2005年01月31日

1/31

【暗黒街仁義】
渡辺祐介
アメリカに流れて15年。戻ってきた鶴田浩二を待っていたのは…別にどうということはない
普通の東映暗黒街だった。というわけで銀ダマ鉄砲みたいに倉庫で銃をパンパン撃ち合う
大人げない幼稚園バトルが描かれるわけですがそこはさすが笠原和夫。こんな事ばっか
やってっと坊ちゃん方もこうなりますよ、と主人公をまたしても夜道でヒキ殺シング。
県警対組織暴力の原型すかね。しかし暗黒街モノはどれとってもだいぶキツイなー。


【男たちの旅路】
「第1部 非常階段」
警備会社に勤務する特攻帰りのオジさん鶴田浩二と、マジメな青年ヨシカークン森田。
あと見るに耐えないほど最悪の若者を好演する水谷豊の三人が織り成す人間模様。
三人は自殺の名所となりつつあるビルの夜間警備を担当するが、そこにダイハードよろしく
桃井かおりが侵入。数々の工作の後、自殺にチャレンジ。当然ながら鶴田浩二に怒られ
ビシャビシャに叩かれる始末。タリメーだ。命を粗末にすんな。内容的には完全にイントロで
今後の為の人物紹介といった感じ。今後はともかくミッキー吉野の音楽がうるさいっす。


【熱中時代】
「お雛さまとさびしい宇宙人」
あんまし酷い若者ぶりで嫌いになりそうになったので、マトモな水谷豊を見ることに。
ウソつきの少年の話。自称宇宙人のチンピラにベンジャミン伊東。フグの内臓入りの
焼酎飲んで夜霧を今夜もありがとうのむせびなくサックスをバックに雲龍型の土俵入りを
披露してくれますが、それほど異常ではなく土曜グランドロマンらしいごくごく普通な話。


【SG-1】
「邪神の末路」
ゴアウルド内の権力闘争に負けたアポフィスが地球に亡命。それを追って新たなゴアウルド
ソーカーが出現。地球は宣戦布告されアポフィスを返還するしか方法がないが、ソーカーの
亜粒子攻撃にゲートが封じられたまま身動きがとれなくなってしまう、という話。いちおう
敵組織の交代劇っぽいんすが、そこまで敵として描かれてるわけでもなく、このところの
同盟続きですっかり助勢を得て強気の地球人を脅かす感じのテコ入れ話。
アクション的には面白いんすがもうひとつグっと来る話がそろそろ欲しい感じ。


【仮面ライダー】
「怪人クラゲウルフ恐怖のラッシュアワー」
遊園地のオバケ屋敷の化け猫着ぐるみが越前クラゲをかぶったようなナゲヤリテイストが
ホっとさせてくれるクラゲウルフは電気をため込むと右腕にプラス、左腕にマイナスで
相手に電気を流し込むというスペシウムチックな荒業を身につけてリツオボイス全開。
今回脚本は島田真之。もったいつけたナイス設定で子供心をくすぐって放り投げる
天才力発揮で、本郷は電気の音を聞き分けてクラゲウルフの変装を見抜いたりナイス展開。
触るとビリビリすんだかしないんだかメチャクチャで設定を信じて見てるとかなりスリリング。
しかし設定を信じて見ないと製作者のいい加減ぶりに眩暈がしてくるライダーらしい一編。
posted by サンダーロードスタイル at 00:51| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月30日

1/30

【仁義と抗争】
松尾昭典
タタタラッター♪っと完全に青春音楽をバックに展開されるOP映像は扇風機で風を浴びて
爽やかに密造拳銃の完成を待つ松方弘樹。しかも値切りに応じないオヤジを殴って逃走。
そのへんいつも通り。そして採石場で試し撃ち。4発で車を大爆破。でも音楽は間違いなく
青春サウンド。トヨタ提供スポーツアワーみたいな感じ。しかしその後、あき竹城登場。
松方フンドシ姿で話は完全にコメディに突入。と思ったら中盤から一気にマジメな任侠展開。
しかし最後のシーンは大草原に20人の芸者が立つ中、白いスポーツカーで走り去る弘樹。
爽やかサウンドでタタタラッター♪と高速道路を俯瞰カットで高原の風が吹くかのようですが
当然走り去る元となった場所には銃殺死体多数。なかなかによく出来た当時の東映らしい
小気味よい作品。脚本は高田宏治。ファックシーンも少なく子供に安全な人殺しムービー。


【うちのホンカン】
パートV
支笏湖勤務継続中。娘の仁科明子に彼氏がいると判明。その男は自分の上司にあたる
室田日出男。どういう恋だ。娘さんをください、とホンカンの元を訪れる日出男。ホンカンは
まったくどうにもならず、伏線として張ってたらしい話もまったく生きず、音楽の使いどころ
に限っては完全に狂ってるとしか思えない前衛的使用でワケわかりません。尺も短く
なってるような気がするし、なんだかなー。相変わらず八千草薫は可愛いババぶりの
ラッキョぶり。茜さんのお弁当が見たくなります。大滝秀治も相変わらず絶品なんすけどね。


【荒野の素浪人】
「掠奪 眠れる埋蔵金」
いきなり冒頭から狂ったようにサービス過剰な展開。猿回し、人間の出来た指南役、
南蛮医者、拳銃使いを狙う浪人、用心棒を雇いたがる娘、それを見張る男、と思ったら
全員埋蔵金を狙う連中として集合。その後も失速することなく奪い合いの殺し合い。
まーエンターテインメント。脚本またしても隆慶一郎。やるなー。内容的にも絵柄的にも
殺陣的にもどんどん面白くなってきてます。世界のミフネの顔かとにかく脇役が豪華。
豪華というか手堅いというか、安心して見られる感じ。


【狼無頼控】
「地獄の罠」
荒野の素浪人がいい調子なので、時代劇をもう1ライン復活。いきなしゲストに五木ひろし。
と思ったら紋次郎中村まで投入。久しく見てない木枯らし紋次郎も見てみたいすが
DVD買うほどじゃねーしなー。で、今回内容的には特に何もなく別に見たくもないのに
本人だけは出し渋っている潔くない渥美マリの吹き替えヌードで興醒めしただけ。
中村敦夫は最後までカッコよかったっす。バットマン並にケープの使い方が上手い。


【俺はおまわり君】
「わが街に、銀行強盗」
普通。というより結構苦痛。出てる人々にどんどん興味がなくなっていくのは何故?


