2005年09月28日

お休み宣言

荷造りを開始してるんですが、大変です。思ったより。
でも次の仕事場は一気に8畳。夢の資料同室のお部屋。
明日を夢見て頑張るしかないわけですが、
この非常事態においてなんだか体調が優れなくなり
やる気が出るの出ないのって、出ません、全然。困ったな。
それでもやらないと終わらないので気合を入れてやってますが
出たのは目の下にクマ。これはクッキリ出ました。困ったな。

そういうわけで、本日でひとまずこの日報は休止します。
引越し終わって落ち着いたら復活させます。

ネット環境には10日6日までは確実にいますが、
その後なんと3週間くらいメールは不通になりそうです。
ADSLが開通するまでヘタするとそのくらいかかるそうで、
こんだけ発達した環境で何を言ってるんだポイントこのやろう、です。
そんな時間かかるわけねーだろ、ウソだと言ってくれこのやろう、です。
ケーブルTVとネットはほんとグズ。まあどっちもなくても死なないから
いいんですけどね。まあダイアルアップは可能らしいんで、
ホットメールの方は一応毎日チェックするようにします。
友人知人関係には改めてご連絡します。

というわけで、しばしの間、皆様ごきげんよう。
posted by サンダーロードスタイル at 23:35| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

実録私設作品警察更新

すっかり忘れてましたが「ロケット仁義」追加。

新しい写真じゃないです。色を塗りなおしたいので後でいいや、と
思ってたんですが、知らない人が見たら作業場通信の中までは
探さないと思うので、一応前に出しておくことにしました。
しかし、こないだの今日で言うのもなんですが、改めてみると
ずいぶんテキトーにデッチ上げてんなこれ。力量不足も甚だしい。
次回はもっと頑張って作ります、じゃなくて塗ります。はい。
posted by サンダーロードスタイル at 14:26| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

ご鑑賞

【キャプテン】
全26話
入れ替えが面倒だったので一気に全話。前半、特にTVスペシャルの辺りは
アニメーションの鑑です。何度見ても。最近アニメ化されたプレイボールは
2話で見るのを止めました。理由はありすぎて絞り込めないほどですが
なによりもまず、尊敬の念と克己の精神がまったく欠落してんのが理解不能。
で、昔のキャプテンを見て改めて(ポカは何度もありつつも)素晴らしさに
唸ってたわけですが、じゃあなんでプレイボールはあそこまで志が低いのか、と
思って番組ホームページを見てみたんすが、驚きました。
そこに書かれてる制作秘話。あんまし驚いたんでペースト。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「アニメ「プレイボール」をご覧になった方はすでにお気づきかと思いますが、
実は、この指、アニメの設定では、「曲がっていて伸びない」のでは無く、
「伸びていて曲がらない」と全く正反対の症状に変更されています。
(中略)
「谷口君の右手人差し指」は、曲がりっぱなしだと複雑で大変だという結論に達し、
「伸びっぱなし」という新たな設定が生まれたのです!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
たのです!って、えー!?です。普通にそんな事が書いてありますかんね。
スゲーな。
前作キャプテンで谷口の指の話はわずかしか触れておらず、そこで仮に
伸びて描かれたカットがあったとしてもそれは谷口の指が本筋の問題では
なかったから。しかしプレイボールの谷口の指は物語のキー。それをオミットって
目玉2つ描くのが面倒だから一個にしてみました的発想じゃねーか。
そういう事をシレーっと言えるスタッフ。素晴らしいです。全員田舎に帰れ。

関係ないすが、小学校の頃、校庭にある遊器具から2mくらい落っこちて
アタマと背中をシコタマ打って、自分としては(オレ絶対死ぬ)と思うくらい
痛くて悶絶している中、知らないオッサン(酔っ払い、何故か時々校庭で
笑いながら子供を見てたりする人、多かったっすね)が近くに寄ってきて
右手を高々と上げてアウトー、みたいなポーズで
「デッドボール!」と叫ばれましてね。当然、周囲は大爆笑ですよ。
倒れたローアングルから見た、やったぜ!なオッサンの笑顔と姿。
痛みと悔しさで今でも鮮明に焼きついてます。
このキャプテンがアニメ化されてもう25年。早いすねー。
俺がオッサン会ったら絶対コロスと思いつづけてもう30年。
勝ち逃げされたまんまか。くっそー。
posted by サンダーロードスタイル at 21:19| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

THUNDERROAD SYSTEM

ありがたいことです。

さきほど今回はカツヨシでなく「ロケット仁義」がモデルグラフィックスに
取り上げられてますよ、との報を受け、早速購入。

WFガイドブックの表紙イラストも手がけている水玉蛍之丞氏のコラムで
意外なほどでっかく取り上げられておりました。

mizutama.jpg

屋号の間違いは…いいです。真ん中最大級で扱ってもらってるんで。

今回他の人にもロケット番長とかも言われてるし、だいたい笠井晶次郎という
名前も笠井品次郎とか笹井昌次郎とかマトモな方が少ないくらいで。
こないだ品次郎で検索かけたら普通にひっかかりましたかんね。

