2004年12月31日

12/31

【電人ザボーガー】
「急げ大門!ザボーガー基地を救え!」「大爆発!!ザボーガー基地」
「ストロングザボーガー作動停止!」「ストロングザボーガーよいつまでも」
ザボーガーの頭がニョッキリと山から生えているザボーガー基地。合成が大変なので
同じサイズの実寸書割を置くピープロの素晴らしさ。ダイナミック&マーベラス。
しかしそのザボーガー基地もついに爆弾ハットの策略で大爆発!・・・と思ったら
そのミニチュアに火がメラメラと丸焼け。焼き芋状態な最期に涙。続く話でなんと
ザボーガーはガス欠で作動不能。ま、ガソリンじゃなくダイモニウム不足なんすが
あれ?ダイモニウムって消費されるもんだったのか。くそ知らなかった。にしても
大門博士が作ったか発見したからダイモニウム。俺だったらカサニウム。カッコ悪。
そして最後の最後。ザボーガーはバカだから死んだ(至近距離でストロングバズーカの
跳弾を被弾)と思ってたらうまく描けてないだけで完全に自爆だったんすね。男の。
いやーザボーガーやっぱカッコいいぜ。恐竜軍団シリーズはなくてもいいけど、でも最高。
これにてザボーガー完了。よし明日からはスペクトルマンだ。
posted by サンダーロードスタイル at 23:20| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月30日

作業場通信更新

年末に終わるはずのチェックが年明けになったので余裕のある年末年始。
しかもツレアイも2週間実家に戻るので、ウサジも死んでこの10年で初めての
ヒトリボッチング。うおー、家広過ぎ。おかげでもろもろガシガシ進める予定。
しかしさすがに食生活は単調で例の鴨のガラで取ったスープで作ったカレーが
なかなか終わらず食い続けており、もうウンコが完全にカレー。ああ明日もカレー・・・
posted by サンダーロードスタイル at 01:05| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月29日

12/29

【妖闘地帯KIRIKO】
宮坂武志
初期の作品。女座頭市話で別に妖闘みたいな要素はナシ。敵がそれなりにコミック的で
まだまだ相当に辛い展開でも何箇所かオオ?というところあり。特に奥野敦士が両腕から
ウルバリンみたいに爪出して暴れ回り、コンクリを粉砕する鉄球を放り投げる豪腕サブも
あり。しかしどうしてか全然話そのものが面白くならず最後はアハハハ!と高笑いする
ボンデージの女。こういうキャラを素で出せる人はどんな人?近くにいるの?見たこと
あるの?じゃなくてこういうのがカッコいいと思ってんの?だったら映画やめて劇団にでも
入った方がいいと思ったらまた中村雅・・・てんめー・・・


【エンジェル】
「見知らぬ世界」「祝福」「新たな運命」
3rdシーズン最大のテコ入れキャラ登場するもまったくどうにもならず。というわけで
3rdシーズン終了。やれやれ。最初にこのドラマのキャストのインタビューでエンジェル
探偵事務所はLAで教会のような役割をしており、いろんな人が懺悔に来るんだとか
そこで救われるんだとか言っており、2ndの最初の頃はたとえ誰にも感謝されなくとも
世界が少しでも居心地のいい場所に変わるよう戦い続けるみたいな事を言ってましたが
実際には男女7人夏物語で(←古い。うえに見た事なし)とにかく恋愛なんかどうでも
いいんじゃボケー!です。まあティーン向けだからな。しょーねーんだな。イヤなら
見るなっつー話ですが最初はこんなじゃなかったんだもの。
posted by サンダーロードスタイル at 00:00| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月28日

12/28

【電人ザボーガー】
「マシン・バッハを取り返せ!」「ザボーガー基地爆破作戦!」
「毒ガス作戦をふっとばせ!」
和服に着替えてザボーガー基地に潜入した王女メザをさんざかせせら笑った
悪魔ハットはメカアーミースタンパーで顔を完全コピーして潜入すると豪語。
生バカボン・ケンの顔をコピったはいいが潜入一言目で子供に見破られて通報。
しかもブン殴られて30分気絶。コピーの時間は1時間限り。バカハット。超バカ。
続く話はドクロ少佐なる基地爆破のプロ登場。ザボーガー基地は地下から攻め
2時間でこの横穴を完成させる!と豪語。「部下を5人貸してくれ」ってバカドクロ。
続く話は前々回野宿を襲撃された(テントを風で吹き飛ばされた)バカボンケンは
基地に居候することに。しかしあろうことか次の回に通販でベッドを購入。
メザ、悪魔ハットと連続する侵入者問題で最高にピリピリのザボーガー基地に
業者にベッドを届けさせ大門に怒られてたのに、今回は知人が倒れていたので
またしても迷わず基地にご招待。当然ながらその知人は罠で、換気装置を操作。
毒ガスが送りこまれ危うく全滅。バカケン。激バカ。バカしか出てないなザボーガー。