【SG-1】
「奪われた肉体」
ゴアウルドと戦える知識とダニエルの命を天秤にかけ、断固命を選択するSGチーム。
将軍の言う「星よりも命が重い」はどこまでどうだか微妙な発言すが、それでも確かに
その判断は正しいす。つまり後悔しながら勝つよりも、納得して討ち死にしてやる!と
そういう事になります。けど、いいんかなー。まあいいか。将軍悪役じゃ困るしな。


【JAG】
「実弾演習の罠」
原題は強行偵察部隊。演習中の事故の調査のため、海兵隊の強行偵察部隊に曹長として
潜入するハーモン。事故は過失か故意によるものか。調査の結果判明した事実は苦い結末を
招くわけすが、くー、これは苦い。苦過ぎ。部下を思い命を重んじ、演習で極限を求める上官。
しかし海兵隊のルールとしては許されない。しかし新兵を叩きあげるには苦難を課す事が
愛情であり最良の方法。そんな古い鍛え方しか出来ない上官は新しい海軍から去りゆくのみ。
いやー、苦い。でもこの敗北を描けるってのはスゲーす。


【仮面ライダー】
「仮面ライダーは二度死ぬ!!」
旧ショッカーの科学者に佐々木功。妖術武芸帖の話を聞いた後じゃゲスト扱いでは
悲し過ぎてます。いいんじゃないの?ライダーにしてあげちゃっても。とどうにも居心地が
良くないす。しかも魅力ゼロのサソリトカゲスはソーリーソーリーといちいちペコペコ
謝ってるみたいでもちょっとビシっと行けねーのか。つーかカッコよく泣け。弱点も背中って
デカイ。もうねゲルショッカー全然ダメ。早く出ねーかなニセライダー。うー。
posted by サンダーロードスタイル at 03:38| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月29日

作業場通信更新

1/29抑え企画
よーしあとはマジメにやるだけだ。
でも人間は詰まれば詰まるほど、余計なことがしたくなるのが普通なわけで。
posted by サンダーロードスタイル at 16:27| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月28日

1/28

【クルマはかくしてつくられる】
福野礼一郎
実は2泊3日で温泉に行ってきました。この本、一昨年の暮れに購入してからずっと
温泉でゆっくり読もうと我慢してた本。でいよいよ念願かなって読んだわけですが
誉めても誉めても誉めたりないスーパー素晴らしい1冊。
めくるめく未知の世界とまさしく筋の通った大人の観察眼。これぞ知的好奇心の刺激。
これがまたあまりに情報量が多くて、本気で読んでも進まない進まない。で一章ごとに
それだけで1冊の本になりそうな内容をかなりエッジの効いた切り口で説明。完璧です。
2日かけて1冊読めませんでした。続編に「超クルマはかくしてつくられる」ってのもあって
それも持っていったもののとてもじゃないすがそこまで及ばず。いやーこの人は凄い。
モノを作る人は絶対に1度は読むべき本だと思います。


【四万温泉】
2泊3日
というわけで行った温泉は群馬県は四万温泉。映画のロケ地にもなった明治からの
建物のある古い風呂。幸いに天候に恵まれ昼は風花のように吹雪いたかと思うと
夜はポッカリ月がクッキリ。翌日は雲一つない空で窓からの眺めは温泉雑誌の一コマ。
シーズンオフなのでほぼ温泉貸切状態。なんか不便があったかと言えば食いすぎたくらい。
蕎麦が旨いので食うのはいいんすがなかなか消化されないすからね。腹が減らないけど
食事の時間は来るわけです。十割で石臼引きの蕎麦は水がいいせいかビシッと締まって
絶妙。で、なんつってもですね、人がいい。今回見直しましたグンマ。まさに義理人情。
わがままついでに上毛カルタの有無を尋ねたところ、わざわざ車で30分のところまで
買いに行ってくれたり、涙チョチョ切れモノの人の良さ。いちおう他の温泉も日帰り入浴で
入ってみましたが泊まったところが一番よかったすかね。まさにかけ流しの本物で
笑っちゃうくらいツルツルになりました。いくつかの風呂に次々入り、ドブ漬けメッキ状態。
今度は4泊はしないとダメかもしんない。つーか、やっぱ旅行で2泊は無理があるな。
でももちろん前日は徹夜で仕事を進め、帰った夜も徹夜で仕事を進めてます、はい。


【上毛かるた】

グンマのガキは強制的にこれをやらされます。で大会があって無理やり町内別で参加
させられ否が応でも覚えさせられるわけですが、当然その頃はマジメにやる気なんか
ないわけです。総数が偶数なので同数決着の場合『つ』(ツル舞う形の群馬県)の札を
取った方が勝利(名づけて、つ勝ち)という他県の人間が見たら完全にアタマおかしい
ルールが基本の腐れカルタだと思ってたわけです。その中で唯一ヌードの絵札が『よ』。
(世のチリ洗う四万温泉で当然今回の温泉決定の原動力)なんすが、俺なんか勝敗に
関係なく「よ」だけは絶対に取る。他はいらないけど「よ」さえ取れば勝ちの「よ勝ち」と
自称して他は他人の札を吹っ飛ばしたりしてマジメにやらないか、練習をサボって
とっとと帰って(たいていは冬の夜、町内で練習)家でテレビ見てるかしかない、まさに
御仕着せのダメイベントだったんすが、上記の通り宿の人に遠くから買って来ていただき
完品を手にしたわけです。当時はガキが汚い手で触ったカルタだけ配布されて練習
させられ、同梱されている小冊子は見た事もなかったんすが今回初めて読みました。

そして感動。

実はこのカルタ、進駐軍による戦後の思想統制に対抗すべく作られたもので平たく言うと
圧政にめげず自国の文化をどうにか子供に伝えようとして作られた苦肉の策だったとか。
しかも上州人気質、すなわち極めて任侠的義理人情を植え付けるべく謳いあげたもので
祈りと誓いを込めて、民族の誇りを次世代に伝えようとしたメッセージだったんす。
そこで引き合いに出されるのはなんとナバホインディアン!ああ、俺大人になってから
任侠物とインディアン物は心の支え。実はこのカルタによって知らない間にそういう
義理人情的タネをかっちり埋め込まれていたのだと判明。あまりにカルタ製作者の
思った通りの人間に育ってしまっていることが判明しツレアイ大爆笑。グンマ株急上昇。
いやー、上記のクルマは・・・の福野礼一郎文章も相当に熱く、眩しいばかりの人間賛歌で
胸が高鳴る思いでしたが、この上毛カルタの小冊子も負けず劣らず熱い!なんだこの温度。
というわけで、かなり脳みそも刺激された旅だったのでございました。



sima.jpg

初日で道のすぐ上にいたサル親子。周囲に30匹くらいいました。
posted by サンダーロードスタイル at 22:26| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月27日

1/27

26日の残り分

【JAG】
「麻薬王との対決」
普通。


【俺はおまわり君】
「うなされる夢は女と」
普通。


【5年3組魔法組】
「校内マラソン、走れ!チクワ」「魔女ベルバラがだまされた!?」
クラス対抗マラソンを押しつけられたチクワは車椅子の少女を助けるが、その子は
かつて母親の交通事故を目の前で見て以来ショックで歩けなくなっている。
で自分はマラソンで頑張るから君も歩くの頑張れという話。歩けない少女は後の
オニャンコクラブで、東映子役でよく見る…名前は知りません。見所は50になろうかと
いうのに体操服で小学生のマラソンに混ざろうとする曽我町子。警察呼んでくれ。
さらに続く話では目撃者曰く“髪の毛のオバケ”にされる曾我町子。アニーもかくやと
思わせる真っ赤なウィッグでなくヅラにコイノボリ刺さってる前衛ヘッド。そんな頭にした
美容師は先日「代貸」で若山富三郎に首を絞められて殺されてた三原葉子。
さすが恐怖女子高校シリーズ常連。見応えあるなー。
posted by サンダーロードスタイル at 00:00| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月26日