しかし前回のカツヨシといい、モデルグラフィックスに縁があるのはなぜか。
ずいぶん昔にモノグラム神話の号で素晴らしい文章を寄稿したからか?
他の雑誌で目撃したら是非教えてください。チェック甘次郎なもんで。
posted by サンダーロードスタイル at 19:02| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

PRカード

次回のWF、すなわち2006WF冬の申し込みを済ませました。

しかし会場がなんたらで、東が使えないとか交渉中だとか、

いろいろあるらしく、理由はどうあれ抽選にでもなったらどーしょもない。


そういうわけで、もしかして抽選で、あげくに落ちでもしたら

人目につかないまま葬られる可能性のある次回のPRカード。

2006w_pr.jpg

製作時間1時間。コンピューター最高。

こんなラクばっかしてちゃ人間はダメになるな。


御覧の通り、次回もグレイクレイと共同で出展です。

現状で確約できるのは、またしてもむさい展示になる、という事だけです。
posted by サンダーロードスタイル at 16:33| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

18インチ2

18インチと言えばメズコですね。

以前はダッセーアレンジのイモメーカーでしたが

映画版ヘルボーイの18インチは作業場通信の主役を張るほどの名品でした。

ソフビなのに相当な出来で、納得。評価が一変したほど。

そのメズコからこないだコミック版ヘルボーイの18インチが発売されました。



これ
hb1.jpg

けっこういいんじゃないすかー?

18インチを置いておくとやる気が出てきますからね。

デカいの、見る、オレ、元気、出る。です。

仕事すっぞ、と思うわけです。

これは買うしかないです。

ないですぞ。


しかし、注文したら「口開け」バージョンと「口閉じ」バージョンがあるそうで

どっちか選ばなくちゃいけない。写真のは当然「口閉じ」ですね。

でも見る限り「口閉じ」は、なんかモノたりないすねー。

やっぱ白い歯が少し見えた方がいい。

赤と黒だけのモデルなんで、その方がアクセントになる。

でも口開けバージョンは画像がない。困ったな。

と思ってたところにプレビュー限定のダメージバージョンが発表。



これ
hb2.jpg

ああ、けっこういいんじゃないすかー?

こういう口の開き方だったら文句なし。

ダメージ表現はいらないすが、口は絶対こっちの方がいい。

よーし「口開け」バージョンに決定。注文に口開けで、と但し書き。


というわけで、「口開け」バージョン、本日ご到着。





これ
hb3.jpg


・・・って

どうなんだこれ?


6000円もしたのに、納得には程遠いこの気持ち。

釈然としないっつーか、煎餅でも食う直前みたいな中途ハンパぶり。

バカにされてるみたいで、全然やる気出ないっつの。

つーか3種類もアタマ作んな、メズコ。

作ったら事前に写真出しとけ。いや、出しといてください。
posted by サンダーロードスタイル at 01:07| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

18インチ

ネカの18インチロボコップで検索かけてくる人がけっこう多いんすが

買うかどうか迷っているなら、おやめなさい。

18インチのエンドスケルトンは3000円でも腹が立つ出来でした。

彩色、塗料、造型はもちろん生産時のブレ、いい加減な設計…と

ダメな点を上げればキリねーです。もう一生、ネカ、買わねー。

それでも今回のロボコップも偏見ナシで実物見てみました。

出来は全然よくないす。ナメてんのかネカ。

なんででかいのに粗いんだ?どーしょもねーなネカ。

と思ってたら、ネカのこんな商品を発見。

Capt.jpg

いい顔してんなコノヤロー。

ヘッドノッカーという誰が欲しがるんだっつージャンルながら

この味わいはすげーす。文句のつけようなし。まいった。

絶妙なチキンのつまみ具合。わかってないと出来ない。

やるのかやらねーのか、わかんねーなネカ。買わないけど。

ふと見れば、スポルディングのフォントは、サンダーロードスタイルロゴと同じ。

バカはバカで類トモだという事ですね。
posted by サンダーロードスタイル at 12:41| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

ロードトゥフィッコシ

いよいよ引越し業者に見積もりに来てもらいました。
計算してもらったら2年前に越した時の荷物ポイントが830だったのが
1300になってるそうです。よくわかんねーですが確実に増えてます。
ちなみに頼んだのはアーク引越しセンター。
前回もそこ。仕事振りを見てリピートしたんだから本物です。
ペーペーバイトは使わず、プロのテクニックでビシっと仕事してくれましたが
俺も引越しバイトはだいぶやったんで、よくわかります。まさしくプロの業者。
仕事中に「俺の足の指触ってみ?ほらねぇだろユビ、うへへへ」とか
「やっぱチャカは広島だよ。広島に限んだよ」という自称人殺しとか
「こいつずいぶん貯め込んでんな」と他人のロッカーから小銭を盗んだりとか
そういう俺の見た引越し業界とは全く無縁な集団で、信頼がおけます。
今回も感じのいい若手営業マンですでに一安心。引越し日は10月の7日と決定。
ちなみに自分の誕生日は10月の8日。シガニーウィーバーやズンコ桜田と同じ。
せっかくの引越し、せっかくの広い場所、せっかくの誕生日というわけで
自分に御褒美オモチャを購入することにしました。

