2005年12月27日

野望のおゆまる王国

リクエストというか責任があったので、おゆまるテスト報告を。
型想いとの比較ですね。
キャストや噛み合わせはともかく、あくまでスカルピーを入れて
焼いちゃうのはどうか、というテストです。



まず最も重要な印象度においておゆまるの方がいいです。
印象度ってのは・・・まあつまり、細かい部分まで型がとれます。

高温での反応、これもおゆまるの方がいい。
型想いは温度に対して少々耐性があり、ほんとに100℃じゃないと
なかなかいうこと聞いてくれません。
おゆまるは90℃程度で加工容易。

当然そうなると作業時間や作業のしやすさも圧倒的に
おゆまるの方がいいですね。比較的低温で反応し
かなりの形まで対応できる。柔らかいので細部に行き渡る。

型想いはその逆に近いです。
非常によく似た(っつーか同じ)素材なんですが、
微妙な使いやすさで大きく差が出ます。
(混ぜる事も可能っぽいですね。メリットはともかくとして。)



で、スカルピーを入れて焼いてみるわけですが
基本的におゆまる面は断熱状態になるので、凹型に押しこんだ
スカルピーが上面になるようにして焼いて
120℃15分までは大丈夫です。それ以降は知りません。
といっても、端にあたるところや、もっとも発熱部(天井等)に
近い場所はブジュブジュと溶けます。
けど、それは固まるとまったく問題なく再利用可能。すげーな。

ってこたー、流し込んでも行けるってことですね。
粘度高すぎて行き渡らないとかはともかくとして。

というわけで、型想い750円に対し、同量のおゆまるは200円。
でも色が違うと見えづらいので、同じ色をまとめるとしても400円。
値段も性能もおゆまるの方がいいと思われます。

型想いの持つ弾性とでも言うべき強さがなんか利用度を
見つけられればそれぞれ用途に応じて使えそうですが
二回試した限りはおゆまるの勝ち。

ちなみにスカ入れて焼いたあとは、水に放りこんで急冷。
あくまで仮焼きなんで、その後慎重に抜いたスカを
追い焼きしないとダメです。
完全に冷却した後、カッター等で切りたいとこですが、
丈夫過ぎてそれは無理。力はいってまだ弱いスカ部分を
破損してしまいます。実際1個割ったっす。

というわけでおゆまるレポ、こんなもんでどうでしょう。
posted by サンダーロードスタイル at 22:01| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

日報休止のお知らせ

えー、そろそろ本気で脳みそを使わないと
まずい時期に入ってきましたんで
このバカ日記はしばしお休みします。
気分で書いたり休んだりはできないタチなので
やらないとなったらズバっとストップ。

もちろんその間、ビシっとやることやってますんで、
復活後は、ああこんだけやってたんじゃあ仕方ねーな、と
思っていただけるくらいにガツっとエンジンかけて、
くだらなくてカッコいいものをやります。乞う御期待。
とりあえず正月明けくらいまでスポっと忘れていただく方向で。
posted by サンダーロードスタイル at 01:03| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大長編マンガ日記

21世紀です。
昭和を生きた人間には完全に未来。携帯電話なんか相当凄いことに
なってますが、子供の頃とイメージが違ってるのはそういう先端技術に対し
興味が出ないどころか、かなり鬱陶しいと思うようになったこと。
うー、携帯ウゼー。未来ウゼー。使ってる自分がバカに思えてしょーないす。
当然パカーっと口開けて道端で画面見入ってる人間は俺のデスレース自転車で
轢きます。歩きながらメールを素早く打ててるのは1点。モタモタしてるのは20点。
というわけで現代を象徴する技術すが、持つのやめようかなと考えちゃうくらい嫌い。
役に立つのは出先でウンコするとき、ヒマ潰しの魚雷ゲームする時だけじゃねーか。
まったく素晴らしい新技術なんか全然生まれねーなー21世紀はよー



思ってたら

ありました。

これぞ未来のシステム。

オンデマンドコミック。

注文したら一冊から印刷。

すっげー。

完全にドラえもんの秘密道具レベルじゃん。

危うくオンデマンドという言霊をエロ方面に

奪われそうでしたが取り返したな技術方面。


いちおう注文してから2週間かかって1200円くらい。

決してハイそうですか、というお安さではなく

たいていの古本よか高い微妙な価格設定。

真価を発揮するのはあくまで入手不可能本に対して。

で、当然、注文ですよ。

何をって、決まってます。

高くて買えなかった赤塚不二夫DVD‐ROMの中で

最高に気になってたフジオプロでも珍しいベースボールコミック。

これ

kq1.jpg

おお!夢にまで見た!

kq2.jpg



宇宙から来たボール型生物が野球の下手な少年の元に

kq3.jpg



家に帰るとボールがでかくなっている!