1/26

【続 決着】
石井輝男
前作から8年後、いきなり長髪でモンキーズみたいになってる梅宮辰夫でオープニング。
と思ったらヅラ。なんだやっぱり角刈りか。親分の娘に大原麗子。可愛さ爆発ですが
こっからどういう繋がりか不良番長に巻きこまれるかと思うと不幸っぽくて可哀想。
その後すったもんだで終了。東宝系役者は全員死亡。女性を拷問するのにロクでもない
ところに焼きを入れたり、トランペット吹きの指を切り落とせと騒いだりさすがテルオは
無意味にエログロ。無意味といえば最後に兄貴が瀕死で救急車に乗せようと運ばれてる
途中だってのに辰っちゃんは3分くらい救急隊員の作業を止めて「死なないでくれ」と懇願。
長げーの長くねーのって、助かるものを助からなくしているのは君だ辰夫。救急隊員の
皆さんはこういう輩を見つけたら迷わず脳に直接鎮静剤を注射してください。ブッスシ。


【仮面ライダー】
「ゲルショッカー出現!仮面ライダー最後の日!!」
少年つーか子供ライダー隊だけで興ざめなところにゲルショッカー出現。素晴らしいのは
ゲルパー薬だけで、子供はバカだからこういう派手なの喜ぶんだよ的色彩感覚が
ヒジョーに不愉快。内容的にもさして盛り上がらず。いや盛り上がってるんでしょうけど
こっちの嫌いな方向での盛り上がり。唯一いいシーンと言えば調子に乗って櫓で大声で
演説ぶってるブラック将軍の将来を見据えたありがたい決起トークをブッツリとさえぎって
現れるライダーの素晴らしさ。ライダー話腰折り。ボッキリと来た。さすが技のデパート一号。


【荒野の素浪人】
「獄門 関所破り」
気に入らないから斬り殺す!と勇んで代官屋敷に乗り込んで返り討ちにあい
磔獄門送りにされることになった九十郎。どんな事があっても死なない自信か
それとも別に策があったのか視聴者には明かされず見る限りは無計画無鉄砲。
九十郎の獄門話と御用金狙いの関所破り話もほぼ関連性はゼロ。タイトルを正確に
言えば「獄門決定の九十郎、たまたま輸送中関所破りに出くわす」。でも殺陣というか
なんか妙に撮影が決まっており、そこはカッコいいす。スローで血が噴き出したり
ババっと広がる悪党群を捉える俯瞰とか。と思ったら撮影は斉藤孝雄。おお黒沢組。
それはそれとして黒い衣装に身を包んだ山賊「抜かずの矢市」登場。
その男誰かと思えば、あ、ブラック将軍。さすが前世でも人殺し。しかも女の帯を
引っ張って男ならだれでも一度は夢見る後家ベイブレード実行。お見事。
20秒後に殺されましたが。


【SG-1】
「ブラックホール」
ある惑星の調査に向かったSGチームの連絡に異常が。続いて送られて来た現場の
映像で判明したのは近づくブラックホールによってゲートの向こうの時間の流れが
遅くなっているという事実。しかも開いたゲートが閉じられないままホールの影響が
地球側にも届き始め、重力場が広がり始める。時間の進行が遅くなり始めたSG基地の
異常に気づいた政府は基地の爆破を決定。しかしサムがゲートの方向を返る作戦を
発案。指向性爆弾によってゲート内にエネルギーを送り込むべく決死の作戦が始まる。
もうなんつー勢いだって感じで進行中。会話で話が進まずきちんと映像で進むとこが
スタートレックと一番違うとこです。燃えるなー。
posted by サンダーロードスタイル at 05:33| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月25日

1/25

【代貸】
佐伯清
八名信夫の指ヘシ折シーンからスタート。掴んだのは我らがTommy。トミザブロウ若山。
なかなか任侠映画史に残る八方塞の若造、梅宮の辰ちゃんを助ける唯一のキーマン
と思ったらレイプ魔。けっこう笑えないというかまだお笑い才能を発揮してない悪役三昧の
頃らしく情け容赦なし。未遂ですが。敵は大木、天津なのでこりゃ負けると思ってたら
デュマばりのダイナミックぶりで物語は展開。そして最終兵器鶴田浩二登場。しかも義手。
いよッ。待ってました。と言わずもがなの“ど”王道の任侠モノ。最後の殴り込みはトラックを
バックさせ鶴田若山梅宮揃い踏み。辰ちゃんは槍、鶴田ピストル、若山カラテと大暴れ。
どこまで俺を喜ばしてくれるのか。でも一番面白かったのは、人が話している最中に
いやがらせなんすが、人と人の間をビュン!ダス!と“生で”ナイフを投げる富三郎。
目の前でリアルナイフ投げはかなりデンジャラス。しかも力ありすぎなのに下手なんで
ナイフは辛うじて的に刺さりビヨヨンとだいぶスリリング。危なっかしくて仕方ないのに
我慢して芝居を続けている2人は役者魂炸裂。楽しそうな富三郎最高。はい100点。
いや、せっかくの鶴田ハンドが武器として機能しなかったので95点。


【バイオニックジェミー】
「ゴールドマン局長暗殺指令 後編」
気象コントロール装置を操作し、ついに米軍と対峙するフランクリン博士。海軍は博士の
基地の周辺で吹き荒れる嵐を前に近づく事すら出来ない。そこでスティーブとジェミーは
原子力潜水艦で近づき、ミサイル発射管からダイビングで島に上陸を試みる。しかし
そこで待っているフェムボット軍団。加えて島に嵐を引き起こす博士。遮蔽物のない中
雷撃が2人のバイオニックを襲う!と素晴らしく素晴らしい展開で素晴らし過ぎてます。
そして最後もジェミーらしいオチで、またしても田島パワー全開。鼻声も効くぜ。


【SG-1】
「宇宙人・第5の種族へ」
ちょっとは内容的にセーブしようという気はないのかっつー感じでさらなる展開。
かつて訪れた惑星と同じ言語をもつ惑星を発見したSGチーム。しかしその惑星を訪問して
みると惑星ではなく部屋のような場所。オニールはある機械を作動させてしまい、脳に
大量の情報をインストールされてしまう。それはスターゲイトを作った種族が残した
データベースであり、データを得たオニールは目的のわからない機械を組み立て始める。
オニールが書き換えたデータ通りにゲイトがダイヤルした場所はなんと8桁目のシェブロン
だった!というわけで全宇宙電話システムに、市外局番開通というおめでたいエピソード。
広げた風呂敷をパッチワークでつなぎ始めた感じ。すでに第2シーズンでゴアウルドに
割と余裕で勝てるスタンスになってきたのか。いやそうはいくまい。と今後にさらに期待。
posted by サンダーロードスタイル at 10:23| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月24日

