ以外存在しねーす。

godhand.jpeg

飲むぜポンジュース。
posted by サンダーロードスタイル at 08:17| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

ご参考

さすがに彫刻というか彫塑というか造型について考える今日この頃。
仕事という制約がない分、わざわざやる意味を考えて作ってます。

「自分の彫刻のうちに甘く出来きらない部分があるのは知っているが
公衆がそれに気付くものか、また今度やることにしよう、と
考えるようではなりません。公衆がそれを認めなくても、自分自身が認める。
困難をごまかす習慣がついてきて、投げやりな彫刻で満足するようになり
やがてまるで悪い彫刻になって来ます。
自分の良心と妥協してはなりません。なんでもないというほどの事でもです。
後にはこのなんでもない事が全体になってきます。」


重いぜ。いろいろ当てはまるぜ。

これはグレイクレイの真辺氏から薦められた本の中の言葉。

誰かって?

そりゃー、これよ。


77121.jpg

もうメガヌロンの家宅侵入ぶりが怖くて怖くて、

じゃなくて


77122.jpg

かー、上手いなこのジジイは。
バッキバキじゃんか。ちょっと面白くないけど、認めるぜ。
あんたなかなかすげー。

のロダンです。


だいたい原型師同士の話なんていうと模型技術っぽい話が関の山ですが、
さすがグレイクレイ。
またしても鈍器みたいなモンをこしらえてキロ数を表記し
悦に入ってるとこを見ると、あいも変らずマイペースで素晴らしい限り。
着眼点もストロングスタイルです。筋肉雑誌見てヘラヘラしてる自分とは
目指してる彫刻の重さが違う。
俺はターンテーブルで回る程度の重量で完成させたい。

で、教えてもらったのは入手しやすい岩波文庫の「ロダンの言葉抄」という本すが
ここにいろいろジイサンのタワゴトよろしく書き殴られておりますのが
上のような言葉。

全部が全部勉強になるわけじゃないですが、さすが経験した人間じゃないと
言えない言葉が詰まっており、ページによっては身が引き締まる思いです。

というわけで、なるべく妥協しない方向で頑張り中。
posted by サンダーロードスタイル at 02:37| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。