【エンジェル】
「友情」「長い眠り」「追求」「過去の清算」「代償」
壮絶に酷いです。主役がキーキー泣き喚く女同然で、まったくもって理解不能。
それでもバフィも通して200話近く見ているメンバーなんで、まだもしかしたらと
思ってる俺がお人よしなのか。エンジェルそのものの性格は消滅し、読みの浅い
適当な人物配置と安易な危機設定で・・・正直途中で止めたい感じ。最悪です。
いちおう第3シーズンまでは我慢して流しておくか・・・っつーかせっかく録画して
まだ1シーズン少しあるから30時間分の作業BGVと考えると捨てるのもったいないし
でも見てるとイライラするし、でも先にこんなの終了させときたいし・・・うー・・・
これホントにバフィと同じプロデューサーなのかな?なんでここまで違うんだ?
posted by サンダーロードスタイル at 00:00| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月27日

12/27

【男の民俗学(文庫版)】
遠藤ケイ
まったく先日は起き掛けからこれでもかっつーくらいいろいろな事があった1日だったんすが
ひさびさに移動時間が長くもあり、小学館文庫で復刊されたこれを読了。前はA4サイズで
2分冊で出てたんですがビッグコミックの連載も含め、その大きさだと絵の荒さが妙に
気になってたんすが文庫サイズだとほどよく精緻な感じでグー。縮めてOKな事もあるんだな。
どんな本かと抜粋するとあの頃の男たちは眩しいほど自信と誇りを持って生きていた。
価値観が大きく変容して行く中にあって、時代の趨勢に媚びず、堂々と自分の生き様を
披瀝する男たちがいた。過酷な労働に肉体を酷使し、血ヘドを吐き、地べたに這いつくばって
も家族を守ろうとする男たちがいた。
という調子で職人列伝に豊富なイラストが入っております。
道具の視点から的確にポイントを押さえてまとめられた取材ぶりに感心。近頃は取材とは
名ばかりで馬鹿ヅラ下げたボクちゃんが口半開きで出かけてきたとしか思えない記事ばっかで
ヘキエキもんですが、これは大人が大人の視点で取材しまとめた的確な書物でオススメ。
posted by サンダーロードスタイル at 00:00| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

12/26

【エンジェル】
「子守唄」「父」「誕生日」「舞台袖」「疎外感」
誰と誰がくっつくとかくっつかないとかまるでビバリーヒルズ青春白書(←見たことなし)。
結局プロデューサー側はエンジェルを脇に回す決定を下し、内容火達磨打ちきり一直線。


【バイオニックジェミー】
「ジェミー女子プロレス入門」
スパイ衛星のデルタ回路を巡ってジェミーはどういうわけか女子プロに入門。これがね。
可愛いんですわ。バイオニックドロップキックでドアを壊したりするのはともかく、普通に
話も安定してて面白いす。エンジェルよかよっぽど練られてます。


【暗殺者】
吹き替え版
どんな時期に公開されたのか全く覚えなし。役柄的にアントニオバンデラスが上り調子な
時だと思うものの、壮絶なヘタレぶりで画面に視線がきちゃったり(←絶対事故)銃は
ぶるぶる震えてたりとラテンヒョーロクダマ。しかも新玉。見所といえばバナナを食うスタローンと
脇の下にビッチョリと汗をかいたスタローンくらいなもんでラップトップが似合わないのなんの。
内容はまったく盛り上がらないバトル物で金はかかってる臭いすが脚本は練らなかった臭い。
女優にも金をかけなかった臭くヒロインがジュリアンムーア。盛り上がるはずなし。
スタローンはボエボエと何言ってるかわからないオデ系ですがみんな扱いぞんざい過ぎ。
もっといい仕事をあげて欲しいぜ。俺コップランド好きだもんね。
posted by サンダーロードスタイル at 00:00| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月25日

12/25

【鉄と鉛】
きうちかずひろ
オヤジ俳優としてカッコよくなってないと思いましたがよく考えたらまとも見ておらず
見てみることに。渡瀬恒彦主演、サブが成瀬正孝。たまたま受けた依頼をこなした為
組長の一人息子が死に、ショックで嫁が流産。孫は22時間で死亡。孫を抱けない
組長は腹いせに私立探偵恒彦の処刑を宣告。孫と同じ人生22時間分だけ生かして
くれるという中、探偵は最後の依頼をこなしていく・・・という話。そんなにカッコ悪い
話でもないんすが一番キモになる部分が適当すぎて、そうじゃないところに労力を
割きすぎで非常にバランスが悪い毎度の東映Vシネです。漫画家の道楽仕事なのか
かなり適当なので光るところもなく恒彦撃沈。あーあ可哀想に。美味しそうな感じが
してたのにちょっと脚本に手を入れて演出変えて音楽変えたら傑作だったかも。