1/24

【バイオニックジェミー】
「ゴールドマン局長暗殺指令 中編」
フェムボット2体との死闘で重傷を負って入院中のジェミーをフォローすべくスティーブが
戦線に登場。フェムボットの操作電波の周波数から発信源を探し出しそこにいる局長を
救出に単身乗り込む。そしてこれまた死闘の末局長を救出するものの、それはなんと
局長のフェムボット。男だからメボット?オスカーゴールドマンだからオスボット?とにかく
それを知らずにOSI本部に招待してしまい、気象コントロール装置の手配を全て掌握され
気づいたスティーブはオスボットを倒すものの、装置は既に敵の手に。アメリカは凄まじい
悪天候に包まれ、なんと続きは次回へ!うおー3部作。盛り上がっとります。


【SG-1】
「タッチストーン」
OSIが奪われた気象装置は不完全すが、こちらのはカンペキ。一瞬にして惑星の天候を
操作するタッチストーンと呼ばれる異星人のテクノロジーが、なんとSGチームによって
強奪されたという。調べるとかつて発見され封印されていたもう一つのゲートが稼動して
いる事実が判明。SGチームは急行するがそこで遭遇したのは謎の部隊。米軍とも違うが
米軍の装備を使っている部隊がタッチストーンを持っており、しかもゲートを使用している。
軍上層部は関与の明言を避けるが民間企業が計画に参入しているらしい。まったく予期
しなかった謎の勢力が登場し、俄然容赦なくエンジンぶん回して絶好調。おもしろい。


【仮面ライダー】
「地獄大使!!恐怖の正体?」
いやー、ついにサヨナラ地獄大使。こんだけ愛らしいというか味の出た幹部はもう2度と
出ないわけでこれは設定ウンヌンではなくやはり潮健児という稀有な脇役の味ゆえで
こういう東映系の役者がもういないっつーのは悲しい限りすねー。潮健児ベスト3を
上げるとすればこの他、「極道」でのラスト殴りこみに連れて行ってもらえない役と、
サシで鶴田浩二を倒した「人生劇場続飛車角」を上げたい。あとやっぱし「暴走パニック
大激突」。あの世で若山富三郎のとこに挨拶いけてるといいなあと本気で合掌。
posted by サンダーロードスタイル at 20:34| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月23日

1/23

【人斬り】
平田弘史
映画をコミカライズしたものらしいですが映画は未見。三島由紀夫が出てるっつーだけで
パス。なのでコミックの方でどうアレンジしているのか不明。以蔵話として読む限りでは
非常にリアリティのあるスタンスで描かれてると思います。で十二分に劇画魂炸裂で
冒頭の転がりながら蝶を切る流れといい、姉小路公知暗殺のドカッ!なんつーカットは
個人的には鳥肌もん。各回の扉絵も鳥肌ですが、読み終えて閉じて気づいた背表紙も
鳥肌。決して薄ら寒いところで読んでただけではない、さすがの時代劇画。上手い。
しかし1600円っつーのは高いなー。毎度毎度なんで俺の選ぶコミックは高いのか。


【仮面ライダー】
「恐怖ウニドグマ+ゆうれい怪人」
おやっさんがショッカーに会って助けを求めている(待ったなし)というのに「里帰りしてまで
ショッカーに会うんじゃ可哀想だ」「日ごろの行いが悪いんじゃないのか」などとヘラヘラ
笑いながらバイクで現場に向かう本郷&滝。完全にルーチンワーク。コラ!で、いよいよ
新組織の影が見え始め、気が短いけど部下思いの地獄大使、死のカウントダウン開始。
でも今回一番感心したのは殺されたトオル君の両親。顔にチョコレートをかけられた
だけなんすが溶けてるように見えるんだなー。あとは怖い一つ目怪人のように見えて
実はウッドストックそっくりのウニドグマの黄色い顔。なかなかプリティ。
posted by サンダーロードスタイル at 04:08| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

1/22

【JAG】
「ワシントンの休日」
ルーマニアの皇女の護衛任務を任されたハーモン。じゃじゃ馬な皇女はルーマニアの
NATO加盟宣言と同時に暗殺者に狙われる事がわかっている。娘の身を案じる王は
加盟宣言を諦めようとするが、皇女本人が宣言してしまう…という話。どっかで見たこと
ある皇女役の娘はどこで見たのかまったく思い出せず。どこだったかなー。
それはそれとして先日の録画ミスのちゃんと録画モノを発見。なるほどそういうラストか。
というわけでハーモンの婆ちゃんの名前がサラと判明しました。(どーでもいい)


【バイオニックジェミー】
「ゴールドマン局長暗殺指令 前編」
やっと来たぜフェムボット。バイオニック研究と同時にロボット研究を進めていたOSI。
当時の研究者フランクリン教授は、気象操作装置を奪うべくOSIを離れて以来作っていた
フェムボットをOSI本部に潜入させ、ゴールドマン局長を誘拐させる。しかし局長はもし
自分が誘拐されたら即座に機密保持の為暗殺せよ、との命令を残しており、その命令が
発動。なんとか局長を助けようとするジェミーだが2体のフェムボットの前に惨敗。しかも
治療の為、バイオニック機能を低下させ昏睡したところにフェムボットが迫り…で次回へ。
フェムボットは遠隔操作も可能な自律型ロボットでウェストワールドみたいなもんすが
やっぱワクワクします。アンドロイドVSサイボーグの実写対決ですからね。ま、全部
スローモーションで室内でソファ放り投げたりとかのキャットファイトでしたが。


【俺はおまわり君】
「春の日に母を想いて」
青森出身の青年が「ハマで育ってハマに来た黒人にドラムを習った」という謳い文句で
デビューしたため、せっかく尋ねてきた母親に会えないという話。ふーん、程度です。


【熱中時代】
「人情タコ焼き先生」
授業の遅れを指摘されつつも、宿題を課すのは信念に反すると頑張る北野先生は
子供に読んでやる本を買ったりして散財。すっかり金欠状態。しかし子供たちは先生を
助ける為進んで宿題を買ってでる。同じ頃青空は念願の役者学校に合格。当然兄に、
月謝を普請。金欠の先生は引きうけたもののおかげでせっかく買った本を売るハメに。
そんな中宿題が出来ない子の相談を受けると父親が腕を骨折して仕事が出来ないため
家事をしてて宿題が出来ないと判明。先生は父親の稼業であるたこ焼き屋を買って出る。
そして子供に心ばかりのお礼に振舞われた酒(ツマミ猫缶)に酔って帰る所をPTAに
目撃され、バイト&泥酔で問題に。しかし子供の家庭の秘密を話すわけにはいかない。
断固あと10日はタコ焼きを続けますと宣言する先生と、それが青空の為のバイトだと
勘違いする人々の間で事態は混乱に次ぐ混乱となり…という話。布勢博一の脚本見事。
スーパーいい話。ここに来て生徒としっかりと関わり、脇もしっかり固まり万全。感動。
がんばれ北野先生。
posted by サンダーロードスタイル at 00:36| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月21日

