2006年09月30日

日報休止のお知らせ

またか。

はい、またです。

1ヶ月くらいナシの方向で。

理由?

ロンドンへ留学です。

うそです。



それはともかく、さっき道端で小学生が大声でクイズを出しており

「誰でも欲しがるホシはなーんだ?」だそうで。

ヒントは3文字で、真ん中に小さい「っ」が入るそうで。

さっぱりわかんねーなと思ってたら弟らしき4歳児は

「ほっし」「ほっし」と言いつづけてました。

が、完全に無視されてたんでたぶんそれは不正解。

答えがわからないままその場を離れてしまったので

正解は謎のままですが、そんな深い謎をはらんだまま、

地獄日報は11月までお休止。

我が家の見解は「ゴッチ」ですが、プロレスの神様を

最近のちびっこが誰でも欲しがるスターと捉えているかどうか。

ま、なんか作ったらスカ王国で載せますが、その場合は

ここでも告知しますんで、チェックは2週に1回くらいでいいんじゃないすかね。

というわけで皆さん、いい秋過ごせよ。ご機嫌よう。
posted by サンダーロードスタイル at 17:55| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご満悦

相変わらずいろいろ流してます、作業中。

このところでざっと覚えている映画だと
「パラサイト」「パラサイトデビル」「エイリアンインベイジョン」「プレデターX」
「エイリアンシューター」「ウルフコア」で、あと「仮面ライダーfirst」。

まあ全部イモ特撮でカブリモノ系ですから、どうこう言うのはないんすが
ライダーは酷かった。いくらなんでも、そりゃねーだろっつーくらい酷かった。

冒頭1分、なんだそれ?のタイミングでの主題歌にドカーンと後ろに倒れ、
その後ダラダラとするのを我慢するも、板尾バトルで限界。
そっから早送りでもまだ長い。ストロンガーの中盤を乗り越えた
俺ですら目からゲロ吐くかと思いました。なんなんだろな、これは。

おまえよー。

r11.jpg

何考えてんのか、完全に理解不能。



頭割って、中、見てやる。

r12.jpg

こういう仕事は、プレデターX(原題クリーチャー。ブラッドヘッドという
ヘッポコエイリアン登場。ノコギリで首を切られ、泥沼に沈没死)じゃなく
本家狩猟民族、頭カチ割り大好きプレデターに任すしかねーんすが…



r13.jpg
やっぱお前か…。

毎日毎日出やがって。お前の日記か。




なに?

プレデターとして大事なもんを忘れたから

つけさせてくれ?



r14.jpg

このやろう。相当、調子にのってきやがったな。
posted by サンダーロードスタイル at 06:12| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

このカテゴリを

作ったのをすっかり忘れてましたが、

それに負けないくらい忘れてた去年の5月に注文した本が、今頃届きました。

今さらもうそんなに欲しくないっつーか、何頼んだんだっけな?と思ったら

これ。

bbb1.jpg

商業原型の写真とかですね。


上手い上手くないはともかく、なかなか興味深い写真が多く
値段も手ごろなので、原型作りに興味がある方は見て損はないかも。

たとえばこんな感じ。

bbb2.jpg

bbb3.jpg

bbb4.jpg

他にサフ吹いた状態での原型写真とかも載ってて、写真は御覧の通り
かなりでかいです。


なに?

そんな誰でも書けるような情報は期待していない?


しょうがねーな。


じゃあ、いちおう今日も載せとくか。

ur7.jpg
posted by サンダーロードスタイル at 16:24| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

ご購入

納品のついででひさしぶりに秋葉原へ。

というのもアルティメットソリッドの2が発売と聞いたからです。

あ、当然ライダーす。


しかし買って帰って開けてみれば



ん?

ur1.jpg

なんだこのサイズの合わなさは?

これじゃ揃っても7人並べられねーじゃねーか。

いきなりデコボコ。ライダー好きナメてんのか。



「浅はかなり、その判断!」


お、その声は



「これぞ練り上げられたサイズ!俺にジャストフィーット!」



天が呼ぶ
urs4.jpg



地が呼ぶ
urs3.jpg




人が呼ぶ
urs2.jpg



悪を倒せと俺を呼ぶ




俺の名前は大空に聞け、悪人ども!
urs5.jpg



アマゾンライダー! ここにあ…

urs6.jpg
posted by サンダーロードスタイル at 03:48| BPF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

ご病気

先日の子供時代の写真を見てもお分かりのように、

けっこう俺、育ちいいんですね。


なんつーんすか。

心が豊か。

って言うのかな。


静かな美術館とか大好きですよ。

中でも水彩が好きでして、英国ヴィクトリア時代の

水彩なんかいいですね。ターナーとかラスキンとか。

非常に好きな画家にウィリアム・ヘンリー・ハントという

画家がおり、今日も、このクソくだらない日記を書かなきゃいけないと

荒んだ心を持て余し、苦々しい顔をしてたら、ふっとインスパイア。


ハントは静物画を好んで、特に鳥の巣をモチーフに描いてます。

こんな感じ。

hinacop1.jpg

ああ、なんて静かな。こういう絵を描いて生きていきたい。



と、思ったので

やってみました。

hinacop2.jpg




当然

hinacop3.jpg

オヤコップ



よーし、カメラ引け。



hinacop4.jpg

おおー

って。

何かな、こういう事をしたくなる衝動というのは。

病名があるんではなかろうか。
posted by サンダーロードスタイル at 03:04| BPF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

掲載報告

最近よく聞く沖縄弁「なんくるないさ」はグンマで言う
「屁でもシャでもねえ」です。普通に使ってますがシャって?