【エンジェル】
「子供」「胎動」
こっちが3rdシーズンの要。なんですが盛り上がらねーなー。なんでだ?教えて。
たぶん世界の危機はバフィに任せておいてエンジェルはもっと難しい市井の依頼や
社会の影を相手にすればいいと思うんですがなんでいちいち世界の危機なの。
フタ明ければそんなに危機でもないくせに。今回の子供もそういう悪い思わせぶりで
育って凶悪なライバルにでもなれば別ですがどうせ親子の絆とかどうでもいい話に
するんだろうなー。とっとと見終えるに限ります。


【トイストーリー2】
吹き替え版
なるほど今見るといろいろと回避している点が目立って、インクレディブルズでは随分と
進化したんだなあと感心。でもそれ以上に的確な演出に感心。ある意味アリモノで
済ませているのによくやってます。本当によく考え込まれており感心。ただ最後の
NG集。これの時は面白かったっすがインクレディブルズではなくてよかった。
モンスターズインクもなければよかったのに。
posted by サンダーロードスタイル at 00:00| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月24日

12/24

【トラック野郎/男一匹桃次郎】
鈴木則文
ヒロインは夏目雅子。ライバルは若山富三郎の子連れ狼。核燃料を輸送してんのかっつー
真っ黒なトラックで、デコレートしたら電飾は「冥府魔道」。カッコいー。内容は毎度毎度で
とりたててどうというものではなく普通に面白いすがシリーズ前半ほどのパワフルさはなく
折り返し点は5作目だったのかな、と思ったり。それでも十分に面白くギャーギャー騒いで
見られるお祭ムービー。なんつっても若山富三郎を迎えたところで、なんかスタッフが
のってる感じがするんすね。格闘シーンなんか元気有り余って見てて泣けてきます。
いやもううれし泣き。俺、若山富三郎大好き。特に殴られてテーブルの上を前屈ストレッチ
みたいなポーズで真後ろにスーっと滑って壁を突き破り、全身電飾で復活するシーンは
拍手。文太をオーブンに入れて焼き上げてデカいフォークとナイフで食うところも拍手。
くだらねーとはこういう事だ。by重里


【エンジェル】
「ビリー」
3rdシーズンの要かと思われた謎の人物が、実は1話も持たせられないペーペーと
判明する違う意味で泣ける話。クリフハンガー狙ってんのかもしれませんが
ちょっと違うような気が。あとは女殴る話多すぎ。男同士でやるんじゃなかったら
キャシーロングみたいなの連れて来い。カタギに手を出しちゃダメでしょが。
posted by サンダーロードスタイル at 00:00| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いちおう普通に

今年のクリスマスは鴨を1羽食おうという話になり鴨を料理。
七面鳥でも家鴨でも鶏でもなく鴨。なぜかというと食ってみたかったから。
というより本当は撃ってから食ってみたかったんすが、今回は食うだけ我慢。
もともと野趣というか血生臭い味の方が好き。男ならトロよりカツオぜよ勝先生。
なので1羽まるまるお取り寄せ。発見した農場の通販サイトで頼んだんすが、
そこの人は可愛い子鴨を肩に乗せてニッコリと撮った写真なんかを掲載してますが
その鴨はたぶん可愛がられ可愛がられて最後絞められる予定。トートトトト…


ボギッ!


というわけで面白いのでそこに決定したんすが、本当に丸まる送られてきました。
受け取ったらダンボールに冷たい2キロの肉塊。この感触はまさについ先日
送り出した覚えのある嫌ーな感触そっくり。そう、我が家のアイドル


うさじ、お帰んなさい状態。ぎえー。祟り。


は、ともかく水かきからクチバシまでフルコンプ状態。欠品なし。それがカチコチに
凍っており、解凍すると小さいマブタに囲まれたつぶらな黒い瞳がビニールの
中からドンヨリとこちらを見てるじゃないですか。


で・・・で・・・出刃、持ってこーい!