kq4.jpg



しかもウンコすると元の大きさに!

kq5.jpg



そしたら燃費が悪く、めちゃくちゃ食うことが判明

kq6.jpg



暴走

kq7.jpg



さらに暴走

kq8.jpg



変形を繰り返した結果、当然アカツカはここまでやる

kq9.jpg



あげく、友人のバットマンが登場

kq10.jpg



しかし

kq11.jpg



またウンコネタでした。しかもゲリ。

kq12.jpg



最終的には野球の話に戻り怪球マンは宇宙に帰ります。

途中でも袋の中に入った怪球マンが出られないままゲリとか

すばらしくちびっこのハートをくすぐるネタの数々あり。感動。

王道とアカツカの接点に、改めてその力量に感じ入った次第であります。

こうなったら谷岡ヤスジの野球マンガも・・・いや、それはないか。

とはいえ日本でも屈指の大作家の1人の作品なんで、

今後、どマニアックな作品がこういうシステムに乗れるかどうか

微妙なとこですが、たまに試してみる価値はありですかね。

製本はチャチくてもそこは気になりません。
posted by サンダーロードスタイル at 00:00| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

第一宇宙速度の投げ売り

ザスーラでも出てましたが、やっぱ宇宙飛行士はいい。

カッコよろしい。

なんつーか、グっときますね。

当然、我が家にもアストロノーツ降臨させたくなるじゃないすか。


BGMはもちろん、ツァラトゥストラはかく語りき。

thing2.jpg

じゃなかったら、スタートレックの映画第1作。

やっぱ逆光が似合うぜアストロノーツ。たとえ蛍光灯でも。しかも和室の。




thing3.jpg

すでに3回アタマぶつける邪魔具合。


で、飛行士は誰かといえば、当然



thing4.jpg

ノーボーダー。カップヌードル。

年末投げ売り300円。
posted by サンダーロードスタイル at 17:46| BPF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

ご鑑賞

【ザスーラ】

この映画を見たいと人に言うとジュマンジジュマンジと実にうっさい。
そりゃ確かに続編だろうけれどもさ。ジュマンジはあえて話題に出す映画か?
俺ジュマンジ大っ嫌い。あんなツマンネーの屁も出ないっつーの。
まず、それはなかったことにしておけ。

で、珍しいレトロフューチャーデザインのゲームの実写。
という判断で言えばロケット背負いバカ一代の俺だったら劇場で
具合を確かめておかないといかんだろ、という理由以外ない。
うるさいっつーの。いちいち説明すんのメンド臭いっつーの。

で、内容はゼロで、またしても2時間苦痛だったものの無駄に頑張る
ジョンデブニーのスコアと、スタンウィンストンのとこが作った宇宙の
ゴミ収集トカゲ人間とロボットは、まあそれなりに。しかし今回も
まったくセンスのねー訳で、面白くないから別に腹も立たないものの
面白かったらふざけんな字幕!と怒るようなヘボ字幕。石田泰子。
トカゲ人間はZORGON。それをゾーガン星人って呼ぶ。象嵌か。

てめ

ゾルゴン人

に決まってんだろが。安SFをナメてんのか。ネブるぞ。なにが星人だ。

でもねー。そういうサジ加減がわかるヤツが仕事してるって事は
ほとんどないんすよねー。世の中には関係ないんすよねー。
どうやら原作絵本の翻訳者で、たぶん詩人系のパルプカルチャーとは
絶対無縁の人に優しい塗料で塗った木のオモチャとか大事にする
ヘナチョコ(←偏見)がゾーガンなどとつけたのを踏襲したらしいんすが、
そんなイモ仕事ズバーっと踏み潰せっての。
映画字幕ったらよー、響きだよ響き。もっとビシーっと一発で摺り込まれねーと
いちいち気になんだよ、ったくもーセンスねーなー。
まあこれでそのトカゲ人間がゾルゴン人の名に恥じない暴れぶりならば
俺も本気でゴリップクですが、まあゾーガン臭いっちゃ臭い、イマイチどころか
イマロクくらいの活躍度(ほぼ歩行のみ)なんで、いいやゾーガンでもな。

というわけで映画館で見なければ絶対途中で放り出すレベルですが
映画館だったので最後まで見られました。ゾルゴン人のレトロシェイプな
ロケットとかは嬉しいしデザイン的にやっぱしこの路線はカッコよろしいと
確信できたのでそれだけでも十分です。

そんなことより、スーパーマンリターンズの予告。
「人類は導く者がいれば、ちゃんとすると思うからお前を送った」という
お願いだから間違った訳であってくれ、なセリフあり。もうガックシ。

バカ正直な田舎の農夫が真直ぐ育てた良心が世界を救う話ならともかく
異常な能力を持ったエイリアンが内政干渉目的で送り込まれた話に
されてんだったら、まずニュークリアマンと戦ってからこい(※)カルエル。