あのさー、引越しするしさー、少し金も戻ってくるしさー、

部屋は広くなるし、誕生日も近いしさー、買っていいすかねー

「なにを?」

まあこれで、俺の銃関係も決着がつくというかさー

「銃?また!?」

たぶんこれで最後だと思うんだけどー、ずっと我慢しててー

「飾るの?銃?」

わかんないけど、まあ、場所があればそれは考えたいっつーか

「高いの?」

いえ、極めて安物で…だから、買っていいすかねー

「どんな銃?大きいの?」


えーと…サイコガン…


「は!?」(←怖い)


1/1の…手にはめられるサイコガン…


「はぁ!?」(←そんなヘンな事言ってないと思いますが)


というわけで、ガンラック計画の最後を飾るバカ銃は、コブラのサイコガンに決定。

でも、実は

ガンラックはスゲー邪魔なので設置予定ナシなのだった。(←じゃあ買うな)


mega.jpg

たしか劇場版コブラの同時上映だったのはこれ。

これの真似してロケット花火を自転車の前に8連で装着し、まったく何も疑わずに着火。

顔面に噴射を浴びて三途の川を見た1982年。
posted by サンダーロードスタイル at 20:13| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

ご鑑賞

【マーダーライドショー】
吹き替え
ちゃんと吹き替えというか日本語で見たのはこれが初めて。ふざけた訳なもののこれは
田舎訛りを見越したものなのかな。いやふざけてるだけだな。悪魔のいけにえリスペクト
ヨタ話の割に後半から一気に凄まじい世界が展開しヘルレイザーを超えるこの作品。
プロフェッサーとDrサタンは、セノバイトを越える素晴らしさですが、続編の
デビルズリジェクトには出るのかな。出て欲しいなー。という以前に公開すんのかな。


【ベイウォッチ】
「兄と弟」「消えた宝石箱」「汚染されたビーチ」「シャウニーの選択」「予言された再会」
日本版の放送順では前回見たミッチ幽体離脱話がラストだったんすが、やっぱ日本順の方が
良かったなあ。ってまたしてもたかがベイウォッチでオマエは何を言ってんだ、です。
今回はナイトライダーオチもあり、ハッセルホフの人柄の良さを再確認。
でもナイトライダーこそ米国放送順に見たい。スペシャル含め。
かくしてこれにて2ndシーズン終了。満足と言えば満足。


【JAG】
「証人逃亡」「超能力計画」「原子力潜水艦強奪」「大佐夫人の犯罪」「大統領誹謗文書」
確実に面白いんでもったいないから我慢してるんですが、久しぶりに一気に5話。
前回、パイロットからJAGに復帰したハーモンを立て続けに難問奇問が襲うわけですが
相変わらず絶妙に上手いす。脚本が。演出もですが。転がるプロット、適度に裏切り
適度にお約束の展開はもはや名人芸で、過去のキャラも上手く絡んでおり、
いちいち感心させられます。そこから先に進んだらマニアックすぎて一般には
受け入れられそうもないギリギリで毎度踏みとどまるのはさすが。現在で94話。
日本で放送されたのは134話までなんで、追いつかないように調整しないとな。
でも面白いんでちょっと見ると止まらないす。
posted by サンダーロードスタイル at 19:12| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

渡る世間は仏ばっかし

不動産屋から電話があり、今の大家と交渉してもらった結果、
敷金全額はもちろん違約金もいただけるようになりました、という御報告。
ショーゲキです。
はっきし言って、一銭も戻ってこないと思ってました。即座にそれは結構です、と
言いそうになったんすが、一生懸命交渉してくれたんだと思うと言えません。本当に。
2年で出される定期借家契約だったとしたら本来家賃は全然安い設定で
無駄に高く払ってたということになるわけですね。でもそれは結果論であって
お盆にこぼれちゃった水が元に戻るわきゃねーでしょ、というアレなわけです。

もちろん退出にあたってゴネる気はないし、金をどうこう言う気はサラサラない。
けど部屋探しだけどうにか手伝ってもらえませんかという話を最初にしてたくらいで、
相手の不幸があるなら(本当かウソかはわかんないすが)どっちにしても
そこにつけ込むような真似だけはしたくないという事を再三伝えていたわけです。
ある意味不動産屋も迷惑かけられてるわけで、解釈によっては責任感じる義理はない。
だから俺らとしては、もし情があれば、ある程度フォローがあるかもしれないけど、
それは考えないでおこう、と話してました。親身になってくれる不動産屋さんだったんすが、
俺らがトラブルに巻き込まれた迷惑な客であるのも事実なわけで手間は発生しても
金額は発生しない。この人情腐れ砂漠の東京に良い話なし。上等だコノヤロー、
誰の世話にもならないで死んでやる、じゃない、生き抜いてやる、と思ってたわけです。

そこにこういう御報告。セーテンのヘキレキです。だから驚くやら、ありがたいやら。
それでも俺らの負担は相当デカいすが、味方になってくれる人が本当にいるんだという実感。
衝撃的だなー。だって基本思考パターンは「お前ら今日から全員敵だ!」なわけですから。