という問題はさておき、雑誌の掲載報告を1つ。

現在発売中のフィギュア王104号の
ワンダーデスティバル特集に
特侠を取り上げていただいております。

だいぶトリミングされて小さい写真ですが、だいたい
オリジナルっつーだけで商業誌には敬遠されがちなところに、
ある意味、人が引いちゃう素材でもあり、
反応していただけただけでも大感謝です。ありがとうございます。
素直で可愛いな、俺。


当日取材に来て下さったライターの方は

「でもこれ、ヤクザなんでしょ?」

 いや、ヤクザとは違うんですけど…

「アタシ、ヤクザ嫌いなんですよ」

 ええ、それは俺も。でもこれはヤクザじゃないんで全然…

「そうか、ヤクザかぁ」

 いや、だからヤクザじゃなくて侠客であって、
 そのへんはこの小冊子に詳しくですね…

「でもヤクザじゃなあ」(←小冊子、無視)

という感じだったんで絶対に、ヒャクパー、死んでも
載らないと思ってましたが良かった、載って。(←言うな)

いまさらですけど、特侠はヤクザじゃあないんすよ。
ヤクザな人生を送ってる連中を描こうとしてますが、
彼らは一般的なヤクザの敵にあたる存在です。

でもまたそういう一発で通じない感じも良かったり。
誤解とか裏切りとか、いいすね。
トラブル・イズ・マイ・デスティバル。
posted by サンダーロードスタイル at 02:24| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

ご購入

さて、消しゴムの切れっぱしみたいなインゴットで満足する年齢では

ありませんからね。ひさびさ購入の大物。このクソ忙しいのに。



やってきたのはこちらでございます。

benoit1.jpg



はい。カメラ引く。

benoit2.jpg

クリスベノワ。14インチ!

って、誰?

マメギョセール見てたらちょっと今後使えるかも、と思いついたんで購入。




そしてこちら。 

ほら見てくださいよ。

benoit3.jpg

外れます。腕。スゲー。





・・・って

benoit4.jpg

いきなりモゲてんじゃねーか!


メーカーどこだ!ブッコロース!




開封して10秒ですよ。まさに瞬殺です。

箱から出す時間の方が長かったっす。針金切ったり、ゴミ分別したりね。

なのに、よーし、と手にとってクイって一捻りで、ほらポッキン金太郎。


だって肩、ボールかな、と思うじゃないすか。

こういう形状だもん。

そしたらなんと、1軸。つまり前後に振れるのみ。

そんな事まさか普通は思いませんよ。

それなら他の部分みたいに切断面みたいにすりゃいいんで、

なんでわざわざボール形状の…



というわけで、ごく普通に開いただけでこの有様です。

どんな軸よ?と見てみたくなるじゃないすか。

どれほど弱っちぃ軸なんだ、と。

benoit5.jpg

この巨大な腕に3ミリ径のプラ軸。

最弱設定じゃねーか。

こんなの思いつくなよ、マジで。




あんまり悔しいので一句詠みます。



居心地の

良さにウットリ

秋の空

benoit6.jpg

形状で

ハッタリかますの

やめてよね
posted by サンダーロードスタイル at 08:32| BPF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

思い出アルバム

楽しい雑誌掲載報告なんか出来ない、やさぐれ日報へようこそ。



だと思ったさ。

人型ロボっつーだけでホイホイと食いつきやがってよー。

あめえ。

甘めーんだよ、みんなよ。

ガンダムよか弱そうだからダメくらいの事ビシっと言ってやりゃいいんだよ。

なんだガンダムファン。ザクレロ並とか言え。


さて、チヤホヤされてすっかりいい気分のチョーシノリノリズムの
次のロボにくっつける人形をやるっつー話があるんですが
モグリンチョはずいぶん前から子供を出したがっております。

でも下手に子供出して昭和舞台だと、そういうだっさいノスタルジイに
逃げてると思われそうなので慎重なんすが、こないだ買った資料本に
ナイス子供写真あり。俄然子供出したい度アップ。

なかなか理想的な写真なのはいいんすが、こんくらいの子供なら
俺の方が可愛くなかったか?と思って、自分のアルバムを見てみました。



oreore.jpg

オランウータンの子供並に可愛いす。俺最高。




もうちょっと昭和臭いのないのかな、と思って探したら

oreore2.jpg

すげーな。カンペキじゃんか。貧乏ぶりが絶妙です。


もうちょっと表情ついてんのねーかな、と思って探したら

oreore3.jpg

おー、泣きべそ。



泣いた原因は

oreore4.jpg

シカ。



まあ子供時代は基本的に誰だって可愛いので、
もう少し個性が出ているような写真はねーかな、と思って探したら

oreore5.jpg

ウンコもぎ取られてます。

母親えらい。


ちなみに母子手帳の覚書に「晶次郎がオムツにウンコをしているが
『俺はウンコをしているけど誰にも教えねえ』と息巻いており、
会う人会う人『お前は嫌いだから教えてやらねえ』と言い
おばあちゃんには教えておくれよ、と言うとアヒルみたいに
オムツにウンコを入れたまま逃走した」という記述あり。
すでに人格、完成しております。3歳前だそうです。


というわけで、どうせ作ってまた雑誌に載るんなら、
可愛い俺フィギュアでいいじゃんかと思ってます。

なに、人の企画の私物化だと?