※ DCユニバースにおける「顔を洗って出直して来い」の意
posted by サンダーロードスタイル at 00:04| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

ちびっこ裁判物語

ダーマン。到着してます、ダーマン。
これに希少価値とかどうとかそういうのはホントどうでもよろしい。
直撃世代には、流通してたダビダビのビデオと発売1本分以外で、初の再見となる感動作。
一体どれくらいキレイになってんだ?と思ったら・・・たいしてキレイになってねーな東映。
でもまあいいや。見られるだけで恩の字よ。

自分なんか、栄光の74年をリアルちびっこで過ごせた幸福世代なんすが
スパイダーマン放送の78年ともなると、もう特撮番組なんか見なくなってきてんすね。
基本的に男の子はそういう子供番組の卒業が早い。小学3年にもなってライダァァ!トォ!
なんてやんないんじゃないすか。少なくとも俺はやんなかった。野球とか始めてたし。
けど、スパイダーマンだけはなんでしょうね。熱狂的に受け入れました。バタ臭さかなあ。
もったいぶったワケのわかんない微笑ましいけど物悲しい展開とスジの通らぬパワーに
完全にノックアウトだったらしく、我が家はオモチャめったに買ってもらえないんすが
メゴのスパイダーマンの日本版、買ってもらって大喜びでスパイダープーリーで
部屋を横切らせた記憶あり。あとは何をするにも「スパイダー○○!」と叫んで行動し
特に学校で普通にあっち向いて立っている(罪もない)同級生の短パンを掴んで
「スパイダーパンツおろし!」とフルチンまでドカーンと下げた経験あり。

当然、その後、学級会議ですよ。
サトウ君カンカンでしたからね。訴えてやるー!状態。

ちっ、こどもの分際で裁判かよ。すぐ徒党を組みやがってよー。
なーんてタカくくってたけど、もー、複数の目撃者が
「カサイ君がぁー、スパイダーパンツおろしとか言ってぇー、いきなりー」
なんて詳細に証言しやがるわけです。女の子なんかはクスクスと嘲笑です。
そんでみんな口々に「それはいけない事だと思いまーす!」なんて言いやがるわけです。
もうみんなTVのヒーローごっこなんかしない時期にですからね。相当晒し者。
恥ずかしいやらなにやら、俺はなんでこんな事で吊るし上げになってんだ、と
学校、いますぐ爆発しろ、とか思いましたね。海馬弱いわりには、ハッキリ記憶してます。

そういうわけでなかなか感慨深いDVDですが、噂のオマケ小冊子もずいぶん気合入ってます。

しかし!

愛情の面で、これを超えるものではなかった。

derman.jpg

昔、頼んで買って来てもらった同人誌。

これは凄いす。ファンのパワーに呆れます。
これを見る限り、やっぱ仕事でやってる人はファンには勝てないというのを痛感です。
ま、今でも手に入るかどうかわからんすが、ダーマン好きは必携。
としておこう。
posted by サンダーロードスタイル at 02:06| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

お年賀びんびん物語

年賀状の季節です。もう皆さん書きましたでしょうか。

って、書くわけねーだろ、何言ってやがる、このノグソ。
だいたいなんなんだこの習慣は。廃れてよい。面倒。無意味。
1年に1度くらいはご挨拶って、1年挨拶してねーなら
一生挨拶せんで結構。真の友なら10年不通でも一日が如き
旧交再沸間違いなしなので、これまた無用。
だからまかり間違ってもここを読んでる方は、
ワタクシに年賀状なんぞ出さないように。

とは言うものの。

俺と違ってツレアイは普通の人間なので、年賀状出すそうです。
まあおかげで郵便局ついてって正チャン切手を発見する
キッカケになったんだからあながち年賀状をクサすのもアレですが。

そんでなんかたまには年賀状の柄で造形物でも作って欲しいなんて
話になって、そんじゃあたまにはやってやるかと安請け合いしました。

で、こないだこしらえた上州神農會のマスコットとなる
地獄のキューピーブラザースの素体を利用して
HPより一足早いキャラでデッチ上げることに。

こんな感じ。

jigoq1.jpg


サイズはソニーのなんたらキューピーと同じサイズなので
(ちゃんとボディも作ってあるけど今回の為には面倒なので塗ってない)
せっかくだから、そのボディに乗せてみたら


jigoq2.jpg

おー。才能あるな、俺。

お前の得意なのは筋肉ニクニク系じゃねーのかよ。

燃える男造型じゃねーのかよ、ガッカリだよ、とお嘆きの御貴兄。

いや、俺、可愛い系得意。大好き。

相変わらず色は苦手ですが。

ちなみにホンモノのボディはこんな感じ。

jigoqp1.jpg

フンドシキューピーです。

もう完成させて複製もとってありますが。

で、地獄のキューピーブラザースは来年登場予定。

乞御期待。
posted by サンダーロードスタイル at 01:59| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