1/21

【裏切り者は地獄だぜ】
小沢茂弘
ぐっと腰を落として2丁拳銃を構えた片岡御大演じる「海山千吉」の等身大写真に銃弾の
雨を浴びせる山本麟一。すると本物登場。「いくらおめえたちがジタバタしてもビクともする
相手じゃねえ!俺を裏切った野郎は地獄行きだぜ!」(意味不明)バキュンバキュン!
そこで掛け声「ぃやー」(YEAHじゃなくて純和風の気合)主題歌開始。
「うーみせん。やーません。いーっきとーせーん♪ぃやー!
誇りも高ーき、地獄野郎ー、俺らの行く手にゃー敵はなーいー
くるなーらー来てみーろーガンさばきー、見せて地獄へ逆落としー、ぃやー!と
実に軽快な男性合唱。(この後劇中を含めて最低5回は合唱アリ。覚えちゃうっつの)
そして続く主役の1人進藤英太郎登場。扮するはピカドンの寅次。新進気鋭の黒人選手
相手にいきなりチンコパンチ。倒れたら足を引っ張ってさらにチン打ち。ちなみに競技は
ボクシング。肩には刺青(マジック)で「スキスキ女」。さすがだなー。この時点で大満足。
しかし実はトラジは服役中で、ボクシングの腕を評価されて釈放。迎えに現れた子分は
まだ鉄火肌の健さんと江原真二郎。オープンカーに女を乗せて拳銃乱射。面白半分で
警官を射撃(チャリのハンドルですが)、トラックも道路から脱輪させワハハハ!と
大喜びで直行したのは温泉。そこで待つ御大。背中に13の星の刺青(始末した相手の数)
とトータルリコールの20倍は展開が早いす。さらにその後鶴田浩二がキューバのジョーで
投入。よーし今回から映画の感想は点をつけることにしよう。はい、100点。


【仮面ライダー】
「怪人イモリゲスじごく牧場の決斗!」
伊香保温泉の地下に超音速機の秘密基地を作れ、とまさしく無理難題を命じられた
イモリゲス。貴重な労働力を得るべく温泉街のオッサン達を誘拐して働かそうとしてる
わけですが、あー無理。グンマーの男どもはたぶん日本一働かない人種で競輪競馬に
パチンコマージャン負けりゃ妬け酒また借金、で身を持ち崩すところをかかあ天下で
バランスを取ってるわけですからライダーが邪魔するまでもなく計画失敗間違いなし。
そういう意味では企画会議をして却下とかしてたガランダー帝国は割に優秀だったのか。
で、温泉ロケで張りきった滝は三度笠の股旅姿で、国定忠治とか言っておきながら
楊枝を咥えて登場。それは紋次郎。しかしそんなのばっかだなグンマ。


【荒野の素浪人】
「狙撃 関八州取締り」
だんだんとくだけてきたようで初っ端から狙撃&おっぱいポロリのサービスあり。
しかしその後すぐ薄バカ呼ばわりのちょっと足りない青年が冤罪で捕まったり
婚約者を裏切って後ろから刺したりともうちょっと明るくなんねーのかな。ただ少し
殺陣は派手になりつつあり馬上の九十郎VS漁師軍団とか火縄銃VS連発短筒とか
そのへんは明るくなってますが、いまんとこ内容そのものが苦渋郎。


【SG-1】
「精霊」
鋼鉄の数百倍の硬度を持つ金属を産出する惑星に送りこまれたSG11からの連絡が
途絶えSG1が出向くことに。そこで遭遇した人種を騙して鉱物を得ようと企む軍上層部の
計画を惑星を守護していた異星人が察知しSG基地に侵入。破壊工作を展開…という話。
毎度毎度綱渡りな任務で、突出したエピソードではないすが普通に見せてくれます。
つまんなそうに書いてますがかなり面白いっつーか、レベルは高いです。
posted by サンダーロードスタイル at 22:01| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月20日

1/20

【荒野の素浪人】
「必殺!帰らざる街道」
今回のゲストは宍戸錠。鉄心の名にふさわしく弓矢を胸で受けて跳ね返し
武道を極めれば、なんつー事を言いますがただの着込み。一撃でアッサリ負け。
しかし飄々とした九十郎の味とだんだんと豪華になってきた殺陣でエンジンが
かかり始めているような。にしても宿場全員悪人とかそんなに風呂敷広げなくても
いいと思うんすが並の状況じゃ世界のミフネには物足りないのか。刀舟先生
なんかちっちぇー事件でカンカンでバッキバッキに斬り捨ててたけどなー。


【仮面ライダー】
「三匹の発電怪人シードラゴン!!」
今回見て驚いたんすが、シードラゴンは3体作って出てたとばっかし思って
たんすけどねー。使いまわしでしたねー…なんかショック。ライダー伝説一つ崩壊。
1人やられると次にドーンて出てきたと覚えてたのになあ。しかしさすが
タツノオトシゴ。何をやってんのか理解不能。1世は登場と同時に黒プードルを
電殺し、子供を人質に取るも、子供を殺してお前も殺す!と興奮状態。結果
お化けマンションから落とされて死亡。続く2世は本郷を拉致し再改造まで
追いこむもののまたも本郷タヌキ寝入りにダマされ頭蓋骨に穴開ける為の
電ドルで腕をドリられ、側頭部をドリられ、心臓をドリられ死亡。ほとんど
イクタドリルマサカー。楽しそうだなーライダー。やりすぎだけどな。


【SG-1】
「勇気ある共棲共存」
トクラに軟禁されたSG-1に提示されてきたのは、死亡寸前のゴアウルドの
為の寄生主を差し出して欲しいという要求。応じられないと断るオニールだが
ならば共闘は出来ないと答えるトクラ。そこでサムが瀕死の自分の父親を
ホストとして差し出し、末期ガンを治療できるのであれば…というアイデアを
出すが、というお話。なかなか一定のレベルというかリズムでグー。


【JAG】
「戦慄の森」
レストアした複葉機で飛行中、トラブルで不時着したハーモンとマック。助けを
求めようと山中をさ迷っていると密猟者による偶然殺人事件に遭遇。通報
されると思われた二人は銃撃され、マックは腿を撃たれてしまう…という話。
しかし久々に痛恨の録画ミス。ラストわからず。サブストーリーの弁護問題は
謎のまま。くっそー。そういうわけで内容的にはほぼ「ロングターン」と同じ。


【999】
「好奇心という名の星」
これ覚えてます。なんでも見たがる人口生命惑星が脳波で999を引き寄せ、
その暴走する好奇心を満たそうとするんすが、脳波で頭の中を見るとかいう
SF的なものではなく妙にヌルヌルというかビショ濡れの塔が屹立してメーテルを
裸にしてジっと見るけどそれだけじゃ我慢出来ないんで、ナイフで切り裂いて
中身が見たいなどという、中学生魂でなく完全に理解不能の猟奇趣味炸裂話。
言いたかないですが、やっぱこういう感覚というか…いやまあしょーねーか。
全編に流れる病的なレージの内面が一番キモチ悪い形で出てきた話。
レージはぜひリハビリで放課後電磁波倶楽部に参加していただきたい。