というわけで首チョンパ。・・・はツレアイの仕事。もしギブアップしたら出番と思って
いたんすが問題なく解体。普通に調理。ま、気持ち悪いの怖いの言うようでは
サバイバル出来ません。そんで、出来上がったらカービングこそ家長の出番。
えーと、胸骨から鎖骨に沿って筋肉を剥がし、肩のボールジョイントをまさに
チキンウィングデスロックでコレモンで開いたところに軟骨をナイフでエグリング。
ジョギリショックのプチバンボロ状態。何かこんなもの切り刻むのですら
眠っている蛮性が呼び覚まされる感じです。楽しいな。マジで。

しかし噛んだら固いのなんの。ミディアムレアくらいでも歯応えありすぎ。あと油。
そうだよな。鴨のパストラミなんて2/3が脂ってのもあるしな。もともとこうだったのか。

かくして固いんで途中でシチュー行き決定。意外に身も少なく結局付け合せの
ジャーマンポテトやヨークシャープディングがメイン。というと聞こえがいいすが
卵焼きとジャガイモだけ。最終的にコンビニに出動。まさしく間に合わせの
貧乏クリスマス。おかしいな。どっか狂ったな。
posted by サンダーロードスタイル at 00:00| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月23日

12/23

【AVP】
吹き替え版
吹き替え版やってたのでこりゃ是非、と。かなり豪華な声優陣で磐石の布陣。
トゥポル、シスコ、あとヴィック。いい声ですねヴィック・フォンテーン。大好きでございます。
そんな感激もすぐに冷め、さすがの天才ポールアンダーソン。ぐわー眠い・・・眠すぎる・・・
だがこれは毎度のアンダーソン節。寝たら負けだけど、まあ最後で盛り上がったら音が
大きくなるから起きるだんべ、とウトウトしかけてやっとこクライマックス突入。うおー、馬鹿。
劇場で見ると馬鹿もサイズアップ。穴から逃げ出すところの80年代的演出もしくは贔屓目に
見てもチェーンリアクショニックなイモランナウェイの炸裂にツレアイともども笑い転げる。
歴史に残る名シーンだなここ。爆発をバックにスローで画面に駆けてくる姿だけでも
1800円の価値あり。さらに音楽がマトリックスもどきのプァーン♪プァーン♪と馬鹿に
拍車をかけもう観客の気持ちはヒートアップ。そこでついにアンダーソン爆弾発射。
天才演出開始です。やっとこ脱出してブレイドの母親がプレデターにトローンとした目で
「あんたやるわね、あたい・・・いいわよ」的とフェロモンを出して異種族性交は無理にしても
ここはチューぐらいしとけ!しろ!してくれ!と思ったら、ああプレデターもその気になって
仮面を外す!やった!チューだチュー!と思ったら
「ギシャー!」(←プレデター)
だー!やっぱ話通じねー!ぜってー無理。噛まれる。面白すぎ。というわけで大爆笑の
連続でおなか一杯。って、もうこのラストバトルだけで10回近く見てんですけどね。
でも劇場は違う。今回はつくづくそう思いました。いずれにしてもこれで派手な対決祭り
残すところ「ターミネーターVSロボコップ」のみ。日本もゴジラVSガンダムくらいやれ。
posted by サンダーロードスタイル at 14:21| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月22日

12/22

【沈黙のテロリスト】
吹き替え版
しまった。DENGEKIの方が先なのにこっちを先に見ちゃった。でもこっちは
見た事なかったのでまあいいか。って全然良くありません。セガール物の中で
ワースト1。おっもしろくねー。監督はピュン。色物監督なのにこういう企画モノ
受けちゃダメでしょが。ネメシス5でもやっとけ。つーかあんたネメシス4以降
SF撮ってないでしょ。どうしたんだ。俺はあんたのビデオ何本持ってると
思ってんだ。目を覚ませ。ピュン。で、今回のセガールは普通の爆弾処理屋で
特殊能力は・・・説教?か悟り。相変わらず無敵なんでボキリンコはありますが
その無敵が全米初使用かもしれない驚異の気化爆弾相手にも炸裂。
あっさり分解して停止。いやいやいや。そいじゃ普通の映画だろ。これがもし
ケイシーライバックだったら爆発させて壊滅する1.6キロ四方から走って逃げ
ついでに相手を破滅させてると思うわけです。そうじゃないとダメなわけです。


【サバイビングゲーム】
吹き替え版
沈黙のテロリストの気化爆弾を仕掛けたチームの親分がなんとアイスT。
いわゆる抑えの投手というか敗戦処理みたいな仕事が多い後半投入の男T。
しかしエキストラと同じ扱いで本人の出番そのものが処理されてしまったので
かわいそうだから主役で出てるこれを見ました。ホームレス役。がーん。
しかも拉致されて山奥に連れていかれ、金持ちに鉄砲で追いかけられて・・・
というマンハント物。金持ちはルトガーハウアー、ゲイリービジー、と豪華。
しかしまあグダグダな内容で終了。どうでもいいけどルトガーハウアーは
善人をやらせて貰った事がないのではあるまいか。あ、レディホーク。
posted by サンダーロードスタイル at 00:00| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月21日