谷口サマサマ物語

このところマンガを読むことが多いんですが、マンガは個人で挑める最高の
表現媒体だと思ってます。だからけっこう真剣に読んでます。
でもなかなか満足の行く新刊は少ないわけで、読み終えてため息が出るような
体験というのは、ほとんどない。けど、今回は久しぶりにそれを味わいましたね。

谷口ジローの新刊「シートン 第2章―旅するナチュラリスト」

いまさら谷口ジローの凄さを語るなど愚の骨頂のイモにーちゃんで屁がプップですが
進化してんだもん、御大。年を追うごとに表現力が素晴らしくなっていく。
まず絵柄。動物への造詣の深さ。まさしく脂が乗り切ってるといっていい見事な描き分けで
ヤマネコの体型と躍動感に痺れさせられますが、今回それより何より、背景がね。
いいんですよ。どうしてこんなにチョイスが上手く、空気感まで描けているのか。
背景を設定するというのは生半可な感性じゃ出来ない仕事で、毎回絵画を書き出すが如き
労力を強いられる厳しい部分だと思いますが、もうお見事の連続。なんて素晴らしい感性か。
そしてなによりその圧倒的な背景より素晴らしい、展開。その漫画的アレンジ。
わかってても、息を飲みました。素晴らしいページ配分です。まさに娯楽。
知性と教養と技術と経験とが渾然一体となって織り成す大衆娯楽としての完成度。
読み終えてしばし呆然としましてね。本を閉じてまあ気分を変えてメシを食ってたら
ぶわーっと涙が込み上げてきました。久しぶりの泣きメシ。大人がやらなければいけない
ある意味汚れ仕事に近い、辛く厳しい現実の突きつけを、こうしてやってくれる人がいる。
シートンの感じた想いを、きちんと理解してそんで現代に再び、それも正しく
再構築出来る人がいる。でも読み終えて直後はそんな影を微塵も感じさせない。
俺が谷口だ!的主張はゼロ。登場人物のことしかアタマに残らない。物語だけ。
けど、その全てが谷口ジローの手によるものであることを体全体が感じている、
圧倒的な安心感みたいな。そんな感じの満足度。こういう作家が頑張っているだけで
俺みたいなペーペーは元気と勇気まで分けてもらえるわけです。得、し過ぎだな。
posted by サンダーロードスタイル at 03:54| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

カツヨシ男盛り

先日のカツヨシ、怒涛のデルザー日本攻略セット。(いま名づけた)

おそらく最初にして最後の5桁の大台商品でありながら


発注した 漢 在り!

おお!ホンモノ現る!

まさしく猛者!

発狂した漢じゃないですぞ。ちょっと似てるけど全然違います。


いやー、ぜひこれで車座というよりライダー車輪座で、

ブラックサタン壊滅記念、日本攻略開始祝賀パーティーを

開いていただきたいもんです。

そしてパーティー始めてすぐ「ふん、リーダー気取りか」とか

デルザー名物、足の引っ張り合いでモメまくっていただきたい。




全然関係ないですが、本日タラバガニが送られてきました。

特大サイズで壁の時計かっつー大きさ。メインの足なんか

子供の腕かっつーくらい太い。親の実家が新潟方面だったんで

カニっつーとズワイガニが基本だったんで、タラバ初体験。
(忘れてるだけの可能性大すが)

しかし、でっけーなタラバガニ。

表記は3.8キロ。実際はそんなにないと思いますが

イメージとしては完全にこれ。

kanijujin.jpg

でかすぎだっつーの。
posted by サンダーロードスタイル at 02:57| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

カツヨシびんびん物語

またしても売り物(ちゃんとしたGK)がなさそうな次回WF。

余裕があれば、1/6ヘッドくらいは複製できましょうが

今のところまーーーったく見えてません。

売り物にするかどうかはともかく、作る量的には

聞いたら座りションベンしてバカになっちゃうくらいの

量を作るんですが、全部展示なんでGKはなし。



そんな時こそ!


「カツヨシ酒造」再び登場。



なに?また補欠企画で卓の隙間の心配をしているな、だと?