【浪花侠客/度胸七人斬り】
小沢茂弘
ごく普通のやっつけ仁侠映画。出来た親分の志村喬、筋が通った鶴田浩二、金の亡者
金子信雄に腹黒い裏切り者で天津敏。なぜか(無理だと思うんすが)吃音の大木実と
全然新人じゃなくなってぶっくり太ったルーキー新一がフレッシュじゃない魅力で
体当たりというか頭刈られたり海に突き落とされたりと貧乏クジを引かされてます。
が、とりたててどうという話でもなく極めて普通の任侠モノ。ほんの殺し合いです。
posted by サンダーロードスタイル at 03:48| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月19日

1/19

【5年3組魔法組】
「奇々怪々なしっぺ返し!」「しごきだ、ガッツだ、友情だ!」
例のお金を逆に貰う世界の話の続き。そこから脱出するのにもう一度
マンガンキーを使ったハテナマンはしっぺ返しの恐怖に怯えるがその様は
完全にファイナルデスティネーション(だっけ?)。完全武装で襲来に備えるも
その罰はあらゆる機械に触るとそれを破壊してしまうというエックスメンみたいな
能力を得ます。その能力で自販機を壊し、誘拐犯の車も破壊。本人大喜び。
当然そんな素晴らしい力は取り上げられました。ミュータント狩りにかからなくて
よかったな。しかしここで重大な事実判明。魔法は子供の感情がエネルギー源
でありその為にベルバラは魔女バッグを渡した…ということはモンスターズインクは
これのパクリだった!と騒ぐ人間はいませんでしたね。いるわけねーですが。


【荒野の素浪人】
「奪回 佐渡無宿人」
なんで九十郎かと言うと、三十郎の3倍強いからなんだそうです。すげー。
まだ梶芽衣子の甘え声はなく、普通に進行中。ゲストは老中役で宮口精二。
あとはレオのスポーツセンターのオヤジとか一つ目タイタンとか、どんな映画でも
最終的に本人でしかない大泉晃とか。レイプしそこねたあげく切り殺されますが。
今回の殺陣は割と意欲的。久世竜ではないようです。脚本は隆慶一郎。
まあ結局どうというものでもなく終了。少し二郎さん(坂上)が鬱陶しいす。


【SG-1】
「反逆者たち」
かつて寄生されたサムの記憶により、ゴアウルド内の反抗分子、トクラと接触する
SG‐1チーム。一見友好的に見えた彼らは、その極端なまでの逃避生活のため
他者を信用出来ないトクラ達はSG-1チームを軟禁してしまう、というお話。
いよいよガッツリ本題に入ってきました。しかもクリフハンガーで結果は次回へ。


【JAG】
「狙われた少将」
チェグウィデン少将がジョギング中ブービートラップを仕掛けられる。そこに
残されたサインはかつてベトナムで極秘に処刑した異常兵士のもの。亡霊を
信じず捜査を進める少将だが、身代わりに恋人がトラップの地雷により殺されて
しまう。犯人をどこまでも追いつめるべく辞表を出す少将だが…というお話。
いやー、さすがJAG長官。ハーモンの上を行く渋さでラストをビシっと、しかも
背中で締めくくります。なんだ随分と調子いいなJAG。名作続きです。


【999】
「霧の葬送惑星」「宇宙僧ダイルーズ」
今度の惑星も禁止事項がいろいろあって、葬式が趣味の惑星。当然、禁を
犯して生きながらにして埋められる鉄郎。お前は毎回毎回何をやってんだ。
続く話では葬式の次に坊さん登場。もしこれが連載通りの順番ならこれは
レージの生活上での歳時記みたいになってんではあるまいな。ちょうどコレ
描いてた頃葬式があってねー、みたいな。しかもその坊さんが叩く鐘、といっても
ハンドベルですが、それで鉄郎の歯が粉々になり歯医者を探す話です。
何言ってんだ?と思うでしょ。いやホントに歯医者を探す話なんす。


【決着】
石井輝男
決着と書いてオトシマエと読みます。ケリ、じゃないです。ゴール、でもない。
67年の作品なので意外にストロングスタイルの任侠物。当然ながら冒頭は
嵐寛寿郎がドーンと出て、でけー喧嘩を頼まれた。相手はシナの蒋介石だ。
みんな気合入れてかかってくれ。ワーーー!と兵隊極道みたいな事になるかと
思ったらそれは回想。と思ったら今度は戦後で、日本は降伏したかもしれねえが
この浅草は降伏なんかしねえ。ワーーー!でこっちもオオ!と思ったんすが
本題は全然違う話でした。テルオマジック。撒き餌上手。いつものズボンをボンズ
というビビッドな言語感覚で並の脚本をスパイシーに味付けし、たいしたことない
並の展開を妙に的確な撮影と編集で、なんだか見せきってしまうテルオマジック。
ま、最終的にはつまんなかったんですけどね。
posted by サンダーロードスタイル at 03:35| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月18日

1/18

【仮面ライダー】
「毒花怪人バラランガ恐怖の家の秘密」
ライダー史上もっともやかましいバラランガ。クラゲダール以来の鬱陶しさと
思ったら同じ沼波テルエ。ヒステリーババアチックな高音が脳を掻き毟るようで
凄まじくイライラします。で虚虚実実というより虚虚虚虚の空しく意味のない
馬鹿試合(ナイス変換)化かし合いが延々と続く名編。匂いを嗅いじゃ卒倒、
また匂いで卒倒、相手騙すのも匂い嗅いでニセ卒倒、と完全サイクル。
またもクソガキどもはバッタ人間の作ったまだ人体実験してない薬をボクにも
打って下さい!なんて事を言っとりますが俺だったら脳天に注射器突き刺して
やるぞ子供。だいたいシいちいち伝書鳩を飛ばすというシステムが気にいらん。
結果的に鳩は撃たれ、それでも必死にその毒を基地に持ち帰ってオヤジさん
卒倒。ガキどもはチャリでヘラヘラと寄り道気分で帰ってくるわけで迷惑度100。
ハトダメージ300。お前らが撃たれてそのまま家に帰って卒倒してりゃいいのに
とかなりカンカンで見てます。あとミニスカートのご婦人達を前に素肌にシャツを
ガバッと広げてセックスアピール満点の本郷もどうかと思っとります。


【SG‐1】
「破滅への道」
新たに訪れた星で謎の昆虫に襲撃されるティルク。昆虫の毒は遺伝子を書き換え
犠牲者を完全に栄養源とするもので体内のゴアウルドも抵抗できない。その
知らせを聞いて軍内ではティルクを研究しようと強引に彼を輸送。しかしティルクは
死に場所は自分で選ぶと逃走してしまう。死を待つティルクだが、実はそのまま
ティルクが死ねば何十の昆虫が孵化して街中に蔓延り瞬く間に100万を超える
数に増殖することに。毒への抗体を探すべくオニールは再び惑星を訪れる・・・
という話。なかなか素晴らしい。快調です。