12/21

【エンジェル】
「夜を楽しめ!」「フレッドがいない」
順調に面白くなってきてますが、エンジェルが笑って軽薄なキャラに変わってるので相変わらずダメ。
カッコよくねーんだもん。しかしバフィ/エンジェル史上でも最大級のスーツクリーチャーが登場し
大暴れ。ああ、楽しそうだなあ。こういうの作る仕事は最高だよなー、とウットリの一本。


【天使の欲望】
関本郁夫
関本作品ではかなり出来がいいとかなので期待してたんすが、壮絶な寺山ノリというかあがたノリと
いうかとにかく全然スケバンチックでないので全然面白くなかったっす。なーんだ。チェ。


【妖術武芸帖】
「怪異みず地獄」
アジアを放浪し神変抜刀流を身につけた鬼堂誠之介が日本侵略を狙う清のバラモン教徒と戦う
という設定なわけですが、赤影の特撮力を地味に使っているだけあってけっこう圧巻。俺感動。
いやマジメな話かなりカッチョいいです。ライダーと同時に、石川賢の柳生十兵衛みたいに
剣一本で立ち向かう様は続々きます。佐々木功カッチョいい。すっげー面白いす。なんでかな。


【熱中時代】
「熱中先生と恋の破れガサ」
微妙に切なく可愛い頃の吹雪ジュンはともかく、誰が風邪を引いただの引かないので1時間。平和。


【ドロップゾーン】
吹き替え版
ウェズリースナイプスというとこういうイモアクションで鳴らすわかってない男の代名詞だったわけで
ブライアンボズワースと何が違うんだっつー感じでしたが何でブレイクしたのか。ブレイド?
いや、やっぱしジョンスパルタンと戦ったサイモンフェニックス役に違いない。けどまさしくあれも
イモSFアクション。で、この映画はイモ落下ムービー。落下ジャンルがあるかどうかわかりませんが
ハートブルーとかナスターシャキンスキの出てるヤツとか意外に皆さん落下するのを見るのが
好きみたいですね。俺はぜんぜん面白くありません。
posted by サンダーロードスタイル at 15:12| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月20日

12/20

【ブルセラショップオブホラーズ】
宮坂武志
どういうターゲット相手なのか、タイトル通り中途半端にエロビデオな内容でだったらエロビデオに
すればいいのに妙な芝居部分が長く、電波子18号という子が主演なのでタイアップ企画なのかも
しれんすがチンコ握れるわけでもなくじゃあ見てて楽しいかというとそうでもなくやっぱしどんな
人がターゲットなのか不思議なハンパモノ。時間もハンパで67分。でもこれも初期宮坂モノなので
と思ってたら、なんと最終的に「鉄 平成侠客伝」「人斬り銀次」の原型となるモンじゃないすか。
ビックリ。あとは極道プロレスでも出てた松山鷹志。クウガで美味しい刑事の役をやってたあの人が
フランクンフルター並のカマボンテージで熱演。チンコぶつけて悶絶してます。おお役者魂!


【JAG】
「名誉の死」
歴戦の勇士シールズの隊員が任務中の仲間の誤射で死亡。それを過失とするか事故とするかで
法廷の予備審問で争うハーモンとサラ。しかし真実はハーモンに不利な内容でありハーモンは
訴訟を取り下げ敗北するも、その真実の陰には・・・という話。そのまま死ねば任務中の事故で
勲章がもらえるのに秘密を明かせば死者の名誉を汚す事になってしまうと考えたハーモンが
訴訟を引っ込めて敗北を選んだわけですが、んー、切ない。やっぱ出来がいいですJAG。


【沈黙の断崖】
吹き替え版
環境汚染の秘密を暴くため排他的な村を訪れたセガールが角材で村人をメッタ打ち。でもその角材は
家の修理に使う材料なのでヒビが入ったら困るから「素手で相手してやろう」などと不要な優しさで
またもメッタ打ち。どっちにしてもメッタ打ち。でもまあ普通に面白い感じ。派手ではないですが。
posted by サンダーロードスタイル at 00:00| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月19日