しかし思えば今の仕事にしても、物凄く人の情けを受けて生かしてもらってる。
返しても返しきれない恩がたくさんある。こういう出会いに助けられてなければ
俺は死んではいないだろうけど、たぶん相当やさぐれてしまい、生き残る為に
ミューテーションでも起こして変形してたかもしれないですが、そんなことはなく
おかげさまで日々明るく笑いながら過ごさせていただいてるわけで。
つくづくありがたい限りです。ちょっと今日は胸にきたなー。感動した。
なーにが人情腐れ砂漠だ。ビバやさしさシティ東京。
posted by サンダーロードスタイル at 21:20| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

ご鑑賞

【ベイウォッチ】
「盗まれた詩集」「迷犬サンディ」「彼女の”勲章”(前後編)」「美しき殺人者」
「ビーチを救え!(前後編)」「同窓会は大騒ぎ」「逆恨みする男」
「伝説の波 ビッグ・マンデー」「エディの漂流記」「命がけの救助」

日本放送順じゃなく米国放送順ですが、日本放送順の方がしっくり来る展開になるというか
わかりやすかったんだな、と思ってますが、ベイウォッチごときでオマエは何を言ってんだ、です。

2ndに入りメンツは減ったもの贅沢なゲストが時折スマッシュヒットで大サービスしてくれてますが

今回は逆恨みする男で俺のケリーヒロユキタガワが登場。

ミッチ相手に、上半身裸になるや雄叫びを上げて日本刀を振り回し、

2階から飛び降りて襲い掛かる完全なバンダム級アクション。

ファン大満足。

加えてビーチを救えでは、謎の巨大生物出現(1人殺害・巨大なハサミあり)

「ヤツの血の匂いを追って池田湖(コマケーな)からやってきた」という日本人UMAハンターも登場。

潜って一騎打ちを挑むミッチに近づく影がソナーに映り「ミッチ上だ!」とか完全にエイリアンもどき。

ファン大満足。

車椅子の障害者の話では「ケツを蹴っ飛ばしてやる!」容赦なく相手を挑発するミッチ。

桟橋で転がりながら半身不随の男と殴り合いを展開。

またしてもファン大満足。

太って自分に自信がない娘の話では紅一点、このブログにおいて検索女優名No1
エリカエレニアックに「あんたみたいな可愛い子にあたしの気持ちがわかるわけないわ!」と怒る巨漢娘。
しかしそこはプレイメイト。「あたしは体目当てばかりでいままで誰も中身を見てくれなかったのよ!
うええええ」とエリカ逆泣き。おまえ説得しに来たんじゃねーのか。そして命がけの救助ではついに

ミッチ、幽体離脱。

しかも半ズボン。ファン失神。

半露光のスローで上半身が起き上がるまさしくイメージ通りのアレなんすが、一体どこまで
攻める気だベイウォッチ。減圧チェンバーに子供がしがみつき「パパ!パパ!」とやってる横で
「ホビー!俺はここにいる!なんで気がついてくれないんだ!」とミッチ、状況認識能力ゼロ。

かくして普通に面白いうえ、実は何回かに1回は、ジーンと来たりしてんですが、
結局のところ俺のおミソも半ズボンと同じオレンジ色だということです。
posted by サンダーロードスタイル at 18:24| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

引っ越す

今週は作業場通信はナシ。
昼間に無理くり時間を空けて、引越し先を探すのが最優先なもんで。

今回の引越しの理由は、完全に大家の都合。
10年は住むということで紹介してもらった物件で、まだ最初の更新もしておらず
カーテンなんか10万くらいかかったのに2年で引っ越せという無法。
いや法的にはそういう都合の場合、店子が泣くという契約書になってんですが、
それにしても2年は早いだろ。特に1年半かかってやっと書庫を片付けて
壁に本を納めた直後にこのお知らせですからね。後ろに倒れて泡吹きました。

しかし遠方の家族に要介護者がいて、世話する為に急遽まとめて住む事になった、
とかいうことだそうで。ぬうう介護。痛いとこ突いて来たな。とことんついて回る気か。
しかしこれこそ不測の事態。下手に苦労を知っているので同情こそあれ文句は言えず。
「ようござんす、若いあたしらが気持ちよく退こうじゃないですか」と承諾したものの
2年ごとに100万近く吹っ飛んでいくわけですからね。貯金もクソもなく完全に
笑い事じゃないですが、笑うしかないっつーか、笑わないと泣いてしまいそうなんで
笑ってるようにしてたんですが、まあ人間笑ってればそのうち本当におかしくなるもんで
現在は金銭面はともかく、まあそれなりに楽しみにはなりつつあります。
得な性格でよかった。大損こいてますが。

で、とにかくまず不動産屋さんに相談。帰ってからネットで検索(3時間)。
翌日、絞った物件を内見し、その日のうちに引越し先決定。速攻即決。
仕事早いんだ俺。というよりあんまし早く見つかって自分でビックリしてますが。

発見したところというのが今住んでるところから散歩している程度の距離で、
家賃は1万上がるものの専有面積94u強。間取りで言えば4LDK。
駐車場付き周囲は静か、ほぼ新築で庭もバッチリという踏み込んだ途端、これだ!
という物件。ビデオ屋も近くなるし、ロイヤルホストもドイトも近くなる。
周囲に若者どももおらず(安い集合住宅がない)素晴らしい立地で早速申し込み。
ここに住めれば引越しも結果OKだったと後で笑えるステップアップ物件。
問題だった審査もどうにかクリアというわけで、これからいよいよ荷詰め地獄。
10月頭には引っ越す予定。明るく乗り切るぜー。

全然関係ないすが、買おうか買うまいか迷うほどではないけど
今、とても気になるこれ。

thing.jpg

こういうの見るとアメリカには天才しかいないんじゃねーか?と思います。
posted by サンダーロードスタイル at 13:48| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

3/144

1/144とかなんとか言ってるけど

実は作る気全然ないんじゃないのー?