【JAG】
「小さな目撃者」
知らずにIRAの闘士の子を生んでしまった米海軍大尉は、赤ん坊をその元夫に
盗まれてしまう。子供を取り返す任務でイギリスへ向かったハーモンだが接触した
元夫は子供は盗んでないと言う。実はイギリス警察の中に子供を奪った者がおり
彼はかつてIRAのテロで家族を失っていた。赤ん坊を取り戻すため、ハーモンと
IRAは手を組んで誘拐犯の刑事を追うが…という話。いやー、泣けました。
そんな泣く話じゃないのかもしれんすが、ラストの粋な計らいに。これは以前
ボロ泣きさせられた「過去との訣別」と同じパターン。やるなーなかなか。


【バイオニックジェミー】
「OSIを震撼させた遺産」
なんとゲストはビンセントプライス。でじっくりばっちりそっち系統の話作りに
徹底してサービスしてくれます。祭りです。たぶんこっちがわからん元ネタも
多いんだろうなあという感じ。無知は損するなー。ちぇ。
posted by サンダーロードスタイル at 03:45| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月17日

1/17

【バイオニックジェミー】
「グランドツーリー管制室応答なし」
最新医療装置を運搬し、給油のため北大西洋の孤島に立ち寄った飛行機
だったがそこには人影がない。調べるとどうやら発見された隕石に結晶生物が
付着しており、それが熱を得ると人間の聴覚に異常を及ぼし支配することが
判明。かろうじてバイオニックイヤーで助かったジェミーは耳の聞こえない
娘と2人で事態を収拾しようとするが、宇宙生物は自らを暖かい土地に運搬
させるべく基地の人々を操り、飛行機を発進させようとする…というお話。
定番のお話にうまくジェミーの能力・・・ではなく、パニックになるとビビっちゃう
女性特有の弱さが組み込まれておりなかなか見せます。退治も王道。安心の
一本。昔見た記憶の、あのじれったいスローの連続という印象はなく面白いす。


【SG-1】
「シークレット」
愛妻シャーレをゴアウルドに奪われ、1年で取り戻すという約束でアビドースに
帰ってくると誓ったダニエルだが、未だシャーレは姿すらない。そこで経過報告の
つもりでアビドースに向かうとなんとそこにシャーレが。しかも身ごもっている。
アポフィスの子を宿され、出産するまで体内のゴアウルドが休眠しているという。
一方、1シーズンラストの活躍で大統領に表彰されることになったオニールは
ジャーナリストに付きまとわれ、SG計画の漏洩を知るが、ジャーナリストは
オニールの目の前で事故死してしまい・・・という話。米軍が抱えるシークレットと
ゴアウルドが抱えるシークレットの2段構え。いやー、これから毎日見るぞ。


【うちのホンカン】
「ホンカンがんばる」
支笏湖駐在所勤務になったホンカンは8回目の巡査部長試験挑戦で初めて
1次を通過。しかし上がりやすいホンカンの気持ちを逆撫でしまいと気遣った
事は全て裏目に。そして試験前日周囲46キロになろうという支笏湖を1人で守る
駐在所に駆け込んでくる男曰く、遺書を残して湖に向かった娘さんがいる…と。
駆け出すホンカンだが・・・という話。前略以外倉本脚本は嫌いですが、前略は
ズバ抜けて素晴らしい。なのでこの大滝秀治のホンカンは微妙に期待して
いたものの、死人が出た時以外にこんなの流さないだろっつー陰鬱なテーマ曲に
乗せて、暗く暗くそれはそれは救いがない展開・・・と思ってたら、いやー見事。
さすがのアクロバット。脚本家のいい仕事で十分に染み入る話でした。やるな聰。


【俺はおまわり君】
「ついていない、今日もまたまた…」
どーってことのない話。最後に雅俊青春説教。普通。けど最後の殴り合いは異常。


【荒野の素浪人】
「乱闘 辰の上刻」
以前に他のクールを見てたんすが、これは第1回。音楽菊池俊輔。燃えるぜ。
と思ってたんすが老いた三船敏郎演じる素浪人はせいぜい五十郎なのに「峠九十郎」。
久世竜の当てる殺陣もまともに見られぬほどのもので、内容もまったく素浪人の
意味がなく、誰も救えず、何も解決できず。おかしいな。他のクールはもう少し
大問題を解決してたぞ。鉱山爆破したり。現在録画進行中なんでとっとと判断するか。


【牙狼之介/地獄斬り】
五社英雄
雄叫びと共に刀を振り回す若き夏八木勲のアップで始まり、否が応でも興奮する
OPとは裏腹に、途中でピンチになるとエウ、アヒ、と青息吐息もいいとこで(勲が)
主役の貫禄ゼロ。なに考えてんだ英雄。これは俗に言う主役イジメでは…しかし
脇を天津敏、西村晃、中谷一郎、潮健児と錚々たるメンツを揃えてます。その
メンバー全員に英雄がやらせた事は命乞い。頭おかしーのか英雄。普通そんなに
命乞いはありません。意地になって死んでくやつ1人くらいいれろ。しかも弱い者は
情け容赦なくどんどん殺され、相当後味が悪い上に、いちいち狼之介が
「なんで殺した?」とか中学生レベルの質問を連発。聞いてどーすんだっつーの。
ヒゲもチンゲも生えてるなら自分で考えろ。それともお前はウブという設定か。
だったらヒゲ沿ってもっとツルツルお肌で、ヒツジヤギ之介に改名すべきです。
というわけで脚本に鈴木則文が投入されるも焼け石に水。シリーズはこれで打ち止め。


【任侠興亡史/組長と代貸】
降旗康男
製作俊藤浩滋、脚本笠原和夫、音楽菊池俊輔、主演鶴田浩二、脇を人間ドッグ
もしくは犬人間佐藤允、丹波哲郎、敵に山本麟一で、その部下室田日出男。
そしてなんつっても沢村忠が笑顔(←奇跡の)で熱演、最後はまあ殺されますが
なかなか見応えあり。ついでにナレーションは小松方正、ついでに毎度おなじみ
カタコト中国人で遠藤太津朗だ、このもってけドロボー出血大サービスときた。
これで面白くなかったら金は返すよコノヤロー・・・となるはず ぐゎ。
降参を意味する白旗と書いて降旗康雄。旗はあっても振る気はなし。
もう少しなんとかなるんじゃねーのっつー話をことごとくボロボロこぼして回り
最後何も残らず。お前は満足に荷物運べねーのかと、これが運送屋だったら
絶対クビ。映画業界だから勘違いして持ち上げる芸術野郎みたいなのが
いるんでなんとかクビにならんけど実際始末書モンのポカだと思うんだけどなあ。
posted by サンダーロードスタイル at 04:26| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月15日

今年はこれで1年遊び倒す予感

ミクロマンを食わす


g

か、どうかはともかく、何も見てないから感想ないんでとりあえず
posted by サンダーロードスタイル at 17:17| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月12日