それ言うなって。頑張ってんだから。

ホントは毎日造形物やデザイン画だけでこのブログが余裕で

埋っちゃうくらいやってんだぞ。小出しにすると面白くないから

バカ日記でつないでるだけで、ちゃんとやってんだ。

でもほら、人間なにがあるかわかんないから補欠も必要。

大人の判断だっつーの。



で、前回は信じられない事に、何種か同じアイテムを求める方が

おりまして、まさかそんな事になるとは思っていなかったので

買えなかった方、誠に申し訳ない限りでございました。

今回、売れそうなというか前回と似たファンの多そうな

ポピュラーアイテムは2本ずつ用意する予定です。

もし、何か予約したい方がいましたらメールいただければ

まだ予約製作は可能ですのでお気軽に。



ちなみに毎回毎回酒瓶ばっかじゃアレなので今回は

「大首領徳利&デルザー軍団マグカップ(8人分)」

しめてセットで1万円というのを画策しました。

しかもオマケで色違いの迷子、デッドライオンマグを付属という

サンダーネットタカタ状態。絶対的に安い。これは得だ。

しかーし。

ツレアイや知人に聞いてみたら、1万出すヤツはいねーだろ、と

アッサリ却下されました。

でもさー、マグカップいっこいっこに

「鋼鉄参謀」「ドクロ少佐」「ドクターケイト」「隊長ブランク」

「荒ワシ師団長」「オオカミ長官」「岩石男爵」「ジェネラルシャドウ」

って入ってて、それ車座に並べて「大首領」からトクトクトク、なんて

ちょっとしたライダーパーティー(←ない)には必需品だっしょー。

しかもデッドライオンは黄色のマグだぜ。絶対欲しい人がいるっつの。

つーか、1人いればいいんだ、と力説するも「持って帰るの大変すぎ」で納得。

というわけで、1万出しても欲しいというカツヨシ好きの猛者がおりましたら

お申し出下さい。
posted by サンダーロードスタイル at 02:08| カツヨシ酒造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

頚骨ぽっきり泣話

気にしてみてみると、トリケラ骨は意外と多いっつーか、

かなり商品化されてます。実際、大人気です恐竜。巷で。

で、先日発見したのがこれ、ボーンザウルス。200円。

honeza1.jpg

ホネホネザウルスの進化形かパクリかわかんないすが

どれどれ、と買ってみると

honeza2.jpg

おー、ルーシーリュー。

じゃなくてパラサウロロフス。すげーな弾丸娘形態。

他にも2つ買ったんすがトリケラ&ステゴのメジャーコンビ。

しかもこれボールジョイントでいろいろ組み合わせて遊べるらしい。

当然パッケみた途端に、オチが思い浮かんだから買ったわけです。

ついにトリケラ、二足歩行に進化!

とか。


で、ポキポキとジョイント外して、最後にトリケラの首を外そうと思ったら

プツっと軽い音。


honeza3.jpg

って、あー!


しかもボール部分が穴に残っちゃってるしー!


そういうわけで、こないだのゾイド組み立てで経験した、

「造型稼業にあるまじき、爪切りによるこどもレベルのパーツ切断」

に発奮して購入した、チビニッパー活躍。

honeza4.jpg

初仕事はボールジョイント、ほじくり破壊。

泣けるぜ。

結局トリケラ首がはまらないまま、いろいろ組み合わせたわけですが

完全にワケわかんなくなりました。

honeza5.jpg

何がしたいんだ、俺は。

カウンセリング受けたら、もう骨オモチャは買うなと言われるな。絶対。
posted by サンダーロードスタイル at 10:52| BPF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

ロイホびんびん肉話

人生それなりに過ごしていると、目標を失う時期というのがあるもんで。
当然、俺にもありました。もう仕事やる気なし。何やっていいかもわからない。
だからやりたい事だけやる。ほか知らない。昼間から酒飲むぜ(←下戸)状態。

とりあえず、昼間は映画を見まくりたいので(劇場で月50本見てたりして)
夜中のアルバイトを始めたんすがロイヤルホストの厨房で働くことに。
でもなんつーかそれなりにいろいろ仕事をやってたという思い上がりか、
なかなか年下ばかりの仕事場に慣れられずキリキリしてた頃の話。
ほんと、当時の俺はクソ野郎でした。


そんな中、厨房で一番顔を合わせる社員がいまして。10歳は年下。
その彼がですね。楽しそうに仕事するわけです。なんでこの仕事を選んだの?と問えば
ニコニコしながら「俺、御飯食べるの大好きなんですよ、だから美味しい物を
お客さんにも食べてもらいたいんですよね」ときた。でステーキを焼いてると
「この肉旨そうだなあ、これ食えるお客さんは幸せだあ」と、心底ニッコニコ。
オーダーがズラーっと並んで大パニック+人手不足の勝ち目ゼロの厨房で
「うわー間にあわねー!」とこれもニコニコしながら走り回って仕事する。
ほとんどというかほぼ100%目が吊り上る状況で、楽しそうに立ち回る。