しょーがねーだろ、実際可愛いんだもんよ。俺。

oreore6.jpg

量産しちゃおうかな。
posted by サンダーロードスタイル at 03:58| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

でも必要

えー、追い込まれてます。仮眠モードです。月曜まで散歩も不可能臭いす。

それはそれとして、個人的にはまったく使い道が見えないミクシーですが
今日は素晴らしい写真を見つけてしまいました。

henni.jpg

今度の地底人の子供だそうです。

なに、見せるな?

いいだろ、別に。

どうせ見に行くヤツなんかいないの知ってんだ俺は。

しかしさほど味わいはないですが、公開前に子供写真から攻めてくるのは
ジェダイの復讐以来じゃないすか。当時女性週刊誌まで、死ぬほど可愛い
イウォークの赤ちゃん写真、って載せてましたかんね。全然可愛くねっつの。
丸焼きにして食えるっつの。それにしてもディセントが凄かったからな。
どこまで地底ムービーとして頑張るか見物です。

ところでパーマンを見るのはヤメました。もうそんなん見る金ない。マジで。
メーメン3見るまでチンガーがダメでもまあいいだろ、と思ってたけど、さすがに
別監督の見たら、これほどまでに前2作を作ったチンガーはウンコだったのかと。
一般的にはどんな評判なの?って珍しく他人の感想とか見てみましたが
そりゃもうスゲーす。いいよなー、バカで。ウンコ食っても、エヘエヘヘヘって
食えちゃうんだからな。幸せもんです。

マジメな話、エックスメンの本質である偏見と差別と誤解が生み出す暴力や
悲劇に対し、理想を抱いて解決に挑む鬼子、という図式を描けたのは
今回の3だけですかんね。超能力合戦なんかどうでもいいんす。
ほんと、6人が並んだシーンはマジでグっと来ました。
これがちゃんとスコット率いるメンバーならもっと良かったけど、
それはみんなチンガーが悪いんす。というわけでバカチンガーにはもう
ビタ一文払わん!…以前に普通に金欠なので、パーマンは見ない予定。

なぜ金欠かというと金を買いました。カネじゃなくてキン。
もっとも安定した財産保持は金だ、フォアナインだ。

kinka1.jpg

おおー。

kinka2.jpg

100円もすんのに、このダイキャストのカケラだけかよ。おじさん悲しい。
しかもこのインゴットはシークレットだそうです。いらん。
俺が欲しかったのは小判。小判プリーズ。

ちなみに刀舟先生は、こないだアヘンの横流しをしている役人の家に押し入って
強奪したアヘン塊を突きつけ、「こいつを買ってもらおうか」と詰め寄りました。
やっぱ先生もね。
暴れるにしても資金がね。
こういう時に稼いでおかないとね、と思ったら
「てめえの命でな!」と結局斬り殺してました。
世の中金じゃねーってことですよ。
posted by サンダーロードスタイル at 00:32| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

チャウ系

先日は打ち合わせの帰り、お借りしてた彫刻のDVDを返却するため
グレイクレイの真辺氏と昼飯。次回WFで出したいラフスタチューの
話とかしてたんですが、やっぱり特別なフォーマットはなし。

「それがね。ええんよ。」と言い張るブロンズ粘土のヘラ心地の魅力は
なんとなくわかったんすが、その後も収縮は大きいし、石みたいになって
輝きを失っただの、デメリットもかなりある。どうもいまいちそれを使うと
グーだ!と言い切るだけの決定的要素が見えてこないわけです。

俺なんか別にラフだったらどうでもいいし、運搬や反転の事を考えて
別素材でもいいと思うので、ダイソーの100円ふわふわ粘土で
いいんじゃないすか?というと「俺はファンドとかダメやねん」だそうで。

ああ、紙粘土みたいな感じが苦手なのはなんとなくわかるな、とおもってたら

「なんて言うの・・・土系?」

「土系!?」

ドケイじゃないです。ツチケイだそうです。

初めて聞いた。また何言ってんだこの人は。

陶土とか?レオンクレイみたいな事?ローマクレイではないんだよな…?

あ!わかった、つまりヘラを当てた時なんつーか、シャリーって
少し粗い砂が混ざってるみたいな…

「んー、シャリーは、ちゃうかな」

「・・・・・・・・・・」(←俺)

とにかくブロンズ粘土がいいんだ、と。だから試しに使ってみろ、と。
頭で理解せず体で感じろ的な感じがしてきたので、もう買ってみることに。

それを扱ってるのは世界堂。ちょうど立川に行くんで、そこで探して
買ってみますと出向いてみたものの、どうもブロンズというか
土系がない。あれ?ないぞ?ならば、と電話で聞いてみようとするも、不在。

じゃあまあ高いわけでもなし、ブロンズって書かれてるそれっぽいのを
買うか、と2種。それと見た事ない試してみたい感じのを1種購入。

sekaido0.jpg

買い終えたところで、折り返しの電話がかかってきたので
「アルファークレイってヤツすかね?それくらいしかないすけど」
と聞いてみたら

「ちゃう」(←アッサリ)

sekaido.jpg

どうも立川では品揃えが鈍いようで、今度新宿出た時に探します。

というわけで、無駄に購入した分、ちょっとザックリなんか作ろうと
思いますが、すぐには無理なので合間を見つける予定。
まあ他に誰もやんないと思いますが、後でブロンズ系の使い心地レポートします。