って、それ言うな。

ある。作る気。


しかしですよ。

プラモで何が難しいって、実際図面見て思った事ですが

「遊びなのに人の指示通りに作らなきゃならない」

という耐え難い現実。

えーーー!?です。

だいたい、クイズ出されただけでカチンとくるじゃないすか。

なに、来ない?

いや、来る。

我が家はクイズ番組禁止。

そういうわけでプチ堪忍袋しか持ち合わせてませんので

まずそのへんのハードルが高い。けっこう高い。

「自由に作ってよいでしょう」

なんて本来であればかなり優しい指示でも、読んだ直後はカッチーンで

でしょうだあ?てめーどこの先生だコノヤロー!(←バンダイです)

好きで作んのにツベコベ言われたかねってんだコノヤロー!(←説明書です)

と頭の中ではムダに血文字でコノヤローを繰り返してます。

いやー、皆さんよく我慢して作っておられます。

大人だなー。




とにかくまず、ちょっとどれくらいの大きさか、

どれくらいのヘラなら1/144の運転席を粘土で作れるのか、

サクっとやってみました。10分。(焼き時間は抜き)

1447.jpg

もちろんこのダッシュボードみたいな厚さは作りやすい持ち手「込み」の厚さで

後で埋め込むなり薄くするなりしますが、中の彫刻自体はやって出来ない大きさではない。

実際、革のシワなんか余裕で入れられる大きさ。

まだこれは入れてないすが、割と大丈夫な気がします。

いや、気ではなく、手応えというか予測というか自信というか

…ま、結局、気がするだけか。毎度アテにならん俺の「気」。



そんな時、本屋で見かけたアーマーモデリング。

なんと1/144人形オマケ付きではないですか。

早速向学の為に購入してみました。(1600円コロス)


で、我が家唯一の1/144ガイ、トレーシー君と比べると

1448.jpg

ほほう、頭身はともかく、やっぱしこんな大きさですか。

おそらく製品の成型時で何段階か素材的縮小があるとしても

このディティールを、この大きさのまま粘土で彫れりゃあ、満足なわけです。

勝ち、とさえ言えましょう。


で、この人形と、さっきのテキトー椅子を合わせてみると

1449.jpg

ああ、やっぱし行けそうな感じ。

ちょっと頑張ってみるか。






引越しが終わったらなー。

(1/144への道 第1部 完)
posted by サンダーロードスタイル at 09:17| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

2/144

結局、いまいちサイズが掴み切れない1/144ワールド。

やっぱし基準はこの人形しかないのか。

1444.jpg

170センチ身長の1/144は1.18センチ。180なら1.25。

そんなもんわかったところで、どーという事でもないです。実際問題。



ただまあ感覚的にわからないというのは、だいぶ気持ち悪い。

周辺の情景が浮かんでこないですからね。

頭の中で変換してくれない。全ッ然、イメージ出来ない。


なんつーかこう、肌に刷り込まれた比較対象物はないものか、と思ってたら

1445.jpg



発見!


1446.jpg

これ絶対、1/144。

ビシっと来た。

人の世に愛はあったぜアキラ君。
posted by サンダーロードスタイル at 01:29| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

1/144

タカラのRCポッドビークルは相当、可愛いです。

チーーーーと前後左右に動いて磁力ピンを発射したり、

パラボラを回したり、かなり働きモノ臭い感じでグー。

夜中、俺の見てないところで動き回ってて欲しい。


しかし、でかい。

今回プラモ初挑戦と言える1/144のトラッド11を仮組みして

比べてみても、でかい。

1441.jpg

いちおう人形バランスとはいえ、基本は1/144人間サイズの

トレーシー君が例の椅子に合うかどうか見てみると

1442.jpg

んー、微妙。

これ、椅子が実はちっちゃいんじゃないかな。

安いブルドーザーみたいな設定でアンコの少ないペッタンシートなのかな?

ザブングルの設定書は、既に始まった引越し荷物の奥にあり、発掘不能。


ちなみに、我が家において1/144基準スケールと信じてた、

死の大カマキリことデッドリーマンティス君に与えてみると

1443.jpg

やっぱ微妙。
posted by サンダーロードスタイル at 14:38| SCULPTOR'S VIEW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

しつこく続けますが

じゃあ次のゾンビ映画はなんだっつー話です。

てめーは毎日毎日なんでゾンビの事ばっか言ってんだっつー話は置いておいて。

早速先日ゾンビ映画の最新情報を教えていただきました。

やっぱみんな気になるよな。気にするのが普通。

邦画でションベン臭い期間限定死人復活ムービーがブームでしたが

そいつらは殺しちゃダメなの?黄泉がえりしたヤツの脳破壊したらダメなの?