もうビックリしたわけです。アタマでっかちでヘボ理屈ばっかしコネて
結局ロクなもんが作れない腐れ映像業界に比べ、なんて素直に仕事してんだ。
なんて楽しそうに生きてんだ。なんでそれが出来るんだ?と。
少なくとも、好きで楽しくやってる姿は見た事ない輝きを放ってたわけです。

こういっちゃなんですが、その若い社員は決してアタマが良いわけでも
天才的な料理の腕があるわけでもない。でも人間が楽しく働き、それが
前につながる姿を見せられたら、俺はもう自分がミミッちく思えましてね。

「これ人が見たら喜ぶだろうなあ」と俺自身が思えるモノを作っただろうか?
大パニックを引き起こすくらいの忙しさの中で、それでもやりたいことを
やらせてもらえている幸運を「楽しい!」と真直ぐ変換出来たことがあったろうか?
「素」の状態で俺はモノを作るのがこれほどまでに好きだろうか?

彼の背中にはそういう基本的なことを問い掛けるだけの、真摯さがあったわけです。

それから数年。

再び人並みに仕事も出来るようになり、自分の望んだものを作れるくらい
余裕が出来た今も、彼の話はよく出てくるんすね。物真似を含めて。
彼の姿を思い出し「どうよ!これいいだろ!」と胸張って出せる商品を
作れるよう心掛けてきたつもりです。だから彼の姿勢は頻繁に話題に上ってた。
ずっと話を聞いてたツレアイは、そこまで言うならその彼の焼いた肉を食ってみたいと
言い出し、先日ロイヤル本社に問い合わせて勤務店を教えてもらいました。


で、本日片道2時間かけて、彼のいる店にステーキを食いに行ってきた、と。
(長いな前置きが)

正直、チェーン店の肉ですから限界がある。
高い金でビシっと仕入れたナンタラ牛とは雲泥の差があるところで
輸送とか流通の都合によるアドバンテージもある。
だから値段相応の点というのはどうしても考慮しなくちゃいけないのもわかってます。
それらすべて踏まえた上で、彼が「うまそうだなあ、お客さん喜ぶだろうなあ」という
ステーキを食ってみようと、注文したわけです。
せっかく来たんだから、名刺くらい渡してあげなよ、というツレアイに
もし旨くなかったら、今後の付き合いはないからその必要はない、と
とにかく食うまで判断は保留という、ある意味ケンカ腰、勝負の状態で臨んだわけです。

で、食いました。

280グラムサーロイン。

結果は、お見事。

もうね、絶妙の焼き加減、文句ナシでした。
これぞ肉って感じで。ソースがなくても旨かった。肉の味がしたわけです。
正直、あんまし旨くて少しジーンと来た。
高級肉じゃないけど、肉のポテンシャルはその努力により
最大限まで引き出してると思えたわけです。なんつーのかな。
美味しんぼで言えば、コメツブを揃えて炊いたジーサンみたいな。

食い終えて彼に聞いたら、今日の来店を聞いてたので早めに出勤して
何時間も前から肉の温度調整をし、調理方法を研究し、マニュアルにはない方法を
用いて仕上げたんだそうです。すっごく緊張して、一発勝負だ、と調理したんだそうです。
その手間ヒマは間違いなく、味に結果として出てたわけです。その焼き加減は
あのマジメだった彼の無駄じゃない数年分が凝縮されていたと言って過言ではない。

彼と一緒に働いた期間はたった3ヶ月。

しかしその3ヶ月で俺は生涯忘れないだけの姿を見て、学ばせてもらい
そして今回生涯決して忘れないであろう成長の軌跡を味わえたわけです。

たかがファミリーレストランのステーキ。
チープで大衆性溢れる、気軽なチェーン店の料理が
俺の食った様々な高価で名前の売れた店の料理を蹴飛ばした
痛快極まる体験でした。凡百のステーキ屋が、果たして同じ肉で
どこまで出来るか。鼻で笑うっつーの。

結果で人を唸らせる。男はそうでなくっちゃ。
何年も経って再び出会い、成長したな!と思わせる男。カッコいいぜ。
また10コ下の人間に教えられました。俺も頑張ろう。負けんように。
posted by サンダーロードスタイル at 03:24| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

蜘蛛糸びんびん物語

スパイダーマンのDVD-BOX。

sg161.jpg

諦めました。あきらめましたともさ。

引越しでの出費はやはり予想以上でまたしても100万コース。

2年に1度100万払わされてるっつーのはどういうことか。



そういうわけで我が心の4大ヒーロー。

「鉄人タイガーセブン」「電人ザボーガー」

「仮面ライダーアマゾン」「スパイダーマン」

のうち、手に入ったのは、ピープロばっかりか…因果な



と思ったら、あまりに一日中ため息&口を開けば

買わない事への言い訳を延々と喋り続ける俺に

同情した(もしくは業を煮やした)ツレアイが勝手に発注。

一生大事にしろよ、って事ですが

2日かけて完全に諦めて振り切った後に、買ってやったと言われても

正直嬉しくないっつーかピンとこないんすが。

まあヒデ夕樹の声聞いたら、なんか着火されるんだろうな。

というわけで、天からの配剤で購入決定。




「おめでとう!」

sg175.jpg

「でも結局自分の金だから、後で苦しむのはキミだ!」
posted by サンダーロードスタイル at 01:24| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

必要は発明のマザー

先日の発見。

スカじゃない素材の穴を埋める場合、面倒じゃないすか。

穴が大きい場合、どうします?