ちなみに、次回WFですが、現在グレイクレイ、モデリズムと
サンダーロードスタイルで、版権無用のオリジナル系3ディーラーが
固まってる形式をとっており、前回で2卓を借りてましたが
次はさらに強力なオリジナルディーラーの参加が決定し
3卓で申請しています。まだ結果出るまで発表してもアレなので
後ほど正式にアナウンスすると思いますが、3卓はなかなかでかいす。

しかし4人が4人、全員違う方向を向いているのは結構なことなんすが
サンダーロード以外は全員、オシャレな感じがしております。
チンプラなのはサンダーロードだけなので、くれぐれも誰彼かまわず捕まえて
地獄日報と印象が違いますよね、と声をかけないように。
完全に地獄日報の通りの人物がワタクシでございます。このやろう。
posted by サンダーロードスタイル at 04:47| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

ご鑑賞

見てきました、メーメン3。

1作目は圧倒的チンガーぶりが爆発で悶絶でしたが、2作目で
どうにかまあ、んー、時間分はなんとか(レディデスストライクが)
楽しめたものの、決してヨシとはならなかったメーメン。
ソフトを買うなんざもってのほかです。

ファンの間でも賛否両論の意見だそうですが、言っちゃなんだが、
自称アメコミファンってのは…オツムのネジが…

とにかく英語無用、アメコミ無宿の俺が結論からズバリ言うわよ。


100点です。

なに?

異議アリ?

このやろう。

じゃあ読むな。

俺がフレンドリーなジェントルマンだと思うなよ。

小指の爪、割ったろか。消すぞ1話目。これでも見とけ。

memen.jpg
3、あんのか?


さて、内容の感想ですが、まずその片付けぶりの素晴らしさ。
手練れの引越し業者か、と思わせる素早い梱包と運び出し。

チンガーのイモキャスティングでどうにもならないスコットをまず抹消。
続いて絶対にふざけてるとしか思えないマジメ度ゼロのハゲ頭を蒸発。
可愛く育つ可能性は最初っからなかったのに何故キャスティングした、の
ローグも途中退場。さらになんでそんなメイクにしたんだっつー
ミスティークはダメメイクを引っぺがして魅力万点の丸裸でサービス。
そして勘弁してくれっつー、干からびた靴みたいなジーンはクリーチャーに。

とにかく前任のアホ監督の残したダメな部分をチャッチャと片付けます。
それでも磁石&ヒヨコジャックマンだけは残さなきゃ話が進まないんで
残しますが、これでもかっつー腰抜け演出でカバー。やるなラトナー。


そして再構築ぶりのナイスぶり。
コミックを完全にナメてた前作までのキャラと違い、真っ向からコミック通り作った
ハンクマッコイは完璧で出番も多く、新キャラのキティは口開けっぱなし系で
可愛いとか可愛くないとか以前に保護が必要な感じがよく出てます。
ヨダレを誰か拭いてやれ。
さらにジーンズで羽根で、結局おミソの完璧なウォーレン。
パイロ如きに負けない顔芸重視のボビーと、かなり良いサジ加減。

まあそういうズッコケはさておいたとしても、前2作があるというハンデを
ものともせず、エックスメンの持つ本質的なテーマに「画面」でアプローチ
しているのは、成功と言わずしてなんと言うんすか。これ見てイマイチだなと
言ってるようでは山田プー太郎のクルパー超能力合戦で十分です。

しかも今回のはバトル的にも6対100。負け戦。
なのにジャガーノートを正面から扱い、ハンクも大暴れ。文句なし。

マジメに特筆すべきは、リーチを守りきっている点。これはどう考えても
コミック的に正しい演出だと思いますけどね。他のはみんな死んでも
死ななくてもどうでもいいキャラだし、仮に必要であればどうとでも後で救える。
でもリーチだけは今回、救いを与えるしかないですかんね。
プロット上、純粋な犠牲者は彼だけです。
そういう意味では感心しました。ああ、バカが作ってねーな、と。
偶然かもしれんすが。ま、運も実力のうちだかんな。


ラストファイトも多少のズルはあったとしても、ブラッドタイズの
延長にあるイカすローガン演出でよかったんじゃないすかね。
もうちょっとズタボロにしたかったんでしょうけど、あんましやりすぎると
レイティングもあるだろうし、一瞬だけそういう演出で気を晴らすみたいな
ゴアシーンもあるので、ここは製作者の苦労を察してあげるしかないす。

ヨボヨボの磁石はこないだ見た横丁へよーこちょのアホの坂田と
同じバトルぶりで、ほんと監督の悪意というかイジワルというか
だったらこの路線でまとめるぜ、というスタンスが感じられてグー。

だいたいそもそも、あのスコットがあれ以上画面に出てこれが実写版の
エックスメンだというのに耐えられる方がおかしい。
だったら消すのが正解でハゲも赤毛も他のイモキャスティングも含めて、
ざざっと掃除してのけて、くだらなくどうでもいい娯楽作に仕上げた監督に幸アレ。

ちなみに翻訳はカンジで、バカチン、というのはまさに名訳と思います。
posted by サンダーロードスタイル at 00:04| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