そろそろどう?日本はマチェットないから鉈でさー、

という考えの人はワタクシだけではないわけです。安心した。


で、次は、リターンオブザリビングデッド、すなわちバタリアンの4と5だそうです。

これを一緒にエロリーエルカイアム(エイトレッグドフリークスのイモ監督)が

映画化しております。まあ巨大蜘蛛バトルを撮れないヘナチョコ監督なんで

たいしたこたーないだろうと、思ってたら発表されている4のスチールが


rld4.jpg

おー!バトル系!フルスロットル臭いす、フルムーンの匂いがしてますよ。


rld42.jpg

おおー!姉ちゃんも丸ノコハンド。思いつき全開。そろそろこういうのを待ってたぜ。

やっぱ映画はさー、こうじゃなきゃなー。

ちなみに5のスチールではこんなのが。


rld43.jpg

まあこれもアリっちゃアリ。首から下が普通だったらゾンビでも全然ヘーキだな俺。

トビーフーパーもゾンビ映画を準備しているそうで、まだまだ死なないジャンルで一安心。

やっぱしノロイがどうとかタタリがどうとか、ピンと来ないじゃないすか。ああいうのはもう結構。

ドアをガンガン叩いて襲ってきて欲しい。
posted by サンダーロードスタイル at 11:01| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

ご鑑賞(ロードオブザデッド)

【ランドオブザデッド】
ロメロ
満を持して見てきました、最後の祭り。

しかしまあ結論から言えば、見ている間は微妙な期待感から目を瞑っていたものが
見終えて噴出してしまい、あのロメロだから、あの続編だからというアドバンテージが
どれほど強く作用してたのかと思うと、非常に複雑な想いにかられますが
結果的に大して面白くないです。確かに評判通り、軽かった。若さに媚びてた。
現代とリンクしていた厭世観はなくなってしまい、ある意味カーペンターばり。もちろん悪い意味で。
違うんだよなー。昔ここんチの蕎麦はこんな味じゃなかったんだよなー、って感じ。

だいたいですよ

いちばん強烈だった「ナイトオブザリビングデッド」の冒頭ゾンビは

ゾンビなのか頭のイカれた男なのかわかんない、言うなれば



「話通じなさそう系」

night.jpg

だったわけです。

こりゃもうインパクトあり。ワケわかんないのが一番怖い。

殺していいんだかいけないんだか、そこからわかんないんだもん。

病院から逃げ出した、実は殺しちゃまずい人かもしんない。どっちかっつーとそんな感じ。

そういう決め込めない相手が、絶対的判断を強いてくる異常な状況こそ、NOTLDの魅力。

その象徴が、この「通じなさそう系」だったと言えましょう。

ロメロはそれを次作「ゾンビ」でさらに推し進め



「話通じない系」

dawn.jpg

にまで、昇華させました。

あー、これはムリですね。

何言ってもムダ。絶対。

殺すしかない。

つーわけで、この段階でもはや行くところまで行ったな、と。

もうコロス。どんどんコロス。片っ端からコロスー。


しかしさすがロメロ、次作「死霊のえじき」ではこれをもっともっと推し進め



「完全に聞こえてない系」

day.jpg

にまで磨き上げたわけです。


これはねー。

ちょっと凄すぎてますよ。

話通じるとか通じないの次元じゃない。

なんで動いてんの?っつー話です。

もはや「殺しちゃもったいない」レベルにまで来てますね。


さらにここで、マスコットキャラも登場。

人肉をエサに芸を仕込まれた、可愛いゾンビ、バブ。




「あー、なんか聞こえてるかもしれない系」

day3.jpg

と、ここで一応ロメロは予算不足ながら、見事に2つの方向を提示したわけです。

俺は本家だぜ。ただスプラッターやってんじゃないんだぜ、という主張。

さすがです。しかも劇中バブに、銃をビシっと撃たせてオチもOK。

失敗作「死霊のえじき」はバブをもって、どうにか維持出来てたわけです。



しかしまあロメロにカブれて、リメイクなんか作っちゃった人はどっちかと言わなくても

「話通じない」「聞こえてない」方をプッシュしたい。

聞こえてなくて結構。

聞こえてたら殺しづらいもん。

なので実は聞こえてんのかもしれないけど、そこらへん完全、本人が

dawn4.jpg

「ぶぎゃー」

と自分で聞こえなくしてるので、結果的に聞こえない度、

話通じない度を推し進めることに一役買ったわけです。


さあ、やっぱし時代が求めているのはアグレッシブなゾンビだぜ。

そこに本家、ロメロの新作じゃないですか。

なに?今度のゾンビは武装する?ゾンビアリーナがある?