少しずつフチから埋める?

ナニで?

俺なんかエポパテですら、手が汚れるし時間かかるからイヤ。

ポリパテも時間かかるし面倒です。臭いしな。

だいたいフチから埋めると結局無駄も多いし、おおよそ21世紀の

ニュージェネレーションがやる作業には見えないじゃないすか。

薄い板なんか苦労して作っても曲がるし、固まらないしで良いとこナシ。

そこで考えますよ。ポクポクポクと。

そんで光硬化パテ見て、チーンと思いついてやったのがこれ。

hikari1.jpg

ラップにパテを必要面積塗り広げて、それでフタして、光当てる。

あっという間に、それこそ10秒程度で硬化完了。

10数箇所埋めなきゃいけなかった曲面の穴や大ミゾ相手に、

わずか10分程度で決着。

瞬殺

と言えるんじゃないでしょうか旦那。

汚れず、無駄にならず、曲面にも対応するし、ハミ出しも後でパキパキ取れる。

そんなこたー昔からやってらい、という御意見もありましょうが

自力で気付いたところが、すげー、と。

人に教わってねーって所に地力があんなー、と。

いや、いいんです。誉め言葉は無用だっつーの。
posted by サンダーロードスタイル at 01:12| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

飛首びんびん物語

先日の切手びんびん、正チャン。

すっかりメルヘンで可愛い系とお思いでしょうが、

一部ではヘルボーイがお手本にしたと噂されるほどの

オカルトバイオレンスアクション。

ヘルボーイが1967年日本において戦った飛首。

殺す相手をさがす、さがす。

syo6.jpg

で、ボッコ持ったヘルボーイは、これもんで待ち構えて

syo7.jpg

バカーン!とかっ飛ばしてました。

まさに地獄小僧。

syo8.jpg



しかしその戦いをさかのぼること実に70年。

大正14年に、旅行小僧こと正チャンも飛首(しかも天狗)に遭遇してます。


やっぱしさがす、さがす。

syo4.jpg

人に優しいファンタジックジャーニーばっかしで、

ついタンタンと同列に見られがちな正チャンっすが

ナメんじゃねーフランス人。

こちとら日本男児だぜ。

syo5.jpg

一歩も退く気ナシ。打つ気マンマン。


でもこの後、肩口に噛みつかれてしまうんですなー。


すると「キジャウブナ 正チヤンハ ミギノゲンコデ ガーントナグッタ」。

そんで「テングノアタマハ スイクワノヤウニ フタツニワレタ」そうで。

素手ゴロかよ。武闘派だなー。



これが割れたテングを見下ろす、バトルアフター正チャン。

syo9.jpg

カッコいいぜ。
posted by サンダーロードスタイル at 01:48| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

「瞳」10号発売

先日、取材していただいた雑誌、マリア書房「瞳」No10が到着。

hitomi.jpg
原型師たちのガレキ芸術2



お前のナニを取材する価値があるんだ

お前、展示ばっかでGK売ってねーだろ




疑念と懸念をお抱きの御貴兄。


ごもっとも。


でも取材されちゃってんだもん。しょうがないっす。

いずれこの時の話も書きますが、とりあえず御報告。

カラー2Pで取り上げていただき、知性のかけらもない

俺の後ろアタマも載ってます。ダーツの的にぜひ。

というヨタはともかく、ゴッド竹谷を筆頭に名うての原型師が

特集されてますので一家に1冊ぜひ。

定価2800円。なに?高い?バカ言うな。

スパイダーマンDVD-BOXの1/10以下だぞ。(←まだ悩み中)
posted by サンダーロードスタイル at 13:25| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

切手びんびん物語

郵便局に行って待ってる間、切手シートの展示をみてたら
ガンダム、とかあるんすね。買うのかなーガンダムファン。
と思ったら、下にタイムボカンなんてある。しかしこの絵柄が
まったく最近のダメ絵で吉田竜夫をナメてる、ファンの似顔絵状態。
しっかりしろタツノコ。世界最高レベルの遺産、もっと自覚持ってくれ。

で、その下を見たら、あ!世界最高レベル!

勝一カバシマの「正チャンの冒険」シート。

・・・の新作?