墓磨き

先日は兄貴の命日なので久々に実家へ。もう6年。はえーなー。
実家は母親一人なので男手の必要な技術&力技のたまった仕事を片付けさせられる。
包丁の柄を直したり、コタツの木枠を直したり、水道管の断熱パイプを巻いたり。
そのメインイベントが2階の屋根に登って樋を直す、ってのがあったんすが
昔はヒョイヒョイ登れた屋根が・・・の、のぼれねー・・・でも登った、うお怖ェー!
立てない、手が離せない、向きを変えられない、で、よく電信柱に登って身動き取れない
バカ猫いますがまさにあんな感じ。このデブったマイボディがまったくアテにならない。
運動能力の低下と落下による衝撃が目に浮かぶ浮かぶ。おかげで全てがヘッピリ。
完全に腰抜け状態で屋根にへばりついてるのがやっとの始末。樋を直すには
当然両手を離さなきゃいけないんすが、片手だけは離してなるものかと屋根を掴んで
奮闘する自分の頭の上からクソババーが「手を離せ!その手を離せ!みっともない!」と
まさしくバックシートドライビング。うるっせー!あっち行け!気が散る!と怒鳴っていると
近所の人が現れ、あらー久しぶりと見上げて声をかけてくるけど見下ろせば恐怖全開。
だー、話かけんな!あんた誰?つーかそっち見られないんですけど、話し掛けたら殺す!
と、近所巻き込んで大騒ぎ。ショーちゃん帰ってくると賑やかだねえ、だそうで。
かくして外野を相手にせずどうにか樋を直したものの最後のお仕事は墓の掃除。なんと
墓石を磨くと仰るわけです。はぁ?墓なんか野ざらしがいいんじゃないの?普通風化が
基本でしょ?磨くの?なんで?どうしても?絶対?とあらゆる抗議をするがどうしても
墓をピカピカに磨いて欲しいらしい。のでしょうがねー、磨き始めるとまたしてもうるさい。
そこを、あそこを、むこうも、と、だー!うるっせー!あっち行け!ここは俺が一人で
やってるからちょっとどっか行って来い、と言ったらこれ幸いと母親は車でゴーン。
その後1時間お墓に一人ぼっち。カラスがカーカー鳴いて西陽が射す広いお墓で
腕まくりでゴシゴシと1時間。手から登る湯気が夕日にきらめいてああ美しい、俺。
始めたら始めたでやっぱそれなりに熱中するわけで、いろいろ発見もあったりして面白い
・・・って1時間は長い!鼻歌も尽きる。仕方ないので終わってから墓の中でしゃがみ込んで
ジーっとしてたら、トボトボと花を供えに来たおばあちゃんに見つかり死ぬほどビックリされる。
植え込みかなんかだと思った塊が急にアタマを上げて自分の方見たらそりゃビビるわな。
場所が場所だし。そうこうして人生(たぶん)最初で最後の墓磨き終了。実にくだらんかった。
posted by サンダーロードスタイル at 01:06| 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/19

【極道プロレス】
宮坂武志
初の監督作品と思いますが、面白そうになる話をウンコ以下にしている戦犯はまたしても
中村雅。たぶん大怪獣の脚本の人と同じ。内容的にも非常に似ており、思いつきのアイデアを
面白く出来るのに面白くする気がないのか面白いという事に対するデータ不足なのか
極道を標榜しつつ任侠映画がなんたるかわかっておらず、出てくるキャラはただのチンピラ以下。
じゃあプロレスは?っつーとこれまた何もわかっておらず橋本が出てくるのは面白そうに
思えるもののだったら長州出した方が映画的にいい。何言ってるかわからなそうすが。
ただそれでも、?と思う少しきらめくシーンはあり。まあ100%見なくてもいい映画だと思いますが
それにしても白竜は壮絶な大根で味わいゼロ。顔は面白いのにもったいない。


【エンジェル】
「幻覚」「旧き仲間たち」
ハード話2連発。おそらく3rdシーズン最大の敵になるであろう謎の人物登場。まだ完全に謎。
続く話はもうなんというか、なんとも言えない話。ストリートギャングみたいな若者達が快楽の為に
悪魔を殺しまくる。彼らの主張は人間じゃないから殺して当然。でも無害な悪魔ばかり殺す。
で説得が通じるかというと通じない。笑いながら殺す。脚本陣もこのアメリカが抱える問題に対し
まったくなす術のない脚本でしか応じられず、傷というか業の深さをいつまでも味わわされます。
もちろんそれが狙いなんでしょうけどやりきれない感じ。久々に手が止まる話。


【999】
「大四畳半惑星の幻想 前後編(貧)」
またしても地球によく似た星に、という事で辿り着いた星は40年代の杉並区みたいな星。
でそこにいる若者達は「ミニコミ誌を作ろう!」という連中ですが、レージのおミソの中では
それが普通な人種なんでしょうがそんなヤツあった事も見た事もねーんですけど。加えて
破綻したストーリーはともかく、鉄郎達が止まる下宿にはマンガ家の卵の貧乏青年が。
頼む、勘弁してくれと思うくらいレージの思い出攻撃。あんた楽しい青春はなかったのか。
なかったのはいいにしてもちょっと告白の頻度高過ぎ。ちゃんと変な星出してください。お願い。
posted by サンダーロードスタイル at 00:00| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月18日