破れ録画

先日から始まった時代劇チャンネルの「破れ傘刀舟」

我が家では先生と言えば金八ではなく、刀舟先生に決まってます。

他に先生がいるなら呼んでこい。


で、この番組ったら昔から大好きで影響受けてんのに、毎回毎回
録画に失敗している何故か息の合わない番組。
で、今回の新たな再放送を知って以来、一ヶ月前から楽しみにしてて、
今度こそと満を持してセット。2階で録画、1階でリアルタイム視聴してたわけです。

sensei.jpg

くー、さすが一回目。先生は完璧な暴れぶりで、冒頭の傘を上に投げて
3人斬り倒してから傘キャッチとか犠牲になったチビッコへの泣き演技とかパーペキ。

最後のボス朝雄ウッチーが片目な悪党なんですけど、いきなりミゾに蹴り入れて
二つに折れたところ「ギヤマン製の目玉だ受け取れ!」と無理矢理
ふさがってる目の穴に、ガラス玉をねじ込んで、さらに居合の要領で
刀を突き出し、なんとその柄頭でガラス玉を猛プッシュ。しょえー。
眼底出血どころか脳まで行っちゃったんじゃない?と客が思う間もなく
バッサリ斬り殺す鬼コンボ。100パー何されてるかわかんないうちに
死んだな、ウッチー。嵐です。

それでも先生曰く、相手の方が「人間じゃない」そうです。
さすが先生。一生ついていきます。

先日のディセントも30匹くらい化け物出てきてたけど、刀舟先生を
吊るしてヨッコイセと洞窟の中に降ろしたら、半日で一掃です。
とにかく俺が知ってる限り最強の人物の一人でサイバー化した
ジェイソンでもたぶん殺せます。

これから130話残らず録画すんの楽しみだなー。
今放送している続編の「破れ奉行」は順調に録画してるからな。
錦兄ィはずっと俺のもんだぜ。やっとこの日が来たんだ。
と大喜びで見終えた後、2階に行ったら…なんも録画されておらず。





な…(←再放送なし)


ならあー!だらぁーー!!(←大暴れ)


と珍しく冷静沈着を標榜するこの俺様に、行き場のない怒りが爆発し
我を失い右往左往。そしたら、そのままドアの角に足の小指をたたきつけ

本当に

誇張ゼロで

発狂するかと思いました。

怒りと痛みで。廊下を転がり回った。マジで。

どうしてあんなにスゲー衝撃を受けて、足の小指は粉砕されないのか。

骨折しない方がおかしい。

そしてなぜ俺はここ一番で凡ミスをするのか。

愛情が足りないわけではないと思うので、だったらちょっと足りないのは脳か?

それにしても痛むぜ、足の小指。

俺の肉体の中でもミニイルカ並にとびきり可愛い足の小指。

チュバっとしゃぶったら、ミルク味がするんじゃねーかっつーくらい可愛い小指。

あんまし痛いので見てみたら

koyubi.jpg

ツメ、バッキシ割れてました。

お見舞いをしてくれる方がいましたら、どうか見舞いの品は
刀舟先生の1話目で。
posted by サンダーロードスタイル at 04:26| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

タイマチング

やっぱ疲れがたまってたようで、ちびっと心臓に?な感じがあり
こりゃまずいなと寝てみたら、寝るわ寝るわ14時間。実に3日分。
3日間眠りこけてるようなもんです。やっぱ溜まってたか疲れ。

まあそれはそれとしてモデリズムが指摘する通り、余計な合いの手ばかり
考えてるのは事実で、最近使いたいフレーズは「臭い!この部屋匂うよ!」。

それはそれとして、メカトロチューブの今後の開発に向けて、これを読むべきだ、と
ゲッターロボをごっそり貸しておきました。次回、レトロ味がなくなって、
頭の悪そうな合体ロボが恐竜を斧でカラタケ割にしてたら、俺のせいです。



さて、先日のトーチ。

知ってる人は知ってますが、ヒューマントーチは何人かいて
戦前の初代トーチは人造人間です。


これ。

hto1.jpg

というわけで、顔はないんですね。ボーボー状態。

なので1分くらいで、光硬化パテで埋められるだろ、と。


で、埋めました。

hto2.jpg

実際には少し流れを作ったので、5分くらい。

でも、やってみるとパテ、意外に濁った色。

じゃあ、しょうがねえ。色塗るか。


で、塗りました。

hto3.jpg

こんなんオモチャ臭い方がイカスので、赤塗ってオレンジを
チャッチャと塗って5分。

いかん。ちょっとした遊びのつもりが10分もかかって予定外。

ちなみにマメ特と比べると


hto4.jpg


せっかくなので、ちょっとそれっぽい写真も。

hto5.jpg





hto6.jpg

なかなかいいんじゃない?


ちなみに、本当はこっちの方が好きで、昔は紹介ページも作ってた
トーチの相棒、トロ。

hto7.jpg

彼の場合、普通の人間で、放射線も浴びてないくせに、発火。
サーカスに売られてたところを、トーチが保護。以降サイドキックに。
で、確かバッキーみたいに途中で死んだような…あれ、卒業したんだっけな?