1/12

【エンジェル】
「魔法の弾丸」「犠牲」「決別」「家族」
ついに第4シーズン終了。結果的にですね。2と3シーズンはウンコでしたが
このシーズンは凄かったっす。シーズン的サービス度で言えばバフィに
ひけをとらないもんでした。しかも凡ミスかと思ったキャスティングはすぐに
狙いだった事が判明。見事に着地。他にダメだと思ったキャラも最終的には
うまく着地。いい具合に振り回された感じ。第5シーズンに期待しとくか。でも
スパイクが戻ってくるってのは期待出来ないす。あれで終りにしときゃいいのに。


【CIA】
「真実の行方」
心臓手術を施すという条件でテロリストに協力を要請したCIAは作戦を実行。

失敗。何人もの犠牲者を出してしまい、公聴会が開かれCIAの存続すら
危うい状況になってしまい、テリは仲間を守るため偽証する。

実はその偽証は必要がなく、結果的に逆効果になり問題は最悪になる。

思ったら実は作戦を邪魔したのは長年そのテロリストを追っていた者が
憎しみの為に情報を漏洩したことが判明する。

実はその漏洩の陰にはかつてテロリストに家族を奪われた女の復讐劇が。
しかし
実はその心臓疾患を引き起こしていたのは国土安全保障省にいる元長官
クインであり、しかもさらにテロリスト数名にこのウィルス性心臓疾患を
感染させており、今回の犠牲があっても結果的に作戦は継続しており
いずれ心臓手術と引き換えにこちらに情報を漏洩するテロリストが出るだろう
・・・と
壮絶に転がり回るプロット。10点満点で10点。お見事としか言いようなし。
ほんとこのドラマはレベル高いす。なんとなくでは流せんす。


【999】
「沈黙の聖地」「交響詩 魔女の堅琴」
大きな声を出しちゃいけない星で必要以上にギャーギャー大声出したあげく
縛り首になりかける鉄郎。すったもんだでその星の司法制度を破壊。続く
星では食べ物を歩きながら食っちゃいけないと禁じられた1分後に袋菓子を
パクつきながらウロチョロしてその星の自動司法システムに狙撃されます。
ほんとにこのガキャ檻に入れておいた方がいいんじゃないかと思いますが
その司法システムの元、独裁者の存在に怒った鉄郎はメーテルと一緒に
モーターボートで独裁者の島を襲撃。そして破壊。またしても星の制度を改革。
すげーな鉄郎。
posted by サンダーロードスタイル at 00:00| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月11日

1/11

【バイオニックジェミー】
「警官ジェミー只今特訓中!」「警官ジェミー第5分署に殴り込む!」
「ナッシュビルに愛をこめて」
地味ーな話。潜入捜査というより着せ替え人形みたいなもんでジェミーじゃ
なくてもいいような話にいちいち投入されてますがOSIは人材不足臭いす。
もう少し気の利いた敵を相手にバイオニックパワーを使えないもんか。
でもあまりに吹き替えが素晴らしいのでストレスはゼロ。恐るべし田島令子。


【JAG】
「赤道祭の洗礼」
セクハラをされたと言い張る女性パイロットの要請で古巣の空母へ調査に
向かったハーモン達。しかし女性の主張と周囲の評判は違う。男の中で
認めてもらえない焦りと怒りで自分の能力不足を嫉妬や不平等な扱いと
思い込んでいるが、能力不足は紛れもない事実。そこに女性地位向上派の
女性議員が現れたことで事態は急変。その女にチャンスを上げるべく無理やり
戦闘機訓練させてみたら案の定ヘタクソで着艦失敗、ドカーン。御本人死亡。
確かにツベコベうるさい腐れビッチには死の制裁を喰らわしたいのだという
問題提起かそれとも怒りの発散かよくわからんす気持ちはわからんでもない。
けどなにも殺さなくても。思い知らせる脚本でスカっと終わりに出来なかった
ものか。じゃなきゃせいぜい両目を潰すくらいで勘弁してやれなかったものか。
髪の毛丸焦げ、とか。


【エンジェル】
「幸福な人々」
ついに登場引っ張りに引っ張ってかき回しにかき回して、ついについに
ついに登場した謎の女。第4シーズンどころかエンジェル全体最大の謎キャラ。
「う、美しい・・・」と膝まづく男衆。って、全然美しくないんですけど。
なんかかなり無理あり。こういう展開を書いた脚本陣が悪いのか普通に
キャスティングをしくじった担当が悪いのかいずれにしても最大級の凡ミス。
posted by サンダーロードスタイル at 00:00| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月10日

1/10

【エンジェル】
「解放」「オルフェウス」「新しい役者」「善と悪」
んーフェイスが登場してから俄然面白くなってきました。ここでバフィの
ファイナルシーズンとクロスオーバー。おお、カッコいいな。こうでなくちゃ。
しかし単発的面白さなので燃える展開ではなし。全身ス−ツの刃人間
スキップとの意外なバトルで使用される鎖はカッチョよろしい。動けないと
思ったら動くし、よくつないでバトルを見せてくれます。燃えました。


【フィッシャーキング】
テリーギリアム
年々見直すたびに評価があがる不思議な映画。ギリアム作品というだけで
なにがなんでも見ることはなくなりましたが、この映画は素晴らしいすね。
役者はそれぞれのベストに近い働き、ギリアム臭さを失わないカメラ。
絵に描いたようなハッピーエンド。まさしくファンタジーであり御伽噺。
バカみたいに何度も見てますがいいなこれ。ジェフブリッジス大好き。
まったく同系列で地味なのに何度も見て見るたびに評価が上がる映画に
ミートジョーブラック。どっちもラストは花火。主題歌がキレイ。クルパー有り。
posted by サンダーロードスタイル at 00:00| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月09日

1/9

【仮面ライダー】
「死の吸血魔 がんばれ!!ライダー少年隊」
なーにががんばれだ。なにがチョキだこのクソガキども。だー、腹立つ!
こんな刈上げ子供軍団なんか皆殺しだっつーの。こういうナメたガキどもに
世の中の恐怖をきっちり教え込むには最適なシラキュラス。おえー気持ち悪。
これが初期怪人みたいに生目が出てればカンペキなのに。しかし実は
少年仮面ライダー隊は今見ると撒き餌ですな。こいつらをバラまいて
寄ってくる大物を釣り上げる。なるほど。だったら許す。子供なんか
食っちゃってください。頼むぞショッカー。しかしこのあたりからガキの頃から
嫌いであんまり記憶にないあたり。完成されて無駄がなくなって出来も
よくなってるけど味がなくなってんなー。でもこうなると人気爆発なんだろな。


【ネゴシエイター】
吹き替え版
エディマーフィーはなんでこんなに作品に恵まれないのか。明らかにこれは
本人の責任ではなく脚本のせい。というかなんでこんな3文犯罪小説みたいな
話を映画化したのかそれが不思議。そういう企画しか回ってこないから
選ばざるを得なかったっつー悪いサイクルなのか。実に可哀想。もったいない。
posted by サンダーロードスタイル at 23:37| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。