12/18

【グリマーマン】
吹き替え版
今回のセガールスーパー設定はプロファイリング&人間犯罪データベース。仏教徒らしく
生意気な黒人には鹿のペニスの粉末を飲ませ、ロシアンマフィアにはクレジットカードの
仕込みナイフで容赦なくノドを切り裂いて腕をヘシ折る強さもいつも通り。今回の敵は
なんとチェグウィデン准将。インテリハゲチャビンと思ってたらちゃんとアクションもやって
ますが、相手が相手なのでどんなに努力しようとも過剰になぶり殺しされる運命なわけで
「それが最高のパンチか。その程度のパンチなら死ぬしかない」ボキ!グギ!と
散々な目に合わされた挙句串刺しにされて絶命。しかしセガールの鼻の穴から2筋の
鼻血を出させた功績はアクション史に残る快挙というか努力と評価したいです、合掌。


【バイオニックジェミー】
「ジェミー!地球壊滅を救えPart2」
自動的に発動するようプログラムされていた最終兵器を擁する基地のコンピューター対
ジェミーの一騎打ち。基地の地下8階に位置するメインコンピューターを停止させるべく
バイオニック能力で相手の計算を上回り、ギリギリ停止に追い込むものの予想もしない
事態が発生、地球壊滅のカウントダウンは依然進行中…という話。なかなか盛り上がり
70年代とは言え適度に論理的、適度に破綻しているという娯楽に徹した内容でグー。
しかも予想を上回る身体能力に驚くコンピューターアレックスがジェミーに正体を尋ねると
「砂糖と小麦粉で出来てるのよ」とこの期に及んで可愛いジェミー。ああーんジェミー。
おかげでこちらの男魂炸裂の論理回路にも影響アリ。ああーん令子。


【柴犬】
森田まさのり
最近書庫整理も大詰めで古い本がどんどん出てくるわけですが、そんな中で
読み直してつくづく感心したのがルーキーズ。よくぞ完結させた森田まさのり。
と思ってたところにこの短編集の発売。幸いなことに全て未読。打率8割。お見事。
間違いなく実力と誠意のある作家で、新作が楽しみです。
posted by サンダーロードスタイル at 00:00| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月17日

12/17

【エンジェル】
「鼓動」
3rdシーズン突入。一応新キャラ、新設定などいろいろと手が加わってますが、んー。
いまいち乗り切れず。余計な事をやりすぎなような気が。でも前シーズンファイナル周辺の
ノリよりは幾分マシ。期待せずとっとと見終えてしまいましょう。


【999】
「足音村の足音(貧)」「なまけものの鏡」
幽霊が徘徊する宿場町というかいちおう惑星に行って幽霊と友達になる鉄郎。
その幽霊は貧乏村出身で、かつて漫画家を目指して勇んで出版社に持ち込んだものの、
一度ボツった程度で沼に身を投げた軟弱娘ヤヨイさんの霊。鉄郎いわく死んだら漫画
描けないだろ、とカンカン。その通りですがまたレイジの脳内旅行か・・・他の職業勉強しろレイジ。
続く星は頑張って働かないとデブって家を破壊するほどになるからちゃんとしろ、という話。
外見のフォルムはデブなのに顔の真ん中のパーツはメーテルっつー恐ろしい記号論キャラの
デブ子ちゃんが出てきますが、レイジの判断では金銭的もしくは物質的に満ち足りてる人は
人殺しになって生皮を剥いで居間に飾るか、思考能力のないブタに成り下がるかという
2種類しか道が用意されてません。またも人間学習出来なかったレイジの脳内旅行。
部屋にこもって漫画ばっか描いてるからだ。このサルマタケ。


【バイオニックジェミー】
「ジェミー!地球壊滅を救えPart1」
核爆発を探知し発動する最終兵器を開発したクーパー博士。世界に核兵器使用の停止を要求するが
信じない第3勢力の核実験により最終兵器は起動。自動制御のまま世界はあと5時間で壊滅という
最大の危機を迎える。そこにソ連の科学者とジェミーが最終兵器の制御コンピューターアレックス7000を
停止させるべく基地に潜入するが・・・という話。普通に面白いです。毎度弱気になる男をジェミーが
能天気に叱咤する様が何か琴線に触れますな。最終兵器はB級アクション映画とかのタイトルだと
ファイナルウェポンとでも言いそうですがドゥームズデイデバイスです。
posted by サンダーロードスタイル at 20:20| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月16日