ってことは、ムチで仕込んで相手を襲う猟犬ゾンビとか

サンダードームのマスターブラスター方式で相手を攻撃するゾンビとか

体の中に弾薬をグチャっと刺しておいて襲ってくるとか、そういうのを期待したい。


ドゴロガ!(←ゾンビ風)


今回の主役ゾンビであるビッグダディ。

land.jpg

ツレアイにして「チッ、ゾンビもインテリの時代か」と吐かせしめたテキトーゾンビ。

なんの魔法を使ってんのか、弾丸が一切命中せず、加えて感情豊か。

怒りとかじゃなく、憐憫や共感まで備えている「話し通じる系」。

いや、もはや「癒し系」。

他ゾンビの為に戦ってくれるし、危険には率先して飛び込む。

いやー、それはダメでしょ。

せめて、ゾンビ軍団を引き連れ、矢面に立ってんだから物語の進行と共に

バッキバキのグチャングチャンになって欲しかった。

つーか、なれ。なんで無傷だ。

メイクは毎度詰めの甘いKNB。

ロメロがおじいちゃんになって判断力鈍ってんだから

「主役ゾンビのアプライエンスが前面だけは不自然です、

首の後ろなんか肉が痩せ落ちていく表現の一番いいとこですよ、

美味し過ぎてますよ監督!」

くらいの事言えねーのか田吾作!キンタマ握ってブットバスぞ(←KNB)

まったくギャラ以上の仕事は決してやらない最近の風潮にガックシです。

劇中で上がる最後の花火が哀しく、祭りの後は寂しいなと

肩を落として帰ってきました。


さあ、次のゾンビ映画こそ期待してっかんなー
posted by サンダーロードスタイル at 19:06| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

ご鑑賞

【ナイトオブザリビングデッド】
ロメロ
最終版というDVDを借りたんすが、見たのはオリジナル版。自分は特別ゾンビ関係に
詳しいわけじゃないんで何々版がどうというのはあんまし知らないんすが
この最終版というのが酷いというのだけは聞いてました。余計なシーンを足した無意味なもんだとか。
でも最終版じゃないオリジナルも普通に見られる新設設計。これをやれ、ルーカスこのやろう。
本編を見終えて、そのシーンのみ見てみるとなるほど、何考えて足したのかまったく理解不能。
名作になんとか便乗したい学生気分みたいなもんなんでしょうけど、そんなパワーあったら
自分のヤツやればいいのにな。一応これは自分のだという主張の元にやってるっぽいすが。
たぶん昔にビデオで見て以来の再見ですが、いやーさすがに名作です。今見ても素晴らしい。
当時ワシ掴みにされたところは輝きを失わず、改めて緻密なところに気付き、さすが名作の誉れあり。
過去と現代のホラーの融合。折り返し点すね。いやー名作。シビレるぜ。ベストゾンビはせっかく
生肝臓をシャブっと食ってんのにライトが当らず黒く潰れてしまった男ゾンビ。頑張ったのにな。


【ゾンビ】
ロメロ
ディレクターズカット版。長いす。140分もありました。無論ちんまいやり取りは早送り。
これもさすがの名作ですねー。たぶんTVで見て、ビデオで1回見たくらいだと思うんすが
こりゃ確かに名作っつーか傑作っつーか、素晴らしいす。好きかと言われるとやっぱし何度も
見るほどでもないんで普通ですが、それでも圧倒的。意外に脚本も丁寧。いやー名作。シビレた2。
でもシビレ具合、衝撃はNOTLDの方が上。ベストゾンビはSWATの白人の足をカジったメキシコ臭いヤツ。
赤ちゃんみたいに無邪気で可愛いのはなぜだ。なぜ撃った。まあ撃たれ具合も可愛かったっすが。


【死霊のえじき】
ロメロ
これは劇場で見て以来。たぶん。ビデオでわざわざ見てないよな1度も。
製作段階で一悶着あったそうなんで、重要シーンなしで完成せざるを得なかったとか。
にしても相当ひどいす。人間のドタバタに持って行きたかったにしても、テキトー過ぎ。
ゾンビメイクも無駄に顔ばっか貼って、イマイチ。ただバブだけはやっぱし凄かった。
役者なんか特に凄いす。バブ敬礼、真似したなあ。肘に力入れたままダランとやる。
ベストゾンビはホーリーグレイルで「ニッ」の嫌がらせにあったお婆ちゃんソックリな目の
腫れ具合で首輪をちぎって1人食い殺したヤツ。あの婆ちゃんが転生したと信じたい。


【バタリアン】
オバノン
「聞こえるか?」「ああ…」というやり取りの字幕が「名前は?」「オバンバ」に象徴される
製作者以上の悪乗り宣伝で完全にワケわかんなくなってたROTLD。タマゴの中身はスライム。
しかしやっぱり多感な時期に見たのでかなり所々強烈に印象に残っており、最後のクレジットは
なんか劇場での雰囲気がありありと甦って不思議な感じ。同時上映なんだったかなー。
いちおう権利的にはNOTLDの正式な続編だそうすが、とにかくそういう細かいところは振り切って
娯楽に徹した佳作。つくづく下品だなダンオバノン。だから好き。しかしここに来るまで、というか
NOTLDの最初のゾンビから走るわ道具使うわ、とにかくよく動く。リメイクのドーンオブは
これらのを見直してから見てたら、何も楽しめなかったな。見てなくてセーフ。
ベストゾンビはやっぱし全身黄色でスッポンポンの死体安置所のヤツ。
死霊のしたたりもそうすが、こういう爆走系に弱いんだなー俺。笑い転げて死ぬかと思った。