どっちにしろこんなくだらない事で20分近く浪費した俺に呪いあれ。
しかし裏を返せば、20分で出来ちゃったんだぞという俺に幸あれ。
posted by サンダーロードスタイル at 00:20| BPF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

ご購入

疲れました。
もともとここしばらく疲れ気味だったんすが、今日はワラシベモデラー
モデリズムがずっと頼んである余った新聞紙と、新鮮なナシの交換および、
若干の打ち合わせとビデオたっぷり貸しの為に訪れ、思いのほか長話。
毎度毎度我が家はお茶地獄なので、俺は10回くらい小便しましたが、
モデリズムは1回。ションベンデナスギズム。

しかし疲れるな、話すんのは。別に緊張する相手じゃないし、緊張する話も
してないんすが、会話という行為そのものが疲れるのかなー。
ほとんどふざけた合いの手しか入れてないような気もするんだけど。

でも疲れていてもこの腐れ日報は書かなきゃいけません。
たかがブログごとき、屁でもねーっつの。
多少ハナにつくだの、ちょっと引くだの言いたい放題言われてますが
やっちゃるさ・・・しょうがねえ。



fo1.jpgあーあ


昨日の打ち合わせで久しぶりに行った上野のヤマシロヤで見つけたんすが



fo2.jpgよっ


いちおう、1/18サイズなんで1個は参考に買っておきたかったんすよね。



fo3.jpgっこらしょ


トーチは売れないらしく、800円くらいでした。



fo4.jpgおっと


売れない原因は…



fo5.jpgフレイムオン!


顔。

じゃねーかな。どう見ても要らねーだろ、黒。


可愛くないので、後で光パテで埋めちゃって初代トーチにしてやる予定。

なに、初代トーチを知らない?

じゃあ今度見せてやろうじゃないすか。たぶん、1分で改造可能。
posted by サンダーロードスタイル at 02:25| BPF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

ご鑑賞

打ち合わせで出張ったので、ならば、とメー、パー、グエの3つのうち
グエ見てきました。毎日怪物映画を見る男。
前略おふくろ様。そんな大人になりました。
ちなみに昨日は帰ってから仕事しながら「マンシング」と「蝋人形の館」を
見てました。どっちも相当バカでイマイチでグー。

さて、グエムル。予告でほとんど冒頭の重要襲撃シーンが流れてたので
(なんも見てなかったら相当ショックだったかもだけど、流してんだもん)
もはや昼間のCGマッチングはそんなに凄いっつーほどの衝撃でもなく、
ジュラシックパークの方が驚いたなというくらい。
ただカメラというか撮り方が上手いシーンがいくつもあるので、おお!感はあり。

クリーチャー的には取り立ててどうというものではなく、肌表現のイマイチさや
単純なモーション付けの下手ぶり(とはいえ、十分常識レベルなのかもですが)
吐瀉物の味気なさ等、前日のディセントが怪物大好きっ子の作品なのに比べ
あくまで怪物をキャッチーな商売の要素として選択した感じがあって愛情はナシ。

guemul.jpg
こんな程度です。

ただグダグダの家族を主役にしているので、途中の脱線ぶりはなかなかで、
ダメ父ちゃんの説明が、残弾数を間違えるとかいう陳腐な描写以上に
その子供時代の説明話で「成長期にタンパク質が足りなかったので、
病気のニワトリみたいによく寝てた」とか素晴らしい説明アリ。
ああー、納得。
さらにこのダメ父ちゃんは最終的にホラー映画だったら完全に終了フラグが立つ
意識があるまま押さえ付けられ、直接脳にドリルという壮絶なピンチに
追い込まれるんすが、追い込まれるっつーか完全に刺されました。
しかしなんとそこから脱出。ドラマに復帰。
この状況で生きてたのは、レクターに自分の脳食わされてたレイリオッタくらいです。

オススメしてくれたビデオ師匠は、怪物映画というより怪物がいる世界での
ドラマと言ってましたが、まさしくそんな感じ。そうだとしてももっと気の効いた
遊びが必要だと思ったんすが、ツレアイに言わせると先日の黙って延々ギャーギャー
1時間殺し合いが続くより面白かったそうなので、まあ一般的にはこれでよかったのかも。
個人的にはディセントの満足度と比較すると…1/5くらいだったかなあ。
posted by サンダーロードスタイル at 00:32| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

ご鑑賞

久しぶりの劇場です。
えー、サイレントヒル以来。その前は…バタリアン4か…。
そんなんばっかですが、俺ならそういうヤツを信用するね。

さて、ディセント。意味は下降とからしいす。
というわけで無計画に洞窟に入り込んだ腐れビッチどもが、
地底人に襲われて追い掛け回される爆笑アドベンチャー。

冒頭からですね。もうビッチども死ね状態で、なんつーんすか
無用な機材を自然に持ち込んでネイチャー気分のヤツいるじゃないすか。
そんで、イエーとかホーとか大喜びしてるアレ。何が嬉しいのか、
手付かずの自然にズカズカと踏み込む事で満足する低脳人種ですよ。
絶対に死んで欲しいんすが、そこはご安心あれ。

全滅です。

titeijin.jpg

カサブランカでイングリッドバーグマンが画面にどアップで数秒稼ぐ
印象的なシーンがありますが、それ並にこの顔が数秒どアップです。


監督はドッグソルジャーのニールマーシャル。ドッグソルジャーでは
無駄に50分我慢させたら、その後は不死身の人狼軍団相手に
包丁一本で「かかってこいこの野郎!」ザクザクザク!(←包丁)
ギエー!(←狼男)ザクザクザク!(←包丁)ガブ!(←やっぱり死亡)の
ナイスバトルを展開させたクルパー監督。今回もバトルは完全に
素手でモミクチャ系。ほとんどセガールの距離。得物は長くてピッケル。
銃とか光線とかナシのウルトラファイトの新撮もんかっつー撮りっぷり。
ぐだぐだの揉み合いです。