俺の持ってるのと絵柄が違うぞ?と思ったら、なんと2004年度版。

syo2.jpg

前に買ったのは2005年度版だった。

syo1.jpg

毎年出してんのか郵政省?

目当ては当然、どんぐりの精ドンキチ。

2004年度版も可愛いぜー。

ちなみにオリジナルはこんな感じ。

syo3.jpg

くー、可愛いぜー。
posted by サンダーロードスタイル at 12:41| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

ご鑑賞

【イントゥザサン】
ミンク
セガール日本ロケ物。ビデオスルーさえないと思い込み、危うく向こうのDVDで
買うところだったんすがなんと劇場公開じゃないすか。で、見ましたとも。劇場で。
内容は毎度毎度です。説明不要。ドアをくぐった途端コロシンコ。特に今回は
日本刀でズバリンコ。セガール得意の日本語が存分に聞けるものの、
とりたてて面白いセリフはなく標準語と大阪弁の入り混じった妙な喋り方が
逆に話通じない系で盛り上げてくれますが、まあそれもどってこたーないレベルで
セガールスッピントークを聞いた事がある人間には特別拾いどころなし。
名セリフを上げるとすればこれから殴り込みに行こうという時に、日本刀を持って
「これ切れますよぉ。ね?今夜、人、切りますよ」と普通に言ってたとこ。
まるで甘納豆食って「意外にこれいけますよ、ね?」的、ナチュラル感心ぶり。
ね?じゃないっつーの。気負いの無さを表現しすぎだっつーの。
その後、悪役参加の日本代表大沢たかおは「外人がポントウ持って
調子に乗ってんじゃねえ」とカッコよく言いますが当然ズバリンコ。
やっぱり素手でボキリンコの方が楽しんこなので、刀はダメだなあ。
ナイフだとあの妙なクネクネダンスとかあるんすが、今回せいぜい必殺技は
「微塵切り斬り」くらい。完全に人のアタマをタタタタと何度も叩いてました。
なめろう状態です。ミソ混ぜると美味しい…って、あ、脳みそまざってるか。
まあ、刀舟先生の域に達するまであと20年は必要と見た。刀舟先生最高。
エイリアンVSプレデターみたいに刀舟先生VS峠の旦那、やってくれ。CGで。


やかましいやい。

yorozuya.jpg

いちいち俺を引き合いに出しゃがると叩っ斬るぞ。
posted by サンダーロードスタイル at 12:47| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

タマゴびんびん物語

本日、妙なガチャを発見。

エポック社のタマゴガチャ。

カプセルの中には茶色の鶏卵(西郷さんのキンタマと同サイズらしい)が

入っており、その中に白い鶏卵(西郷さんはゆえに褌オンリーだったらしい)が

入ってる少々ややこしい品。


こんな感じ。

tamago1.jpg

で、

手にとるとブヨブヨで、西郷さんのはいくらなんでもこんなに

tamago2.jpg

柔らかくね・え・だ





ろっ!

tamago3.jpg

って、ずえー!!

見えた!

黄身が見えました先生!

ムリュっと来た。

これはもしかして

tamago4.jpg

西郷さん抜きに考えても

実は貴重で素晴らしいギョクなのでは

あ・る・ま・い





かっ!

tamago5.jpg

だー!

おもしれえ。

穴あけて中身出してえ…出してみてえ
posted by サンダーロードスタイル at 00:04| BPF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

頭蓋骨びんびん物語

骨で思い出したんすが、今回の引越しでいろいろ古いモノが出てきました。
どこに消えたんだか大量の本(たぶん本棚1個くらい)が減っているのは
謎でしたが、出てくるものもあったわけで。

ハタチ前後の頃に仕事で作った、アタマの骨。

けっこう気に入ったんで自分の分も抜いておいたもの。
ポリ製。つまりFRP製。
急いで抜いて、適当に合わせただけなんでツナギ目とか直す気ゼロで
バカの1つ覚えのメタルカラースプレー一発はご愛嬌としても
なかなか人骨に一家言ある若者だったらしく、今見てもなかなかグー。

zuga1.jpg

zuga3.jpg

zuga2.jpg

カッコいい頭蓋骨ってなかなか見かけないじゃないすか。
よくドクログッズやマークありますけどね。カッコいいのは少ない。
これは正しい頭蓋骨を極力残しつつ、カッコよさをプラスした
自分の中ではリックベイカー的処理をしたつもりだった記憶あり。
鼻の下、歯までが長いのは普通に失敗。
これは当時、複製取った後に気付いてショックでした。

ちなみに本番では硬質発泡ウレタンで複製したものにアゴを
開くギミックを付け、ドロドロに溶けた人間の中からこれが現れました。
放送は夜8時台。今はそんなの出来ねーよなー。
posted by サンダーロードスタイル at 01:34| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。