【スポーン】
デッペ
改めて見ると話というか設定はよく出来てっと思うんですけどね。
とにかくCGひどすぎ。いらん。ずっと真の意味での実写モノばっか見た後に
見るとズッコケるどころの騒ぎじゃないす。ほんと、エフェクトだけで十分だっつの。
ベストゾンビは…いねーか。KNBの努力もなかなかですが、やっぱしバタリアン3で
女ゾンビに扮してたミンディクラークの方が見応えあり。キレイに死んでるしな。こういうの好き。


というわけで、準備万端。明日こそランドオブザデッド。
posted by サンダーロードスタイル at 18:10| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

ご鑑賞

【ロッカーズ】
陣内孝則
レコード時代からロッカーズは聞いてました。中学の頃すか。そりゃもう感動でした当時。
1枚目なんか早い早い。歌謡曲しか知らなかったちびっこにはえれーショックでした。
どんな音楽をどう聴いてたかってのは、若者の人格形成においてすごく重要と思いますが
相当に大きな部分がロッカーズ、ルースターズだったんす俺。だから映画化は
かなり気になってたんすが、演じている若い衆の顔を見たらどうしてもパス。そのまま
なんとなく忘れてたのを、やっと先日ご鑑賞。結果で言うと、最後ボロ泣き。
劇場で見なくてよかったー。いやもうEDで流れる「涙のモーターウェイ」は絶対反則。
ギターソロで爆発。眼球が。久々にエンドクレジット終わっても涙止まらず。

映画としては決して出来がいいわけでなくそれどころか耐え難い稚拙さもあるんすが、
逆に言えば伝えたい事が伝わるなら、実は手段なんかどうだっていいわけです。
技術論その他は理論武装の腐れアカデミャーどもに任しときゃーいいんです。
映画は何かが伝わればそれで十分成立すると思うし、ポイントは間違いなくそこ。
そういう点において、おそらく経験したものでなければわからないガムシャラな想いを
トレースしただけなのかもしれないすが、それでもう足りすぎるくらいに足りてました。
オチャラケ陣内も立ち位置が十分判った上で一歩引いて、谷に捧げたこの映画。
主役の青年も懸命に陣内を演じており、ライブシーンは十分価値あり。
ハートという点で言うなら満点です。博多最高。めんたいロックばんざい。


【ジャイアントロボ】
「忍者怪獣ドロゴン」「敵は怪獣イカゲラス」「両面怪獣ダブリオンの挑戦」
ちゃんと見ないともったいないので、そういう作業の時用に我慢しているジャイアントロボ。
いやー素晴らしい。本当に面白いです。あらゆる点で。これを当時見られた子は幸福です。
ついにキャベッジパッチキッズに先駆けること20年、驚異のセルロイド製子役、人間アンパンマン
マリー花村登場。
いきなり紹介で39・・・なんて言うから39歳か?と思ったら39ヶ国語話せるという説明。
あーびっくりした。そんなに喋れたらパツンパツンの顔の中にある脳のシワはビッシビシで
気持ち悪いなと、ぼーっと考えてしまうほどのトリップ顔。見るな、こっち見るなマリー。
もはや日本の子役はみんなアニー臭いのばっかになりましたが、古来伝わるこの
からくり系早回し声の子役は捨てても戻ってくる呪いの人形ばりにパワフル&ショッキング。
まあそれはともかくとして残念ながらチンピラ幹部のスパイダーはイカゲラスのヨダレで溶解死。
うー、もったいない。
しかし続く回で、室田日出男のブラックダイヤ登場。見てくれはまだダイヤには程遠く
石炭みたいな感じですが、いい味出しておりぜひ頑張ってユニコーンを壊滅させてください。


【妖術武芸帖】
「怪異まわし笛」
これまたそういう作業用のちゃんと見候補。スーパー素晴らしいです。
マジで燃えますねーこれ。なんつーかいい意味で冒険小説というか活劇臭い展開で
ワクワクすることこのうえない。冬木透の音楽がまた品よく、それでいて男っぽく
バトルを盛り上げてくれ、主人公が普通なのもグーで、マジメに傑作と思います。
世が世ならライダーよりも・・・いや、それはねーか。でも赤影以上には評価されたはず。
十分、大人の鑑賞に耐え得るプロットの転がり方が心地良く、伊上脚本は勢いだけじゃ
ないんだな、実は緻密に裏付けされてる技術あるんだなー、と感心しっぱなしです。
これのサントラ出ないかなー、海賊盤でもいいから欲しいす。絶対ないと思うけど。
posted by サンダーロードスタイル at 19:23| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

作業場通信更新

スカルピー王国、ウルトライダーの彫刻終了の巻

ur1.jpg

冬瓜を食ったその後、白じゃなく黒いウンコが出てます。
実は冬瓜は保存がきく野菜で春まで大丈夫だったんだとか。急いで解体して大失敗。
posted by サンダーロードスタイル at 19:26| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。