期待の地底人は一応クローラーと称され(クレジットでですが)
ストーリーの進行上、能力は聴覚のみ。可哀相に。

目の前にドテビッチが居ても、黙ってたら気づけないんだなー。
足で踏んでも、それがエサだかなんだか判断する脳もないんだなー。
しかも調理しないで肉をバクバク食ってるらしいので、毛玉でも溜まるのか
無意味に、やたらダラダラとゲロを吐く。吐かせすぎ。
エイリアンの粘液とは違うっつの。まあ女優にも吐かせてたから
監督の趣味とは思いますが。

強さはガチでやりあって楽に殺せる程度なので、バトルランク的には
野犬よかちょっと弱いくらい。
でも習性はかなりプリティーですよ。
光を当てられてもまったく気づかず???みたいな感じで観察可能。
汚れビッチどもの100倍ピュアで、アレー?って周りを見回してます。
是非ナショナルジオグラフィックで1週間取材して欲しい。

能力的には、飛びつきんこの首ガブりんこ。ノドひきちぎりんこ程度。
対するビッチどもは、骨で即頭ぶっすりんこの、頭砕きんこ。
タイレル社長並に目玉に親指押し込みんこで殺しんこ。

内容はどうあれ、ひさしぶりに終わって1時間くらいはニヤニヤと
思い出し笑いが止まらない感じ、劇中3回くらいは歓喜の声が
上がってたらしいす。DVDで欲しくはないけど、久々に映画見た感じ。
このバカ監督の次回作は「DOOMSDAY」だそうで、
タイトル通り終末バトルらしいす。
次も未来人とモミクチャのグダグダでお願いします。
posted by サンダーロードスタイル at 01:23| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

モアブレイン

今日はまた悪魔の街ジンボ行きですが
切って返してなんとしてでも地底人ムービーを…

すでに2番館の最終日。ここで逃したらもう見られん。
しかしメーメンも、パーマンもやっており、多少なりともアメコミを
読んだ人間には逃げ難い状況なとこにきて、韓国の怪物映画が
面白いわけねーだろ、と思ってたらスゲー面白いと聞いたのでそれも
見ないと行けないし、はっきし言ってそんなに見られるわけねーですが
まずはとにかく地底人。非常事態にこそ、どうでもいいものを優先してしまう癖あり。
もうすぐ、もう1本の地底人映画もやるしな。

普通地底人ったらアンダーテイカーなんですが、アンダーテイカーったら
プロレスラーなわけで、プロレスラーったら馬場で、馬場ったら
グレートゼブラなわけですが、こないだ死ぬほど感動したゼブラのセリフ。
喧嘩別れした馬場が何故、ゼブラとなってタイガーを助けてくれたのか?

「それがそのまま答えになる。君は血みどろの天使だからだ!
悪魔の仮面をつけているが、その心は天使の優しさを持った人だ!
しかし君が名を告げていたら、僕は人気取りと思ったかもしれん。
名を告げぬ行ないこそ本物だ! つまりよほど君はみなしごのために
尽くしたいのだと、僕は悟った。10万ドルはみなしごのためだ!
君を死なせてはいかん。僕は立ち上がった!」

ババー!

本気で泣いたぜ。タイガー最高。タイガー、ああタイガー。ぼくの神様。

なに?お前は何を言ってるんだって?

すんません。時間がねーんです。混乱してるんです。
出かけないとまずいんです。
こんなもんを書いてる場合ではないのんです。
だから脳から直接考えてることを垂れ流しました。
だいたいそんなくらいの事しか考えてねーんだな。
posted by サンダーロードスタイル at 10:45| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

リアル作業場通信

雨は止まねーわ、薄ら寒みーわ、仕事は終わんねーわ、で
だいぶ追い込まれてます。外、全然出てません。
ちょっと時間あったら仮眠させてくれ。

おかげでたぶんカミタマンは今日中に見終わっちゃいます。
タイガーも気を抜いたら40話も進んでました。100話しかないのに。


こないだ、なんでそんなに映像関係を見られるんですか?と
聞かれましたが、流しっぱなしですから。常に。
止まりきらない便所の水が如く、ずっとチョロチョロ流してます。

作業場にはモニターが2つあり、VHS、DVD、LDとそれぞれ繋がり
分配器で2方向から映像を流せるようになってます。

問題は音なんすが、夜中から明け方にヒートアップする作業なので
大きい音はご近所迷惑。ヘッドフォンで聞いてます。

しかし立ったり座ったり、あっち向いたりこっち向いたりの作業中
コードはすげー邪魔ですから。

赤外線コードレスヘッドフォンを使用しとるんです。

mimi1.jpg

オークションとかで手に入る安いヤツすね。高くても2000円。
場合によっちゃ500円とかで売ってます。単3電池で…2週間以上はもつかなあ。
しかも他の機器で使用して電池不足と出た電池を使ってそれくらい。


とにかくこいつがないと作業不能。自分には絶対の必需品。

なので予備を

mimi2.jpg

ビシっと用意してます。ちゃんと。



こいつの発信機を、部屋の端にセットすれば

mimi4.jpg

よほど机の下にでももぐりこまない限り(よくパーツ落としてもぐりこんでますが)



赤外線ビームが!