12/16

【実録柳川組3 完結】
宮坂武志
おおー、こう来たか完結編。本気で見直しました小沢和義。もうナンタラじゃないですぜ。
最後完全に主役リキを食う見事な演技。あんた役者だぜ。俺は胸を打たれたぜ。
京阪神殺しの軍団ではタツオ梅宮がパツンパツンで演じ「雨がーショポショポ降るー晩にー」と
温泉で唄ってうるさい!と怒られた幼稚園キャラをよくぞここまで演じきりました。感動した。
前作のバトル全開に続くゆっくりとした着地も、同じ3部作の指輪物語の倍はよく出来てると。
いや、それは言い過ぎか。でも負けてねー。もちろん話がブツ切れしたりテンション下がったり
ダメな場所も多いんすが、それを超えてはるかにキラめくシーンの多さ。あんまし最近の
日本の監督は知らないですが職人の技術とセンスを兼ね備えた素晴らしい監督ですね。
しかもぐいぐいと上り調子で上達しており、これで周囲がもっと贅沢になったら本当の意味で
世界に出して胸を張れる監督だと思います。今でも十分スゲーと思いますが。3作まとめて
ですが「ミラーズクロッシング」と十分タメ張れます。荒削りでも。見終えて速攻で3作ビデオ購入。
外伝も一応見てみっか。奥野敦士の音楽もえらく上達しており、これまたショボいところも
あるんすがハンスジマーのパクり音楽トゥルーロマンスと十分タメ張れてます。いやー誇らしい。
posted by サンダーロードスタイル at 00:00| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月15日

12/15

【Mrインクレディブル】
ブラッドバード
劇場でちゃんと見てきました。なんつーか映画の内容とは関係ないところで感無量。
フランクとオーリーのセリフ、最後のクレジット。バトンを渡す儀式を目撃した感じ。男泣き。
ジャングルを駆け抜けてアゴを上げてる時の顔なんか、黄金期ディズニーの表情付けと
同じレベル。これをちゃんと継承したバードとおそらく2人のラストクレジットに
泣くなっつー方が無理。いやもうマジで。
改めて見るとやはりセリフの細やかなところは発見の連続でやっぱしよく出来てるなあと。
こんだけアリモノを詰め込んでこんだけ一本筋を通すってのは凄い事で、ヘタすれば
ふざけんな、となるところがことごとく、ああそう!となる膝ピチャムービー。パクリの定義は
した人の罪の意識の有無と言いますが、確かにこれはオマージュであり胸ときめかせた
過去の経験から生み出された前進であってパクリじゃない・・・と言いたいとこですが
あまりにあまりなんでそうとも言い切れず、でもじゃあなんの話かっつーとその借り物
部分はまさしく枝葉末節でしかなく、見事に家族の物語なわけで結局なにが言いたい
かっつーとそれはフランクとオーリーの言葉通り、オールドスクール=保守的、
旧態然としてるところが、いいね、やっぱしいいねえ、なわけです。


【アートオブMrインクレディブル】
3800円
ゴッドアームの最終巻と買い残してたライダーマガジン2冊と一緒に買ったら7000円。
レジで言われて小便ジョーーー。(←値段見て選べ)リボでお願いします。
この映画はキャラクターアニメーションも凄いですが美術関係も凄い。のでどんなだ、と
キヨミズジャンプで購入っすよ(気づいたら既に落っことされてたような気もしますが)。
で見ると美術部門が非常によくやってるけど突出してるわけでもねーんだなと再び感心。
映像にする段階、CGに起こす段階でさらなる再構築をとことんやってるわけですね。
個人的には回転刃円盤とか移動用モノポッドとかエイ型全翼機とかを見たかったんすが
そのへん期待してはダメです。服やアート臭いもっと原始的な段階でのデザイン画集。
メカはエッセンシャルガイドに期待するか。オムニドロイド全10Verとか載ってるに違いない。
posted by サンダーロードスタイル at 20:51| 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作業場通信更新

WFガイドブック用広告原稿が完成しましたもんで。

全然関係ないすが、自分、枕嫌いでして自分の腕を枕にして寝るのが
多いんですがあんましヨダレをダラダラ垂らして袖口を汚すので
バッファローマンみたいに腕にすっぽりハメるタオル袖を開発することに。当然両腕。
もし火事になって慌てて外に飛び出したら、たぶん髪の毛チリチリパーマで
リアルバッファローマン間違いなし。
posted by サンダーロードスタイル at 00:18| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。