mimi5.jpg

俺に音声を運んでくれるんだぜ。

格安で。


というわけで、作業場では常に映像が流れているという次第。

場合によっちゃ画面をまったく見ずに数時間なんて事もあります。

でもこういう適度な気の散らせ具合が、作業にはいいんすね。

微妙に画面に気をとられちゃう映像や、流してる最中に便所行っても

全然気にならない映像もあるんで、そのへんは選び分けてます。

ちなみにスーパーどうでもいいすが、その赤外線発信機の反対側は

mimi6.jpg


ぶっちぎるぜ、俺、一生、中学生レベル。
(こないだ思いついて張った。後ろに電気のスイッチがあるんで、超邪魔)
麺がシコシコしてますねえ、なんてレポートを聞くとニヤーっとする
フレッシュさを忘れない男。で、追い込まれると意地になって日記を書く男。
posted by サンダーロードスタイル at 14:07| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

ボーイロボット

人生のというか生活の遅れを取り戻すべく、躍起になって仕事してます。

おかげで映像関係は順調に進んでますが、こないだのサンディエゴ土産でやっとこ

ビッグガイ&ラスティの全26話を入手することが出来ました。

で、またそれが・・・


面白い!


最高です。

bigguyanime.jpg

そうさな。

例えるなら

ゴジラ・ザ・シリーズ並と言ってよろしかろう。

なに、あのアニメゴジラを見てないとな?

大傑作なのに?

何見て生きてんだ。

世界中の80年代イモクリーチャー好き熱狂必死の名作です。

ゴジラファンには怒りどころか屁も出ないと思いますが。


で、ビッグガイの方はなんとそれよか数倍面白い。

とにかく描写が丁寧で、ビッグガイの出撃前にはメカチェック、組み上げ、
実装、補給、とパッパッパっときたところで、ついでにボディにバフもかけてます。
ぐっと来るぜ。ディスカバリーチャンネルかと思った。

さらに窓越しにラスティが聞こえない会話シーンを発見。口元をズームアップ。
ピピピピと解析ソフトもインストールされてんだな、さすがデカ頭と思ったら、
ラスティ自体は退屈そうにブラブラブラと、やけくそ口真似アテレコ。
全然読めてません。
絶妙のこども描写に、教育TVファンは後ろに倒れます。
ほんと、どうしてソフト化されねーのかなー。メカのムック出してくれ。

というわけでマジメに仕事中。

とにかく時間作って、金曜に最終日のディセント見に行く。絶対。
白くてヌメっとした地底人がカンカンになって、洞窟で主婦を追い掛け回す
話通じない系のバトルホラーです。
正確には違うかもしんないけど期待してんのはそのへんです。
posted by サンダーロードスタイル at 12:56| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

超腕利き原型師、奇跡の参戦

さて、常に凄腕の皆様に支えてもらって突っ走っております稲妻街道。

今回、また素晴らしい吉報を持って参りました。

いつもお世話になっております、自分が知りうる限りの
日本最高レベルのメカ原型師「真鍋正一」氏に!
ご協力いただける事に!

なんと

特侠のメカです。

1/18で。


ずえー、すげー!


何をお願いするかと言いますと、

特侠の支援機器の1つで、多機能型武装偵察システム、
「MARS」と呼ばれるロボットです。特侠隠語では「ロボ子」。
独立駆動式六車輪のシャーシを備え、溝や段差に対し
高い走破性能を誇り、上部ボディは各用途ごとに換装可能で
「攻撃」「調査」「輸送」と3タイプを使い分けるという設定。

そんなメカを製作していただける運びとなりました。
上手くいけば、冬のWFにはGKとして商品化可能です。おおー!


ここを覗いてて知らない人はいないと思いますが、
一応言っておくと、真鍋正一氏と言えば、知る人ぞ知る、です。
ほんのご挨拶に配る自作レジンメカがアルファロメオスピナーでした。
ポリススピナーでキャーキャー言ってるアマちゃんどもとは
2味違う。これを解っていると言わずしてなんと言う。

メカ関係はさっぱりな自分でも、手にとった途端に驚いた
コナミの食玩サンダーバードシリーズのメインは氏の手によるもの。
エレベーターカーから始まってサンダーバード系はカンペキ。
このラインはおかしいでしょ、とケチをつけてみたらそれは別原型師。
その後もシドの密度とバランスとか、スカイダイバーやインターセプターの
素晴らしく血の通った3次曲面は絶品どころの騒ぎじゃないす。

こういう事言うと、誤解があるかもしれんすが、
立体が解っている人ほど、氏の評価は高い。
特に自分の周囲で俺よりも上手いな、という原型師は
必ずホメますもんね。本物中の本物です。そんな凄腕のご協力。
超力招来です。解る人だけ、俺と一緒に小躍りしてください。
ぼかあ、幸せもんだなあ。


というわけで、冬のWFは、1/18の「トップク」GK。

同サイズの「MARS」のGK。

そして展示の華は夏を超える「モデログラード模型工廠」との合作ディスプレイと

1/18の「ロケット仁義VSグリゼルダ最終形態」のバトルジオラマ。

さらに「特侠ノススメ」の売れ残り。

と、盛りだくさんで参加する予定。

場合によっちゃ1/6でも動きがあるかもです。

しかも今度はグレイクレイ発信のラフスタチューにも参戦。

あ、そうだ。コブラ会も逃がすわけにはいかん。



というわけで、相当派手になるといいすが、そういうのを抜きにしても

真鍋メカの参戦は、ファンとしてただただ嬉しい限り。

ああ、早く1/18関係、並べてーなー。
posted by サンダーロードスタイル at 05:18| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。